理想の就活/転職のための
自己分析サイト

パッケージデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今パッケージデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいパッケージデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのパッケージデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、パッケージデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。パッケージデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

パッケージデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインソフトのスキルがある
2.地道な作業を丁寧に取り組める
3.一般消費者の目線で考えられる
4.独学が苦ではない
5.SNSの活用が得意
6.コミュニケーション能力がある
7.やり直しが多くても落ち込まない
8.スケッチやレイアウトが描ける
9.海外の情報収集が苦でない
10.世間のトレンドに敏感
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 デザインソフトのスキルがある 』

あまり兼ね備えていない

近頃のパッケージデザインの仕事は、主にパソコンで行います。パッケージデザイナーになるためには基礎的なパソコンスキルとコンピュータリテラシーの両方が求められます。デザイン業界で標準仕様として使われているソフトウェアの知識と技術も要求されます。複数の業務ソフトウェアを同時並行で扱うスキルも必要です。印刷に適したカラーでデータ制作を行ったり、クライアントのリクエストに合わせて適切なデータへ変換したりと、幅広いデザインソフトの知識と応用力が要ります。

『 地道な作業を丁寧に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

パソコン作業がパッケージデザイナーのルーチンワークです。場合によっては仕事中はほとんどマウスとキーボート、そしてペンタブレットを触る事になります。長時間にわたりデリケートなデスクワークを続けなければいけません。地道な作業をコツコツと続けられる事が、パッケージデザイナーの適正となります。パッケージデザインの仕事はすぐに成果が出るものではなく、じっくりと時間と手間をかけて丁寧に積み上げていく作業となります。

『 一般消費者の目線で考えられる 』

十分に兼ね備えている

パッケージデザインの仕事において、ユーザーの気持ちを感じ取れる事はとても大切です。いわゆる芸術作品とは異なり商品パッケージのデザインは、分かりやすさが最重要課題となります。実際に店頭で箱や袋を手に取る一般消費者へ、いかにシンプルに直感的に製品の特徴や存在感を伝えられるか、この視点がパッケージデザイナーには求められます。デザイナーとしての個性を大切にしながらも、一般消費者の気持ちを汲み取り、限られたスペースでいかに無駄なく情報を伝えられるか、このスキルが必要です。

『 独学が苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

パッケージデザインの世界には、いわゆる専門家向けの教科書があります。基本的なノウハウは教科書を読む事で学べますが、ワンランク上のプロフェッショナルを目指すなら、独学が必要です。自主的に新しいデザインの知識や技術を学ぶ必要があり、休日は図書館に出かけたり、インターネット検索で情報収集に努める等、クリエーターとしての貪欲な姿勢が大事です。

『 SNSの活用が得意 』

だいぶ兼ね備えている

SNSを活用する事で、幅広い分野のクリエーターと交流が出来ます。リアルではなかなか話す機会が得られない他分野のクリエーターともSNSなら、気軽に情報交換が出来ます。先輩クリエーターとの雑談から思わぬアイデアが得られたり、客観的な視点からアドバイスが貰えたりと悩み事を相談する相手が出来る等、若手デザイナーにとってSNS活用はメリットが大きいです。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

パッケージデザイナーには、クライアントの意図を汲み取るコミュニケーションスキルが必要です。基本的にクライアントはデザインのプロではありません。パッケージデザイナー側が主体的に相談に応じて、どういったコンセプトでデザイン制作を行えば良いのか、どのようなポイントを優先すべきか等、アクティブにコミュニケーションを交わさなければいけません。それでいて相手の気持ちを丁寧に聞き取り、曖昧な言葉からクライアントの本当の依頼内容を導き出すロジカルさ、会話術も求められます。

『 やり直しが多くても落ち込まない 』

兼ね備えていない

パッケージデザインの評価は、基本的にクライアント側が行います。クライアントの意図した通りの完成図になっていないと、いわゆるリテイクとなります。場合によっては何度も何度もパッケージデザインやり直しをしなければなりません。細かな修正や調整は日常茶飯事であり、頻繁なリテイクの依頼に落ち込まず、淡々と対応できる姿勢が求められます。

『 スケッチやレイアウトが描ける 』

そこそこ兼ね備えている

パッケージデザイナーに精巧なデッサン力は求められませんが、簡単なレイアウトやスケッチを描くスキルは必要です。クライアントからヒアリングした内容を、その場でアウトプットする事が出来れば、コミュニケーションが円滑に進むためです。クライアントへ誤解なく完成図のイメージを伝えるため、プレゼンをスムーズに進めるために幾つかのアイデアを即興で書き出す等、そういった技術がパッケージデザイナーには求められます。

『 海外の情報収集が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

パッケージデザイナーには、常に斬新なアイデアが求められます。クリエーターとして情報収集は常日頃から行わなければいけません。国内で市販されている製品は勿論、欧米諸国の製品にも関心を向ける必要があります。オリジナリティを追求するためには他者に学ぶ姿勢が大事であり、自己研鑽のために見聞をグローバルな視点で広げる努力が必要です。

『 世間のトレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

世間のトレンドに敏感である事が、パッケージデザイナーにとって大切です。今、世の中ではどんなテイストのイラストが流行っているか、今年のトレンドカラーは何色か、子供たちの間ではどういったキャラクターやサブカルチャーが人気なのか等、ジャンルにかかわらず巷の動向にアンテナを張り続けなればいけません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのパッケージデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る