理想の就活/転職のための
自己分析サイト

OAインストラクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今OAインストラクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいOAインストラクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのOAインストラクター適性診断結果

あなたの適性度は45%で、OAインストラクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。OAインストラクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

OAインストラクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.OA機器の操作が好き
2.人に教えるのが好き
3.接客が得意
4.仕事において向上心がある
5.忍耐強い
6.相手にわかりやすく説明できる
7.記憶力に自信がある
8.声が通る
9.話しかけやすい雰囲気がある
10.他人の成長を心から喜べる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 OA機器の操作が好き 』

そこそこ兼ね備えている

OA機器の操作の仕方を教えることを仕事にしているのが、OAインストラクターという職業です。OA機器にはスマートフォンや特定のアプリなども含まれますが、一般的にはパソコンの使い方を教えることが一番多いと考えてよいでしょう。インストラクターというからには教えることを生業にしている職業なので、当然パソコンなどのOA機器の操作を理解していることは必須です。しかし、高度なプログラミングスキルなどは、必ずしも必要ではありません。基本的な知識を幅広く身につけていることのほうが大事だといえます。

『 人に教えるのが好き 』

兼ね備えていない

OAインストラクターに限らずインストラクターは人に教える仕事なので、教えることが嫌いでは話になりません。何も話さずに黙々と1つの作業に集中していればよいという仕事が働きやすかったという人には、務めるのは難しいでしょう。反対に、何かしらにつけて教えることが好きだったという人は、十分に素質があるといえるでしょう。塾講師や家庭教師の経験があるという人はもちろん、学生時代に友だちに勉強を教えていたということでも構いません。OA機器に関するスキルは比較的簡単に身につくので、教え方に自信があるほうが大事な要素です。

『 接客が得意 』

そこそこ兼ね備えている

これまでの人生の中で、接客業を経験したことがあるという人は多いでしょう。学生時代にしていたアルバイトで、飲食店やコンビニなどが強く印象に残っているという人もいるかもしれません。その時のアルバイトが楽しかったと思えるのなら、OAインストラクターとして働いても楽しめることが期待できます。人と接することを楽しめる能力は、インストラクターにはかけがえのないスキルなのです。

『 仕事において向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

向上心の強さが大事なことはどの仕事にもいえることかもしれませんが、OAインストラクターの指導力にも直結します。特に、OA機器に関する知識を身につけることよりも、自分の教え方を工夫することを重視するほうがスキルアップにつながるでしょう。OAインストラクターが存在する目的は生徒に教えることではなく、生徒に理解してもらうことです。今現在の自分の教え方に満足することなく、常に試行錯誤しながら分かりやすい教え方を追求する姿勢が大事だといえます。

『 忍耐強い 』

あまり兼ね備えていない

OA機器の使い方を習いに来る人は、OA機器に対して苦手意識を持っている人が多いと考えてよいでしょう。中には、アレルギーを克服するという気持ちで来ている人もいるかもしれません。教える側にとっては非常に簡単なことでも、まったく理解できない人がいることも想定しておくことが必要です。同じことを何度も繰り返して言わなければならない状況に、いちいちイライラしていては仕事になりません。この言い方で分からなければ別の言い方を試してみるというような、柔軟な発想が役に立つこともあるのです。

スポンサーリンク

『 相手にわかりやすく説明できる 』

あまり兼ね備えていない

パソコンスクールの生徒は、年齢も性別もさまざまです。世間一般では基本的な用語として認識されていても、高齢者にとっては聞いたこともない専門用語であることも珍しくありません。ダブルクリックやコピペというワードなら誰でも知っていると考えるのはNG行為です。ウィンドウを開くや閉じるという意味も分からない人もいます。立て続けに知らないワードを耳にすると何もかもが分からなくなり、質問すらできなくなることもあるでしょう。基本中の基本と思えるワードでも、噛み砕いて説明しなければならない場合もあるのです。

『 記憶力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

どの職業にも共通して大事だといえる記憶力ですが、OAインストラクターにとっても例外ではありません。OA機器の操作を覚えておけることはもちろんですが、生徒の情報を覚えておけることも、仕事をするうえで非常に役立ちます。特に、生徒の性格を覚えておけることは大事だといえるでしょう。この人にはこういう言い方をすると理解してもらえたという情報などを覚えていると、それ以降はスムーズに授業を進められます。記憶力と同時に、人間観察力も求められるかもしれません。

『 声が通る 』

だいぶ兼ね備えている

声が通ることも、OAインストラクターにとっては大事なスキルです。特に、耳の遠い高齢者に教える際には、必須ともいえるかもしれません。独り言のように話す癖のある人は、大きな声で話す練習をしておくとよいでしょう。

『 話しかけやすい雰囲気がある 』

だいぶ兼ね備えている

インストラクターは、質問されることが多い職業です。質問をされないインストラクターは分かりやすい授業をしていることも考えられますが、生徒が質問しにくい人だという可能性もあります。生徒一人一人に寄り添って、分からないことは何でも聞いてほしいという雰囲気を醸し出していると、生徒も安心して授業に集中することができます。

『 他人の成長を心から喜べる 』

そこそこ兼ね備えている

生徒のスキルアップを自分事のように喜べるのも、OAインストラクターには必要な特性でしょう。仕事の目的が、教えることではなく、理解してもらうことになるからです。このような性格の人であれば、教え方も自然と上達していくと考えられます。生徒の間でも分かりやすいと評判になり、カリスマインストラクターと呼ばれる日が来るかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのOAインストラクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る