理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アウトドアインストラクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アウトドアインストラクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアウトドアインストラクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアウトドアインストラクター適性診断結果

あなたの適性度は47%で、アウトドアインストラクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アウトドアインストラクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アウトドアインストラクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自然を愛する気持ちが強い
2.面倒見が良い
3.体力がある
4.コミュニケーション能力が高い
5.手先が器用
6.真面目過ぎず遊び心を忘れない
7.草木に詳しい
8.危険を敏感に察知できる
9.時間の管理が上手い
10.虫が嫌でない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 自然を愛する気持ちが強い 』

兼ね備えていない

アウトドアインストラクターは、自然を愛する心が強くないと務まりません。自然での過ごし方や遊び方を伝えていく仕事なので、まずは自然環境を守って、次の世代につないでいく意識が重要です。外で遊ぶ時は、「来たときよりも美しく」の精神でゴミを拾ったり、草木を傷めない工夫をして自然を守ることを意識します。さらに、豊かな自然環境を育んでいく気持ちを持っている人がこの仕事に向いています。

『 面倒見が良い 』

兼ね備えていない

あまりアウトドアに詳しくない人に遊び方を教えるのが、アウトドアインストラクターです。特に初心者と向き合う時には丁寧に教えてあげる優しさや、面倒見の良さが求められます。困っている人を助けたいといった気持ちや、できない人をできるように導いてあげたいという考えを持った人は、アウトドアインストラクターに向いていると言えます。初心者の生徒が、少しずつ上達していく過程を楽しめる精神が大切です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アウトドアインストラクターには、体力も求められます。1日中外で遊ぶとかなりのエネルギーを使います。人に教えながらとなるとなおさらです。体力的にも精神的にも、タフでないと務まりません。実際にアウトドアインストラクターをしている人は、心身ともに健康なタイプが多いです。山に登ったり、自転車をこいだり、自然と戯れるには体力が必要です。教える人が途中で疲れているようでは、教わるほうも不安になってしまいます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

アウトドアを楽しむために、いろいろなことを教えるアウトドアインストラクターは、コミュニケーション能力が高い方が良いです。インストラクターからの一方通行の話だけではなく、教わる側がどんなことを考えているのか、何に悩んでいるのかも察してあげなければいけません。コミュニケーション能力が低いと、相手の気持ちを汲み取ることができません。意思の疎通がないと、参加者の中にアウトドアを楽しめない人が出てくる可能性があります。

『 手先が器用 』

十分に兼ね備えている

アウトドアでは、様々なグッズ・アイテムを活用する場面が多いです。例えば、キャンプをするときには火をおこさなければいけませんし、テントを張るにも技術が要ります。アウトドアインストラクターは、手先が器用に越したことはありません。参加者にてきぱきと動く姿を見せることで、イベントをスムーズに進めることができます。信頼関係も構築されやすいので、手先は器用な方が良いです。

スポンサーリンク

『 真面目過ぎず遊び心を忘れない 』

そこそこ兼ね備えている

遊び心を忘れない人は、アウトドアインストラクターに向いています。アウトドアではルールを守って遊ぶことが大切ですが、自分で創意工夫をして、さらに楽しいレジャーを見つけることも重要です。遊び心を忘れていない人は、アウトドアをどんどん楽しい方向に進めます。インストラクターが楽しんでいる姿を参加者に見せれば、さらにその場は盛り上がります。

『 草木に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

例えば、山の中に入って自然を楽しむ時、足元に生えている草木に詳しいと色々なことに役立ちます。採取して食べられる植物も多いですし、意外な利用方法がある草木もたくさんあります。それらを多く知っていれば、知識として参加者に披露することが可能です。触るとかぶれてしまったり、危険な植物だってあります。それらをあらかじめ知っていれば、参加者をリスクから遠ざけることができます。アウトドアインストラクターにとって、参加者の安全を担保することは何より重要です。

『 危険を敏感に察知できる 』

兼ね備えていない

アウトドアインストラクターは、安全第一です。間違っても参加者を危険にさらすようなことがあってはいけません。危機を回避する能力が、求められる仕事です。マニュアル通りに進行することが大切ですが、時には予期せぬトラブルも起こります。自然が相手なので、人間が想定できないようなことだってあります。そんな時に参加者を守るため、リスクマネジメントは重要な資質です。

『 時間の管理が上手い 』

だいぶ兼ね備えている

自然と戯れている間に、思いがけず時間が経っているのはよくあることです。アウトドアを楽しむあまり時間を忘れてしまうようでは、アウトドアインストラクターとしての資質に欠けると言わざるをえません。どんな時でも、冷静に時間の管理をするのが良いアウトドアインストラクターです。あらかじめきちんと計画を立て、余裕を持ちつつ計画通りに動ける人は、向いています。

『 虫が嫌でない 』

だいぶ兼ね備えている

アウトドアを楽しむ時、虫との接触を避けることは難しいです。山でも川でも海でも虫はいますし、いちいち苦手意識があると自然を楽しむことができません。虫を見たり、触ったりすることが平気な人は、アウトドアインストラクターに向いています。少し苦手意識がある人は、身近な昆虫などに触れる機会を設け、できるだけ慣れるようにしておくと良いです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアウトドアインストラクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る