理想の就活/転職のための
自己分析サイト

OLに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今OLの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいOLに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのOL適性診断結果

あなたの適性度は62%で、OLの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。OLを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

OLに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.細かい作業が苦にならない
2.ルーチンワークが好き
3.機転が利く
4.サポートが得意
5.コミュニケーション能力が高い
6.雑務を率先して行う
7.基本的なパソコン操作ができる
8.ワークライフバランスが大事
9.正しい敬語を使える
10.デスクワークが苦にならない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 細かい作業が苦にならない 』

あまり兼ね備えていない

OLに向いている人は細かい作業が苦にならない人です。OLといえば、やはり事務作業を主とした業務に携わる人が多く見られます。事務系のオフィスワークはデータ入力のような細かい作業が多いです。細かい作業は単純ミスを招きやすいという側面がありますが、作業を一つひとつ丁寧に進めていくとミスも発生しにくくなります。そのため大雑把に仕事をする人や、スピードや効率性ばかりを重視する人には向いていない職種です。

『 ルーチンワークが好き 』

だいぶ兼ね備えている

OLに向いているのはルーチンワークが好きな人です。事務に携わるOLは基本的にパソコンの入力作業やメールチェック、書類作成などのように同じ業務を毎日繰り返します。営業職のように色々な取引先に出向くこともないので変化や刺激はあまり多くないですが、日々決まったルーチンワークをこなしスムーズに仕事を進めていくことが好きという人には向いています。

『 機転が利く 』

そこそこ兼ね備えている

OLが向いている人は機転が利く人も挙げられます。事務系のOLは日々決まった仕事を繰り返すルーチンワークが多いです。しかしルーチンワークといえども、仕事中トラブルに見舞われることもあります。例えばパソコンの入力ミスや計算ミス、在庫品の不足や取引先からのクレームなどです。このような不測の事態が起きても機転を利かせて乗り越えられる人はOLに向いているといえるでしょう。

『 サポートが得意 』

十分に兼ね備えている

OLが向いているのは、周囲の人に対するサポートが得意な人も挙げられます。OLは社内外問わず、多くの人と関わりを持つことが多いです。事務系のOLの場合、営業職の人のように表立ってクライアントや取引先と交渉することは少ないですが、同僚や上司がスムーズに業務を進められるようにサポートすることを求められます。常日頃から周囲の人の動きを推測し、不足点や問題点がないかチェックできるようなサポート力がある人に向いている職種です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

OLはコミュニケーション能力が高い人も向いている職種です。事務系OLの人は、電話交換や事務処理上の手続きなどで社内の様々な部署の人と関わりを持ちます。電話応対では顧客に対してもコミュニケーションを取らなくてはいけないので、「知らない人とスムーズに会話ができない。」「クライアントや顧客と話すのは緊張するから苦手。」という人には向いていません。どの様な立場の人であっても気持ちよくコミュニケーションを取れる人がOLに向いています。

スポンサーリンク

『 雑務を率先して行う 』

十分に兼ね備えている

仕事を行う際に生じる様々な雑務を率先して行える人はOLに向いています。事務系のOLはパソコンでの入力作業だけではなく、自分が所属している部署の簡単なサポートや管理を行うのも業務の一環です。例えば、来客時や昼食時にお茶を入れたり不足した事務用品を買いに行ったり、業務上の手続きで行政や銀行に出向いたりなどがあります。突然頼まれることもある雑務を、自ら率先して行える人は向いている職種です。

『 基本的なパソコン操作ができる 』

十分に兼ね備えている

OLに向いているのは、基本的なパソコン操作ができる人です。基本的なパソコン操作のスキルとは、オフィスワーク3種の神器といわれるワードやエクセル、パワーポイントです。加えてビジネスチャットやWEB会議のようなリモートワークにも対応できると良いでしょう。基本的なパソコン操作ができていれば、新入社員として業務に取り掛かる際にもパソコン操作に関する研修は省けます。しかしパソコンスキルがない人は、パソコンで文字を打つなど基本的なことからスタートしなくてはいけません。OLとしてすぐに活躍するためにも、基本的なパソコン操作ができる人が向いています。

『 ワークライフバランスが大事 』

そこそこ兼ね備えている

OLが向いているのはワークライフバランスを重視している人です。一般的なOLは朝出勤して夕方退勤するというワークスタイルを取っています。しかし営業職であれば、取引先との接待や営業などで夕方以降の残業や休日勤務を行う場合も少なくありません。そのためOLは毎日一定の時間に勤務することを希望する人に向いている職種です。

『 正しい敬語を使える 』

そこそこ兼ね備えている

OLに向いているのは正しい敬語が使える人です。OLは様々な役職の社員と関わりを持つ仕事なので、正しい敬語が使えなければ評価が大きく下がってしまいます。社外の顧客やクライアントとも電話やメールで対応するので、正しい敬語が使えることはOLにとって重要です。

『 デスクワークが苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

OLはデスクワークが苦にならない人に向いている職種です。基本的に事務系OLはデータ入力のようなパソコン作業が仕事の中心なので、デスクに座って仕事をします。そのため、「体を動かすことが好き。」「決められた場所にじっとしているのは苦手。」という人には向いていない職種です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのOL適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る