理想の就活/転職のための
自己分析サイト

塗装工に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今塗装工の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい塗装工に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの塗装工適性診断結果

あなたの適性度は43%で、塗装工の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。塗装工を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

塗装工に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.細かい作業を丁寧に続けられる
2.体力に自信がある
3.精神力が強い
4.集中力がある
5.手先が器用
6.美術や芸術が好き
7.塗装の臭いが気にならない
8.遠出するのが苦でない
9.注意力がある
10.クリエイティブ志向がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 細かい作業を丁寧に続けられる 』

兼ね備えていない

塗装工は職人肌を持っている人に向いています。塗装工は住宅やビルなどの外壁や屋根などを塗装するのが仕事です。建物の美しさは塗装の仕上がりによって大きく左右されます。美しく仕上げる職人芸のスキルを持っていたり、完成度の高い仕上がりにしたいという強い意志を持っていたりする人は顧客から喜ばれます。仕上がりを大切にしてこだわる力がある職人肌の人は塗装工として活躍できるでしょう。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

塗装工は体力に自信があることが重要です。塗装工は朝から晩まで塗装をするのが仕事です。例えば、屋根塗装をするときには朝からずっと屋根の上で塗装作業をする必要があります。夏場には暑い日差しの中で塗装をしなければなりません。冬には寒さに堪えながら作業を進める必要があります。工期が定められているため、作業のスピードも重視することが求められます。厳しい環境で必死に作業を進めていく体力は塗装工にとって欠かせません。

『 精神力が強い 』

兼ね備えていない

精神力が強い人は塗装工として重宝されます。こだわりを持って塗装をしたとしても顧客から喜んでもらえない場合もあるからです。厳しい環境下で作業を終えた挙句、不満を告げられてやり直しをしなければならない場合もあります。それでもめげずに顧客が満足することを大切にして作業をやり直す前向きな気持ちを持つことが必要になります。精神力があって何があっても動じないことが塗装工にとって大切です。

『 集中力がある 』

だいぶ兼ね備えている

高い集中力がある人は塗装工として活躍できるでしょう。塗装工は完成度を重視して作業を進めなければなりません。集中して作業を進めないとムラができてしまうこともあります。ムラがあると見栄えが悪くなるだけでなく、塗装の寿命も短くなってしまいます。顧客の満足度に大きな影響があるので、均一に塗装することは欠かせません。集中して完成度の高い仕上がりにすることにこだわりを持てる人は塗装工に適しています。

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

手先が器用な人は塗装工に向いています。塗装をする場所は入り組んでいることもよくあります。完全な平面ならローラーで塗装をするのは比較的簡単で、DIYでもできる場合がほとんどです。しかし、段差がある屋根や凸凹の多い壁面の塗装をするには技術が求められます。手先が器用でいろいろな種類のローラーや刷毛を使いこなせる人は多様な現場に対応できるので重宝されています。

スポンサーリンク

『 美術や芸術が好き 』

兼ね備えていない

美術や芸術が好きな人は塗装工になるのにうってつけです。塗装工の仕事は平たく言えば芸術です。顧客が満足する形で美しく塗装を仕上げるのが塗装工の役割なので、美術や芸術が好きな人に適しています。美術館に行くのが好きな人や、芸術品のコレクションの趣味がある人は塗装工としてのセンスがあります。好きこそものの上手なれとも言うように、美術や芸術が好きなら塗装工として高度な技術を身に付けて活躍できるでしょう。

『 塗装の臭いが気にならない 』

十分に兼ね備えている

塗装工は臭いが気にならない人が多いのが特徴です。塗装に使用する塗料には有機溶剤が使用されていて、きつい臭いがするものもあります。有機溶剤を使用していない塗料もたくさん開発されていますが、塗装工が塗料を選べるわけではありません。臭いが気にならない人はどのような塗料を使って作業するときにも大きなストレスにならないので、塗装工として働きやすいでしょう。

『 遠出するのが苦でない 』

兼ね備えていない

色々なところに行って仕事をしたい人は塗装工に向いています。塗装工は依頼に応じて各地に駆け巡って作業をします。近隣の住宅の塗装をすることもありますが、周辺の都道府県にまで足を運ぶことも稀ではありません。あちこちに行って観光を楽しみながら仕事できるのは塗装工の醍醐味です。数日にわたって仕事をすることも多いので、いろいろな地域で文化を楽しめるのが塗装工の魅力です。

『 注意力がある 』

あまり兼ね備えていない

注意力があって神経質な人は塗装工に適性があります。塗装にわずかなミスがあっただけで指摘を受けてしまい、塗装をやり直すことになる場合があるからです。神経質なくらいに注意深く作業を進められることが大切です。完成度へのこだわりを持つことも重要ですが、ミスに気付く力がなければ完成度は高まりません。注意力があるのは塗装工にとって欠かせないポイントです。

『 クリエイティブ志向がある 』

十分に兼ね備えている

クリエイティブ志向が強い人は塗装工として活躍できます。塗装を美しく仕上げれば顧客はきっと満足します。基本的にはオーダー通りに仕上げるのが塗装工の役割です。しかし、期待にプラスアルファの要素を加えられるとさらに喜ばれます。クリエイティブ志向があって、顧客を理解できる力があると塗装工として活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの塗装工適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る