理想の就活/転職のための
自己分析サイト

看護助手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今看護助手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい看護助手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの看護助手適性診断結果

あなたの適性度は46%で、看護助手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。看護助手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

看護助手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感が強い
2.コミュニケーション能力が高い
3.体力がある
4.状況によって臨機応変に動ける
5.向上心がある
6.チームプレーができる
7.誰かのために働きたい気持ちが強い
8.観察力が高い
9.血液や排泄物にも対応できる
10.細かい作業が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感が強い 』

兼ね備えていない

看護助手は医療行為をしませんが、人の命を扱う医療現場で働きます。看護助手のミスが大きなトラブルに繋がることもあるでしょう。よって、全ての行為に責任感を持ち、仕事を最後まで丁寧に行うことが大切です。つまり、責任感が強く、指示されたことはしっかりとやり遂げられる人が看護助手に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

医師や看護師の指示のもと、看護助手は自分の仕事を行います。よって、医師や看護師とコミュニケーションをとることが大切です。また、患者さんのお世話をする場合もあり、患者さんを嫌な気持ちにさせないコミュニケーション能力も必要でしょう。患者さんと会話をする際には、その時の状況に応じて、笑顔で話したり、気持ちが楽になるように接するなどの対応が必要です。さらに、病院に訪れる業者さんや患者さんのご家族の対応をすることもあり、いろいろな人と会話をすることが苦痛でない人は看護助手に向いているでしょう。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

看護助手の仕事には、患者さんのお世話やベッド移動・シーツ交換などがあり、体力を使います。立ったまま仕事をする場合も多く、病院内の移動で歩き続けている人もいるでしょう。よって、体力に自信がある人は、看護助手に向いています。仕事の例として、入院病棟での食事の配膳、病院内の清掃などがあります。それらは配膳セットや清掃器具を持ちながら病院内を移動するため、体力だけでなく、腕力や脚力なども重要なのです。

『 状況によって臨機応変に動ける 』

そこそこ兼ね備えている

看護助手は医師や看護師の指示のもとに動きますが、状況に応じて判断や行動ができることも大切です。医療現場ではどのような患者さんがくるのか分からず、患者さんの急変で予定が変更される場合もあります。つまり、症状や状況に応じて、その時にすべきことが変わってくるのです。医師や看護師が忙しい場合には、臨機応変に判断し、看護助手が行っていい作業を積極的にしていけるといいでしょう。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

医療現場で働く一員として、医療用語や症状を学ぼうとする姿勢など、向上心がある人も看護助手に向いています。資格がなくても、看護助手として働く場合、患者さんからは頼りにされるでしょう。その際、医療用語や患者さんの状況を判断できることが大切です。診断や医療行為は医師や看護師に任せますが、看護助手も出来る範囲でサポートできるように、医療用語を学ぶといいでしょう。病名と出やすい症状などを覚えておくことも重要です。

スポンサーリンク

『 チームプレーができる 』

あまり兼ね備えていない

看護助手は医師や看護師と連携し、業務内容や患者さんに関する報告と相談をすることが大切です。指導や助言をしてくれる場合もあるため、チームプレーができるといいでしょう。それぞれの医療従事者が連携できていると、患者さんにとっていい医療を提供できます。看護助手もその一員として、しっかりと連携することが必要なのです。

『 誰かのために働きたい気持ちが強い 』

あまり兼ね備えていない

看護助手は患者さんが適切な医療を受けられるように、医師や看護師のサポートをすることが多いです。よって、「患者さんや医師・看護師を助けたい」「誰かのために働きたい」という気持ちがある人は看護助手に向いています。患者さんの食事介助や排泄介助・着替えの手伝いなど、思いやりや優しい気持ちをもってお世話できるといいでしょう。

『 観察力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

患者さんのお世話をする中で、「いつもと様子が違う」「何かを嫌がっている」などがあれば、看護助手が気付けることもあります。また、医師や看護師が忙しい場合、「何かできることはないか」と聞くことも大切です。それらは、観察力が高い人だと自然にできます。患者さんは医師や看護師に言いづらいことがあると、食事介助や入浴介助などをする中で看護助手に伝えてくれることもあります。患者さんが伝えたいことを察知し、医師や看護師に報告することも重要です。

『 血液や排泄物にも対応できる 』

十分に兼ね備えている

医療現場では血液や排泄物の処理をするのは必須です。血液の後片付けやおむつ交換などの仕事も、看護助手が行います。よって、血液や排泄物を見ても嫌悪感を抱かない、気分が悪くならないという人が看護助手に向いているでしょう。また、頻繁に入浴できない患者さんのお世話もしていくため、潔癖症でない人が向いています。汚れや臭いにも嫌な顔をせずに対応できることが必要です。

『 細かい作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

看護助手の仕事の中には、備品の管理や器具の消毒なども含まれます。よって、細かい作業が多く、それらを苦痛に感じない人が向いているでしょう。また、器具の状態や業務内容を記録するなどの細かい作業も行います。どの作業も丁寧かつ正確にできることが、看護助手には求められているのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの看護助手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る