理想の就活/転職のための
自己分析サイト

新聞記者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今新聞記者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい新聞記者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの新聞記者適性診断結果

あなたの適性度は42%で、新聞記者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。新聞記者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

新聞記者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.文章を書くのが上手い
3.正義感がある
4.体力がある
5.粘り強い
6.好奇心が旺盛
7.幅広い知識の持ち主
8.語学力がある
9.人と上手に駆け引きが出来る
10.物事を素早く決断できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

新聞記者は人に接することが多く、取材対象となる人物から色々なことを聞き出す必要があります。その人の考えや想いを上手く引き出すことが出来るコミュニケーション能力があればより良い記事を書くことができ、読者に有益な情報を与えられます。中には新聞記者には何も話したくない、取材されるのは嫌だという人も居ます。そんな人も思わず何かを話してしまうようなコミュニケーション能力があれば、特別な情報を新聞に掲載出来るのです。誰とでも分け隔てなく接することができ、スムーズに会話が出来る人は新聞記者にピッタリです。

『 文章を書くのが上手い 』

十分に兼ね備えている

読者に分かりやすく、正確に情報を伝えるためにも文章能力は欠かせません。新聞記事の文章の型はある程度決まっていますが、その枠組みの中でいかに正しい文章が書けるか、読者が納得出来る内容に出来るのかにかかっています。文章能力があれば読み応えのある記事になり、読者が読んでいて面白いものになります。

『 正義感がある 』

兼ね備えていない

新聞に掲載される記事一つで世の中を変えることもある新聞記者は、正義感が必要不可欠です。弱い人の気持ちに寄り添い、権力や圧力には屈しない気持ちが大切です。何か事件や事故が起きたときでも社会的な地位の高い人ばかりに配慮した内容にするのではなく、被害者や一般市民の気持ちも考えた内容にします。自分の正義感を大切にして、弱い人も助けたいという気持ちがある人が向いています。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

事件や事故はいつ起こるのか分からず、朝晩関係なく取材に必要だと思ったら現場に向かいます。現場では関係者や目撃者、周りに居る一般市民などに話しを聞いて、情報収集します。長期間取材に駆けずり回ることも珍しくなく、体力勝負の仕事になるのです。1日中歩き回っても大丈夫、長い時間立ちっぱなしでも耐えられる体力がある人は現場で重宝されます。

『 粘り強い 』

兼ね備えていない

一つの事件や事故の取材に長期間掛かることもあり、途中で諦めずに粘り強く取材することが出来る人材が新聞業界では求められています。地道に取材を続けて、隠れている事実やエピソードはないかと探れる粘り強さがある人が高い評価を受けます。粘り強く取材が出来れば良質な記事が出来上がり、読者の心を打つような内容になるのです。

スポンサーリンク

『 好奇心が旺盛 』

兼ね備えていない

色々な出来事に関心を持って、一つ一つの事件や事故に興味を持てる人は新聞記者としての適性があります。また興味を持つことだけでなく自分自身で調べて真実を導き出したい、より多くの人たちにその出来事を知って貰いたいという心意気も大事です。常に「なぜなんだろう」という疑問を持ち、積極的に取材に行けるような人物は新聞記者として活躍出来る素質があります。

『 幅広い知識の持ち主 』

そこそこ兼ね備えている

新聞記者は幅広い知識を駆使して、記事を作り上げます。一般的な常識から専門性の高い人知識、さらに政治などに関する知識が必要となるのです。日頃から何かに役立てられないかと知識を増やす努力をして、専門性のあることでも積極的に学べるような人は新聞記者に相応しいかもしれません。

『 語学力がある 』

十分に兼ね備えている

取材対象となる人物は日本人とは限らず、世界各国の人が取材対象となります。語学力があれば外国人の人ともスムーズにコミュニケーションを取ることができ、取材も効率良く進むのです。通訳を介して会話をすると微妙なニュアンスが伝わらないこともありますが、その国の言葉を話せれば言いたいことや聞きたいことが伝えやすくなります。英語や中国語など、世界で多く使われている言語が話せるなら新聞記者にピッタリの人材かもしれません。

『 人と上手に駆け引きが出来る 』

そこそこ兼ね備えている

より有益な情報を手にするためには、時に人と駆け引きをしなければならないことがあります。こちらからあえて重要な情報を提供して、取材対象者からも大事な情報を聞き出すのです。相手の様子を伺って駆け引きをすることで、誰にも知られていないような情報の入手に成功するケースも珍しくありません。こちらの持っている情報を上手く使って、駆け引きが出来るようなら新聞記者としての素質があります。

『 物事を素早く決断できる 』

そこそこ兼ね備えている

決断力があるのも、新聞記者にうってつけの人物です。誰に取材を申し込んでどんな内容にし、どのくらいの量の情報を紙面に掲載するのか素早く決めていきます。決断力があれば締め切りに追われている中でも素早く判断することができ、スピード感を持って仕事を推し進められます。さらに決められた文字数の中でどこの文章を残してどの部分を削るのか、記事ごとに判断しなければなりません。決断力がその都度必要となる仕事なので、素早く判断出来る人は新聞記者に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの新聞記者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る