理想の就活/転職のための
自己分析サイト

看護師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今看護師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい看護師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

看護師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの看護師適性診断結果

あなたの適性度は45%で、看護師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。看護師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

看護師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力に自信がある
2.精神的にタフ
3.困っている人を放っておけない
4.慎重で細かいところに気づく
5.年齢問わず人が好き
6.不規則な生活が気にならない
7.責任感がある
8.普段からテキパキ行動できる
9.コミュニケーション能力がある
10.専門知識を身につけることが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

看護師の仕事では、夜勤や急患が立て続けに運ばれるなど体力勝負な面が多くなります。日頃から運動をしていて体力に自信がある人は、看護師に向いていると言えます。時には休憩時間も一切取れない状態で、ずっと仕事をしなければなりません。そんなに力もなくすぐに疲れやすい人は、看護師には向いていません。座る時間がほとんどなく、立って動く時間が続いたとしても問題ない人には看護師の仕事が向いています。

『 精神的にタフ 』

だいぶ兼ね備えている

さまざまな患者や病気、ほかの看護師や医師とのやりとりが待ち受けています。この時、自分が思ったようになる時ばかりでなく、不満を感じながら働かなければならない時も出てきます。特に患者は具合も悪いため、普段よりもワガママになっている人もいるのです。いちいち嫌になっては精神が持ちません。何かが起こっても淡々と鉄の精神力で、前に進める人に看護師は向いています。繊細でさまざまなことを深く気にしてしまう人は、看護師は向いていません。

『 困っている人を放っておけない 』

そこそこ兼ね備えている

普段から困っている人を見てしまうと、そのまま立ち去れず放っておけない人は看護師に向いています。病気になった患者を助ける仕事ですので、困っている人を助けたい気持ちは重要です。困っている人を見てもそんなに気にならず、普段から自分のことで精一杯な人には看護師は向いていません。日頃の生活の中で困っている人を手助けできる人は、看護師として働いてからも自然と体が動きます。

『 慎重で細かいところに気づく 』

そこそこ兼ね備えている

看護師として患者に注射をすることや薬を飲ませるなど、医療行為を行います。この時、慎重さがないと間違った対処をしてしまいます。本来打つはずの注射ではなく別のもだったなど、ミスをしてしまうと患者の命に関わってしまうのです。ミスをしないように慎重に点検し、丁寧な性格の人は看護師に合っています。逆に大雑把で適当に普段から生活している人は、ミスもしやすい人と言えるでしょう。あまり看護師には向いていません。

『 年齢問わず人が好き 』

そこそこ兼ね備えている

いつも人が好きで、話すことなども苦ではない人は看護師に向いています。仕事の内容として、人に対して医療行為を行います。そもそもあまり人が好きではないという人は、仕事の度に接しているうちに苦痛を感じてしまうため合わないでしょう。人が好きだから困っていたら助けたい、面倒見たいという部分にもつながってきます。困っている人のために役立ちたいと思っている人も、看護師に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 不規則な生活が気にならない 』

あまり兼ね備えていない

看護師に向いているのは、毎日の生活が不規則になっても逆にそれが合っていると感じる人です。特に大きい病院では、日勤から夜勤までをこなさなければならない時があります。これまでもさまざまな仕事を掛け持ちし、不規則な生活をしてきても問題なかったという人も看護師に合うでしょう。逆に朝9時から夕方5時までなど、決まった時間のみ働きたい、規則正しい生活を心掛けたいと思う人には看護師の仕事は向いていません。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

看護師の仕事は、患者の命を預かるため責任感がなければできません。現場ではその患者一人ひとりに合った治療や対応を行い、責任を持って対応しなければならない場面が多々出てきます。この時、深く考えず、なんとなくで治療していてはいけません。医療ミスにもつながりますし、患者の命にも危険が及びます。普段から何事にも責任感を持って取り組める人は、看護師の仕事が合っています。あまり責任を持ちたくないという人は、看護師の仕事は向きません。

『 普段からテキパキ行動できる 』

十分に兼ね備えている

患者の命に関わる治療を行う時、少しの時間で助かるか助からないかに影響してきます。テキパキと行動をして、患者に合った動きをしなければなりません。日常生活の中でも、スピード感を持ってテキパキ行動できる人は看護師の仕事に向いていると言えます。逆にテキパキと行動してしまうと躊躇してしまう、マイペースでやっていきたいと思っている人に合いません。今していることをこなしながら次に何をすれば良いのか考えられる人にも看護師は向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

看護師の仕事は、患者や医師、ほかの看護師とのやりとりが頻繁にあります。そのため、コミュニケーション能力がないと大変です。人と関わることが苦手であまり話したくないという人は、看護師の仕事は向いていないと言えるでしょう。患者の病気を治すために、周りの看護師や医師との連携プレーも必須です。この時、コミュニケーション能力も重要です。不安そうにしている患者にも、安心して治療ができるようにやりとりをする場面もあります。

『 専門知識を身につけることが好き 』

あまり兼ね備えていない

看護師になる時国家資格を取るため勉強しますが、この時の知識だけで定年まで働けるわけではありません。特に医療の現場では新しくわかってくることも多く、その度に知識をアップデートしていかなければなりません。普段から勉強や学ぶことが好きで、生涯学習の精神がある人には看護師の仕事が向いています。新しい知識を取り入れるのが面倒、学習意欲がない人には看護師の仕事は向いていないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの看護師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 看護師に向いているか向いていないか
  • 看護師の職業適性度
  • 看護師に必要な10の資質
  • 解説で看護師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る