理想の就活/転職のための
自己分析サイト

画家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今画家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい画家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの画家適性診断結果

あなたの適性度は41%で、画家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。画家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

画家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ひとりでの作業が好き
2.独創性がある
3.感受性が強くセンシティブ
4.ひらめき力を持っている
5.探求心がある
6.不屈の精神を備えている
7.細かい作業が得意
8.行動力がある
9.知的好奇心が旺盛
10.スケジュール管理が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ひとりでの作業が好き 』

そこそこ兼ね備えている

絵を完成させるには、筆で描くにしても、パソコンを使うにしても、ひとりで集中して作業をする必要があります。ひとりで黙々と作業をこなせる人は、画家としての適性を持っている人です。画家は、誰とも喋ることなく、アトリエで一日中絵を描き続けることも多々あります。納期に間に合わせるために、長時間に渡る作業が求められる場合であっても、それを苦痛に感じることなく、むしろ楽しめる人であれば、画家の仕事を長く続けやすいでしょう。

『 独創性がある 』

そこそこ兼ね備えている

同じ題材を描く場合でも、他の人とは異なる印象の作品に仕上げられると、画家として注目されやすくなるものです。どんな題材に対しても独創性を持って描こうとする絵心がある人は、画家に向いています。持って生まれた才能だけに頼ることなく、色んな経験や知識を通して、独創性を育んでいければ、画家としてのさらなる成長が可能です。

『 感受性が強くセンシティブ 』

そこそこ兼ね備えている

普通の人であれば特に気にしないようなことに対しても、何かを感じることができる感受性の強いタイプの人は、画家としての素質があると言えます。豊かな感情を巧みにアウトプットして描いた絵は、見る人の心にも強く訴えかける力を持つものです。自分の心の動きに敏感であり、それを作品づくりの源にできるようになれば、幅広い活躍ができることでしょう。

『 ひらめき力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

画家には、ひらめき力も求められます。日常のちょっとした出来事にも刺激を受けやすく、ひらめきを感じられるタイプの人は、面白いアイディアが思い浮かびやすく、そのアイディアを絵に生かすことが可能です。「こうしてみたらいいかも」と自分の頭に浮かんだアイディアを逃さず、作品にうまく反映する力をつけると、多様な魅力を持つ絵が描けるようになります。

『 探求心がある 』

そこそこ兼ね備えている

画家は、たゆまぬ探究心が必要な職業でもあります。たとえ画家としてある程度の評価を得られたとしても、自分の現状に満足することなく、探究心を持って画業に取り組む姿勢を忘れないことが大切です。多様なアプローチを繰り返し、新しい手法にも果敢に挑戦して、自分の道を切り拓いてゆける逞しさがあれば、画家としての魅力を発信し続けられるでしょう。

スポンサーリンク

『 不屈の精神を備えている 』

あまり兼ね備えていない

画家の仕事に他者からの評価はつきものです。評価を客観的に受け止めることは大事ですが、周りの意見に左右され過ぎることなく、自分のこだわりを貫けるのが好ましいでしょう。画家という職業自体に対して、批判的な人がいることも事実です。多少のことではへこたれない不屈の精神を備えていることが求められます。自分自身のポリシーを守り、これが自分のあるべき道だと信じて画業にまい進できるようにして下さい。

『 細かい作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

画家の仕事は、感性やセンスが大事な仕事であると同時に、技術力が不可欠な職人芸でもあります。基礎的なデッサン力や、絵や色彩に関する知識を身につけておき、それを作品に応用できるだけの経験を積んでおきましょう。専門技術を習得するために、必ずしも学校に通わなければならないわけではありませんが、適切なアドバイスを受けることは画家としての成長につながります。

『 行動力がある 』

あまり兼ね備えていない

画家として成功するには、自分を上手にアピールする場を見つけることも大切です。絵画展に出品してみよう、ギャラリーに自分の作品を持ち込んでみよう、といった行動力を発揮できると、自分の才能を評価してくれる人に巡り合いやすくなります。ずっと同じルーティーンを繰り返す日常を送るのではなく、時にはちょっとした冒険心を持って行動することが不可欠です。自分をアピールするための社交性も求められます。

『 知的好奇心が旺盛 』

十分に兼ね備えている

画家は、ただひたすら自分を絵を描いていればいいわけではありません。知的好奇心が旺盛で、多様なアートに関心を持っている人は、画家に向いています。美術館やギャラリーに出掛けて絵画に触れることはもちろん、音楽鑑賞や観劇などを通して、色んな物を吸収できるようにして下さい。日頃からアンテナを張り、気になるアートイベントをチェックしておく習慣があれば、画家としてプラスになる出会いにも恵まれるはずです。

『 スケジュール管理が得意 』

あまり兼ね備えていない

与えられた仕事をこなせばよいというタイプの仕事ではなく、スケジュール管理能力が不可欠な職業でもあります。展示会の日程を調整し、それまでに出品する作品を揃えるには、自分がどれぐらいのスピードで作品を完成できるかを把握しておく必要があります。定められた締め切りを意識しながらも、自分のこだわりを守り、妥協せずに高いレベルの作品を生み出すことは、画家の活動を続ける上で大切なポイントです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの画家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る