理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ニュースキャスターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ニュースキャスターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいニュースキャスターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ニュースキャスターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのニュースキャスター適性診断結果

あなたの適性度は29%で、今の時点ではニュースキャスターの仕事に向いているとは言えないようです。ニュースキャスターを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

ニュースキャスターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.滑舌がいい
2.常に平常心を保てる
3.アドリブが得意
4.自己管理ができる
5.語彙力がある
6.清潔感がある身だしなみ
7.笑顔が自然で魅力的
8.プレッシャーに強い
9.責任感がある
10.コミュニケーションスキルが高い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ニュースキャスター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 滑舌がいい 』

兼ね備えていない

ニュースキャスターの仕事は、テレビやラジオなどを通して多くの人にニュースをわかりやすく伝える事です。そのためには、滑舌を良くする事が何よりも重要になります。どれだけ一生懸命ニュースを伝えても、滑舌が悪ければ周囲の人には伝わりません。そして、何を言っているのかわからなければ誰も注目をしてくれないのです。ニュースキャスターの役割というのは、ただ起きた出来事を説明する事ではありません。視聴者または聴衆者に内容を正確に伝える事なのです。ニュースキャスターを目指しているなら、日頃から滑舌を意識した話し方をするといいでしょう。

『 常に平常心を保てる 』

兼ね備えていない

ニュースキャスターに向いているのは、平常心を保てる人です。ニュースのなかには、悲惨な出来事や残忍な事件を扱ったものもあります。原稿を読んでいて、辛くなる事も多々あるでしょう。ですが、その度に涙を流したり声が震えてはニュースになりません。ニュースキャスターというのは、内容に関わらず平常心を保てなければ続けられません。ニュースキャスターになるためには、すぐに感情が表情や声に出ないように訓練する事が大切です。

『 アドリブが得意 』

あまり兼ね備えていない

ニュースキャスターというのは、時として予期せぬ出来事に遭遇します。たとえば、用意していた原稿が手元になかったり、緊急ニュースが飛び込んできたりする事もあります。こういう時に、慌てふためいてしまっては番組に穴が開いてしまいます。ニュースキャスターは、臨機応変な対応ができなければ難しいといえます。臨機応変な対応力というのは、誰もがすぐに身につけられるものではありません。普段から、広い視野を持ち様々な状況に柔軟な対応ができるようにしておきましょう。

『 自己管理ができる 』

兼ね備えていない

ニュース番組のなかには、深夜や早朝のものもあるため出勤時間が不規則です。自己管理がきちんとできなければニュースキャスターは難しいといえます。自己管理ができているニュースキャスターというのは、食事や睡眠の時間をきちんと管理し健康に気を付けています。眠そうな顔や疲れている表情をしていては説得力がありません。ニュースキャスターとして活躍するためには、自己管理能力を高める事が必要なのです。

『 語彙力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ニュースキャスターは、事件や事故のニュースだけを伝えているわけではありません。時には、地元の話題やエンターテインメントに関する話題を提供する事もあります。モニターに映し出された話題に対して、その場でコメントを添える事もあります。語彙力が乏しいと、視聴者や聴衆者に対してわかりやすく状況を伝える事ができません。同じ言葉でも、ほんの少し表現を変えるだけで伝えやすくなります。普段から、色々な言い方について学んでおくとニュースキャスターを目指す時に役立ちます。

スポンサーリンク

『 清潔感がある身だしなみ 』

十分に兼ね備えている

ニュースキャスターは、メディアへの露出が高い仕事です。そのため、日頃から清潔感がある身だしなみを心がける事が大切です。どれだけ感動的なニュースを読んでいても、寝癖がついていたり服がヨレヨレでは説得力がありません。男性の場合は、髭を綺麗に剃り落としてネクタイをキッチリ締めておく事が大切です。女性の場合は、ナチュラルメイクを心がけて露出しすぎないファッションを心がける事も大切です。

『 笑顔が自然で魅力的 』

兼ね備えていない

ニュースキャスターになりたいなら、自然な笑顔を心がける事も重要です。なぜなら、視聴者や聴衆者のなかには好感が持てるニュースキャスターが出演している番組を意識的に選択しているからです。どれだけ完璧に原稿を読んでも、視聴者や聴衆者から嫌われていては番組が続きません。ニュースキャスターになるためには、無理のないナチュラルな笑顔も必要なのです。意識的に笑おうとすると、頬や唇が引きつり不自然な笑顔になってしまいます。普段から鏡を見ながら、笑顔の作り方を勉強しておくといいでしょう。

