理想の就活/転職のための
自己分析サイト

行政書士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今行政書士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい行政書士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの行政書士適性診断結果

あなたの適性度は53%で、行政書士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。行政書士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

行政書士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.責任感がある
2.コミュニケーション能力が高い
3.行動力がある
4.長期間努力し続けられる
5.事務処理能力が高い
6.営業が得意
7.柔軟な思考ができる
8.細かい部分まで丁寧に仕上げられる
9.バイタリティがある
10.集中力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 責任感がある 』

十分に兼ね備えている

行政書士は官公署に提出するなどの重要書類を作成する専門家です。また書類に関わる代行申請も行うので責任重大であり、仕事に対する責任感が問われます。受けた依頼を責任を持って最後まで対処できるようにしなければならないため、行政書士としてしっかりとした責任を果たすためのプロセスを常に意識するようにします。仕事に対する責任感がなければ、信用にも関わってきますので要注意です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

行政書士は、ただ書類を作成するだけではありません。依頼をスムーズに進めるためにも、依頼人とのコミュニケーションが大切です。コミュニケーション能力が高いほど、相手との適切な距離を置いて接することができるので不安を与えるようなことはありません。必要な情報を集めやすいので、作業もはかどりやすくなります。デジタル化が進んでもアナログな部分はまだ多く、行政書士だからこそできるコミュニケーションが求められます。

『 行動力がある 』

あまり兼ね備えていない

行政書士は、机上だけが仕事場ではありません。手続きに必要となる情報収集には、フットワークの軽さが求められます。行動力が早ければ仕事の進捗にも影響を与えるので、早く動けるに越したことはありません。常にアンテナを張って最新の情報を得るためにも、直ぐに行動できるように心がけることが大切です。様々な事前準備をしておけば、いざという時の対処もしやすいでしょう。

『 長期間努力し続けられる 』

あまり兼ね備えていない

何事にも努力が必要です。行政書士にとっても、努力することは大事なことです。法律に関わる仕事も多いので、法改正がされればそれに合わせて対応も変えなくてはなりません。常に知識をアップデートする努力も必要ですし、仕事を受注できるまで毎日のように営業活動をしなければなりません。根気強さがなければ、行政書士の仕事を続けていくのは難しいでしょう。

『 事務処理能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

書類作成のスペシャリストである行政書士は、事務仕事が多岐にわたり多くの事をこなすための高い処理能力が求められます。限られた時間内で効率よくテキパキとこなすためにも、無駄を省き要点をまとめる必要があるからです。複数の案件を抱えている状況であれば尚のこと、煩雑にならないように注意しなければなりません。基本的な能力だからこそ、求められる要素も高くなります。

スポンサーリンク

『 営業が得意 』

兼ね備えていない

行政書士が仕事を続けていくためにも、営業が欠かせません。ある程度の実績や知名度があれば、顧客の方から仕事が舞い込むかもしれませんが、まずは営業でアピールしていく必要があります。どのような仕事が得意か、何が出来るかなど自己分析をしつつ魅力的に見えるような工夫も大事です。行政書士が扱う書類は多いので、アピールしやすいように得意分野を生かした営業ができると効果的です。

『 柔軟な思考ができる 』

あまり兼ね備えていない

行政書士には、仕事を効率化するためのアイデアが必要です。上手いアイデアを考えるためには、柔軟な思考力がないと難しいでしょう。答えを導き出すためにも、固定観念にとらわれないことです。様々な情報をインプットして、そこから上手くアウトプットするためのプロセスは思考の柔軟さにあります。色々な方向から見る癖をつけておくと、新たな発見につなげていくことができます。

『 細かい部分まで丁寧に仕上げられる 』

十分に兼ね備えている

重要な書類を扱うのが行政書士の仕事です。だからこそ丁寧にできなければ、行政書士の仕事には逆に向いていないといえます。基本的な所作だからこそ重要で、丁寧にできる人ほど信用を得やすいでしょう。雑に扱うようでは、安心して仕事を任せることが難しくなるからです。仕事だけではなく言葉使いといったマナーの面でも注視されるので、丁寧さは重要なファクターでもあります。

『 バイタリティがある 』

そこそこ兼ね備えている

行政書士の仕事は多岐にわたる分、精力的に作業を進めていかなければならないです。バイタリティがあれば、多少の躓きにも転ぶことなく精神的な安定が得られます。重要な案件を抱えている状況であればストレスも高くなるので、乗り越えていくためにも持っておきたいスキルです。行政書士の仕事そのものには関係ありませんが、あるのとないのとではだいぶ変わってきます。常に余裕をもたせておくことも、大事なことです。

『 集中力が高い 』

十分に兼ね備えている

行政書士にとって重要なのが、如何に集中して作業ができるかということです。法律にも関わる難易度の高い作業を進めていくので、集中できないでいるのは作業効率が悪くなります。また気持ちの切り替えがうまくできると無駄な時間をかけずにすむので、仕事の最適化に役立ちます。依頼人の満足いくように高いサービスを提供するためにも、常日頃から集中していけるような環境づくりも大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの行政書士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る