理想の就活/転職のための
自己分析サイト

小説家適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今小説家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい小説家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの小説家適性診断結果

あなたの適性度は56%で、小説家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。小説家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

小説家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.たくさんのアイディアが湧いてくる
2.最後までやり抜くことができる
3.たくさんの小説を読んできた
4.タイピングが得意
5.計画を立てるのが上手い
6.高い専門知識を持つ分野がある
7.文章を書くのが得意
8.語彙力が豊富
9.人の評価を気にしすぎない
10.人との繋がりを大事にしている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 たくさんのアイディアが湧いてくる 』

あまり兼ね備えていない

小説を書くならば、それなりのアイディアが必要になります。もしかすると、とっておきのアイディアがすでにあって小説を書こうとしているかもしれません。それが大ヒットしたとしても、以降のアイディアが湧いてこないのでは小説家としてやっていくのは難しいです。アイディアがたくさん湧く人なら、単品で新しい小説を生み出すこともできますし、組み合わせてより複雑な小説を作り上げることも可能になります。コンスタントに作品を発表することが大切なので、アイディアをどのくらい用意できるのかは小説家にとって重要なことです。

『 最後までやり抜くことができる 』

あまり兼ね備えていない

小説を書くことで難しいといわれているのが、物語をきちんと終わらせることです。物語を広げすぎたり飽きてしまったりして、終わらせるまえに書くことを挫折してしまう方は少なくありません。いくら素晴らしいプロローグを作れたとしても、物語を途中で投げ出すことが多いのでは小説家として歓迎されないです。

『 たくさんの小説を読んできた 』

そこそこ兼ね備えている

漫画や映画に作り方があるように、小説にもしっかりとした作り方があります。それぞれの作家で作り方は違いますが、共通している基本的な部分もたくさんあります。これまで小説をたくさん読んできた方なら、その共通する作り方を理解している場合が多いです。基本を知っていれば、そこに自身のアイディアを味付けするだけでオリジナルの物語を作れるでしょう。

『 タイピングが得意 』

だいぶ兼ね備えている

昔の文豪といわれる人物は、原稿用紙にペンで手書きで小説を書いていました。しかし、現代ではほとんどの方がパソコンとキーボードを使って小説を書いています。いくら頭の中にたくさんのアイディアが浮かんだとしても、タイピングスキルがなければ、効率的に文章を書くことはできません。思考の速さに合った指の動きができる場合、アイディアを文章へとスムーズに変換できるので小説家にとってはかなり有利です。

『 計画を立てるのが上手い 』

十分に兼ね備えている

原稿を仕上げなければいけない期日が決まっているときは、それに合わせて計画を立てなければいけません。期日に向かって周りが動いていますので、締め切りを守れない小説家は多くの方に迷惑をかけてしまいます。計画を立てるのがうまい人なら、どの程度の速さで仕事をすれば締め切りに間に合うのか計算ができます。ただ、小説を書くのは計画通りにはいかないケースもあるので、それも見越した上で余裕を持った計画を作れるのなら完璧でしょう。

スポンサーリンク

『 高い専門知識を持つ分野がある 』

そこそこ兼ね備えている

何もないところからアイディアを生み出すのはとても大変な作業です。もしも、何かしらの得意なことがあれば、その知識を利用することでアイディアを生み出しやすくなります。実際、医学の知識を持っていたり元警察官だったりする方が小説家として成功しています。得意なことを主軸として小説を書くこともできますし、一部だけを作品に組み込むこともできます。

『 文章を書くのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

アイディアをただ並べただけでは小説とはいえないです。それを文章として形成するための力がなければいけません。文章力があれば句読点の付け方や一文の長さなどを工夫できるため、読みやすさを実現可能です。物語の面白さと文章力が組み合わされば、最後まできちんと小説を読んでもらえるでしょう。

『 語彙力が豊富 』

だいぶ兼ね備えている

言葉のストックがあまりない方が小説を書くと、稚拙な文章となってしまうケースがあります。的確な漢字を使ったり頻出している言葉を置き換えたりするための語彙力が小説家には必要となります。言葉をうまく操れば、自分の文章にしかないオリジナルの独特の雰囲気を生み出すことも可能です。なお、難しいカタカナ語や一般的ではない漢字などを多用するのは語彙力とはいえません。

『 人の評価を気にしすぎない 』

そこそこ兼ね備えている

小説家はネットショップやSNSなどのいろいろな媒体で、書いた作品が評価されることになる職業です。そのことをきちんと理解していなければ、思わぬ評価にショックを受けてしまうこともあります。さまざまな評価があると理解して、それらを受け止めたり受け流したりできれば小説家として長くやっていけるでしょう。うれしい評価をしてくれるファンが存在するのに、悪い評価だけを気にして小説家を辞めてしまうのはとても勿体ないことです。

『 人との繋がりを大事にしている 』

あまり兼ね備えていない

趣味として小説を書くときは、一人ですべてを完結させることが可能です。しかし、職業としての小説家は、さまざまな人との関わりを持つことになります。担当してくれるスタッフだったり装丁してくれるデザイナーだったり、よりよい小説にしたいときは、それらの方ときちんと話をしなければいけません。人との関わりを重要だと考えてコミュニケーションを積極的に取れる方なら、一緒に売れる小説を作っていこうと思ってもらえるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの小説家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る