『 プレッシャーに強い 』

あまり兼ね備えていない

ニュースキャスターは、生放送で原稿を読む機会が多いです。スタジオには多くのスタッフがいるため、プレッシャーを感じる人もいるでしょう。ですが、そういった状況では緊張してしまい、声が上擦ってしまったり進行を間違えたりしてしまいます。これでは、ニュースを伝える事は難しいでしょう。ニュースキャスターを目指す時には、自身がプレッシャーに強いタイプなのかそうでないのかを判断しておく事も必要です。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

自分の発言に責任感が持てる人は、ニュースキャスターに向いていると言えます。ニュースキャスターは、事件や事故について自分なりに意見を述べる事もあります。その時に、誤った情報や無責任な発言をしてしまった場合は一気に信頼を落とす事になります。発言した言葉を撤回する事はかなり困難です。自分の発言に対して責任感があるかないかは、ニュースキャスターとして活躍するためにはかなり重要です。

『 コミュニケーションスキルが高い 』

あまり兼ね備えていない

番組というのは、ニュースキャスターが1人で作るものではありません。プロデューサーやディレクター、カメラマンと多くのスタッフと連携しながら完成させるのです。日頃から、円滑なコミュニケーションができなければいい番組は完成しません。情報を正確に伝える事と同じぐらい、周囲の人間との協力も大切なのです。ニュースキャスターとして活躍するためには、コミュニケーションツールスキルを高めておく事も必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのニュースキャスター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ニュースキャスター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ニュースキャスターに向いているか向いていないか
  • ニュースキャスターの職業適性度
  • ニュースキャスターに必要な10の資質
  • 解説でニュースキャスターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ニュースキャスターとは?

ニュースキャスターはテレビ番組やインターネット番組などで、ニュースを読み上げる人を指します。

スタッフが取材をし、作成した原稿を元に必要な情報を視聴者に伝えていく仕事です。

キャスターは番組の顔となる存在で、番組の評価を上げるためにもなるべく視聴者に不快な思いをさせないことも大切だと言われています。

視聴者に聞き取りやすいように丁寧に原稿を読み上げ、噛んだりつっかえたりせずに原稿を読み上げることが求められます。

担当するニュース番組によって仕事をする時間は異なり、早朝や深夜などに仕事をすることもあります。

ニュースキャスターになるには?

ニュースキャスターになるためには2つのルートがあり、テレビ局に入社してアナウンサーやキャスターとして採用されるか、フリーアナウンサーの芸能事務所に所属するかです。

また芸能人やコメンテーターとしてテレビ業界で活躍したのち、ニュースキャスターに抜擢されるケースもあります。

テレビ局に入社するためには四年制大学を卒業しておくのが必要です。

採用試験を受けるための条件として大卒であることを掲げているテレビ局は多く、大学で一般教養を学んだ人を探しています。

フリーアナウンサーの芸能事務所も四年制大学を卒業している人材を積極的に採用している傾向にあります。

ニュースキャスターの給料・年収

いくつかの調査によるとニュースキャスターの年収は600万円から800万円程度になります。

年齢や人気に応じて給料は高くなる傾向にあり、年齢を重ねてテレビ局の重要なポジションに就くと年収が1000万円以上になることもあります。

テレビ局の中でも人気番組などに出演し、名前や顔が広く知られるようなニュースキャスターの場合はテレビ局社員であっても高収入になることは珍しくありません。

またテレビ局の場合は福利厚生が手厚いのが特徴的で、有給休暇や特別休暇、住宅手当てや交通費などがきちんと支給されることがほとんどです。

フリーのニュースキャスターの場合は所属している事務所や出演番組本数、人気などによって年収は様々です。

300万円から億を稼ぐキャスターも居て、幅が広くなっています。

ニュースキャスターの就職・転職先(求人)

ニュースキャスターのほとんどはテレビ局勤務かアナウンサー専門の事務所に所属しています。

個人事務所を設立して、ニュースキャスターとして活動している人も中には存在します。

テレビ局勤務の場合はアナウンサー室や報道局に配属され、出演する番組を割り振られるのです。

一つのニュース番組を何年か担当したあと、他のニュース番組に移動となることもあります。

アナウンサー専門の事務所に所属している場合はオーディションなどを受けて、ニュース番組を担当するケースが多いです。

テレビ局が制作している番組の他に、インターネットのニュース番組に出演する機会もあります。

有名なキャスターになると番組側からのオファーを受けてキャスターとして活躍することもあるのです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0