理想の就活/転職のための
自己分析サイト

視能訓練士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今視能訓練士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい視能訓練士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの視能訓練士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、視能訓練士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。視能訓練士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

視能訓練士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ミスなく正確に仕事をこなせる
2.人の悩みに寄り添う共感力がある
3.根気強く物事に取り組むことができる
4.コミュニケーション能力がある
5.物事をテキパキとこなせる
6.知的好奇心がある
7.機械や計算に苦手意識がない
8.子どもと接することが好きである
9.子育てをしながら働きたいと思っている
10.トラブルが起きたとき冷静に対処できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ミスなく正確に仕事をこなせる 』

あまり兼ね備えていない

視能訓練士には、正確性が非常に重要です。視能訓練士が行った検査の結果をもとに、医師が治療や診断を行うため、検査が正確でないと重大な医療ミスが起こってしまうことも考えられます。そのため視能訓練士には、医療の一翼を担う仕事として自覚を持ち、ミスのないように検査を行うことが求められます。

『 人の悩みに寄り添う共感力がある 』

あまり兼ね備えていない

患者さんの悩みに寄り添い、共に解決を目指していこうとする姿勢も必要不可欠です。患者さの多くは、目の見え方に不安を抱えていることが多くあります。目は、普段私たちがよく使う臓器であるため、その悩みは人々に大きな影響を与えます。そんな人々の大きな不安に寄り添うことができると、患者さんからも信頼を得ることができます。

『 根気強く物事に取り組むことができる 』

そこそこ兼ね備えている

視能訓練士には、根気強く物事に取り組む力も重要になります。視能訓練士の患者さんの中には、視力が衰えてきた高齢者などもいます。そのような患者さんのリハビリテーションには多くの時間を要します。視力などの改善が少しずつだったとしても、患者さんを励ましながら治療を続けていくことのできる根気強さが求められます。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

視能訓練士には、コミュニケーション能力も非常に大切です。そもそも医療はチームで行うものであり、医者などとの意思疎通や情報の正しい共有が患者さんへのよりよい治療につながっていきます。正しく情報を理解し、意思疎通を図る力が求められます。さらに、患者さんとのコミュニケーションも非常に大切です。患者さんが今どのような状況で、どのように治療を進めていくのか。この情報を、専門知識を持たない患者さんと意思疎通することができる力を持っているかどうかも、視能訓練士の適性に関わってきます。

『 物事をテキパキとこなせる 』

十分に兼ね備えている

物事を素早くこなしていく力も、視能訓練士にとって需要です。視能訓練士には、非常に多くの検査を素早くこなしていくことが求められます。医師の診断に使われるデータを取るわけですから、検査が終わらないことには診察や診断ができません。そのため、多くの件数や行程のある検査を素早く処理していかなければなりません。視能訓練士を目指す際には、物事の処理能力も意識していきましょう。

スポンサーリンク

『 知的好奇心がある 』

そこそこ兼ね備えている

視能訓練士という職業は、勉強の連続です。日々発展する医療について、働きながら勉強していく必要があります。そのため、勉強することが苦になってしまう人にはあまり向かない職業だと言えます。逆に、知的好奇心があり、もっと知りたいという意欲を持っている人には非常に向いている職業だと言えるでしょう。

『 機械や計算に苦手意識がない 』

そこそこ兼ね備えている

機械や計算に苦手意識がないことも、視能訓練士にとって大切な適性です。視能訓練士が行う検査は、多くの場合機械を用います。そのようなとき、機械に苦手意識があると、うまく検査ができないなどということが考えられます。また、検査には光学的な計算が伴うことも多くあるため、計算に苦手意識を持っていると、視能訓練士の仕事内容を苦に感じてしまうかもしれません。逆に、機械や計算を苦に感じない人であれば、視能訓練士の仕事に適性があると言えるでしょう。

『 子どもと接することが好きである 』

だいぶ兼ね備えている

子どもが好きな人も、視能訓練士に向いていると言えるでしょう。眼科の特徴として、幅広い年齢層の患者さんがいることが挙げられます。その中には、子どもも多くいます。子どもは検査などを嫌がることがあり、なかなか思うように検査が進まないこともあります。そんな時、子どもが好きな人は、子どもの目線に合わせてうまくコミュニケーションを取ることができる人が多くいます。そうすれば子どもたちとの信頼関係も築くことができるでしょう。

『 子育てをしながら働きたいと思っている 』

そこそこ兼ね備えている

子育てをしながら働きたいと思っている人も、視能訓練士に向いていると言えるでしょう。夜勤などが多い医療の業界の中で、視能訓練士は定時の17時に退勤できることが多くあります。そのため、子どもを保育所に預けるなどして、出産後も正社員として働き続けることが可能です。出産後も、自分のキャリアを続けていきたいという人には向いていると言えるでしょう。

『 トラブルが起きたとき冷静に対処できる 』

あまり兼ね備えていない

危機管理能力も、視能訓練士にとって非常に大切な能力と言えるでしょう。危機管理能力とは、トラブルが生じた際に被害を最小限に抑えたり、そもそもトラブルが生じないように先回りして回避する能力のことを言います。視能訓練士は、人々の健康に大きく関わる医療に携わります。医療では、1つのミスが大きな被害をもたらすことも少なくありません。そのため、危険や起こり得るトラブルを事前に予知して、回避したり、被害を最小限にしたりする能力が必要不可欠です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの視能訓練士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る