理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ネットワークエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ネットワークエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいネットワークエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ネットワークエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのネットワークエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は52%で、ネットワークエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ネットワークエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ネットワークエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.物事を論理的に考えるのが得意
3.責任感が強い
4.忍耐力がある
5.好奇心旺盛でIT全般に興味がある
6.全体を見渡して判断できる
7.物事に対し慎重に行動する
8.トラブルにも柔軟に対応できる
9.プレゼンテーション能力が高い
10.文章作成が得意
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ネットワークエンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

ネットワークエンジニアと聞くと、機器を操作したりデータの分析・解析を行うなど黙々と作業するイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか。しかし実際には一つの案件を一人で作業するという事はほとんどありません。ネットワークの設計や運用、保守など、どの工程を作業するにしても複数人でチームを組んで業務を進めて行く事が多い職業なのです。またネットワークエンジニアはクライアントと接する機会も多い職業でもあります。仕事をスムーズに行うにはチーム内のメンバーやクライアントとコミュニケーションを取り、常に情報を共有しておく事が重要です。そのため、普段から様々な人とコミュニケーションを取る事が苦ではないという方は、ネットワークエンジニアに向いていると言えるでしょう。

『 物事を論理的に考えるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

ネットワークエンジニアの場合、数多くある業務の中で論理的に物事を考えて行動するシーンも少なくありません。そのため、論理的に考えるのが得意だという方は、ネットワークエンジニアとして活躍できる可能性は高いでしょう。例えばネットワークシステムを設計・構築する際に、必要な要件が満たされていないと、顧客が要求しているサービスが提供できないといったケースが起きる可能性があります。そうならないためにも、論理的に考えながら必要な要件が満たされているか十分検討する事もネットワークエンジニアには求められてくると言えます。

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

ネットワークエンジニアは大きなトラブルや前例のないトラブルの対応をする場合、原因を追究して復旧するまで長期間現地に泊まり込んで作業を行うというケースも珍しくありません。そのため、最後まで投げ出さずにやり抜くという責任感を持っている方は、ネットワークエンジニアに向いているでしょう。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ネットワークエンジニアの仕事は地味な作業が多い他、マニュアルなどに従ってミスなく仕事をする事が求められる職業でもあります。華やかさや派手さはありませんが、企業活動などに影響を及ぼす可能性もあるネットワークシステムを扱っているため、正確性が重要視されるのです。そのため、同じ作業をコツコツ繰り返す事が好きな方や忍耐力に自身があるという方は、ネットワークエンジニアの適性があると言えます。

『 好奇心旺盛でIT全般に興味がある 』

十分に兼ね備えている

IT業界では常に新しい技術が生み出されているため、将来に渡って活躍できるネットワークエンジニアになるには、積極的に新しい技術や知識を身に付ける事が求められてきます。向上心を持って取り組んだり、新しい技術や知識が出た時に興味を持って情報を収集する事はネットワークエンジニアには必要な要素です。新しい知識や技術を学ぶ事が苦にならない好奇心旺盛な方は、ネットワークエンジニアとして活躍できる可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

『 全体を見渡して判断できる 』

兼ね備えていない

ネットワークエンジニアは設計や運用、保守などネットワークシステムの様々な業務を必要があり、一つの作業に集中していれば良いという職業ではありません。またトラブルが発生した場合、システム全体の状況を把握して冷静に対処する事もネットワークエンジニアには必要です。そのため、苦しい状況でも全体を見渡して的確に物事を判断できる方は、ネットワークエンジニアの適性があると言えるでしょう。

『 物事に対し慎重に行動する 』

兼ね備えていない

ネットワークのトラブルはクライアントに迷惑をかけるだけでなく、ネットワークを利用している全ての人に大きな影響を与えてしまいます。そうならないためにも、運用する前は何度もテストを繰り返し実施する必要があります。そのため、「この程度のテストで十分だろう」などテストを軽視するような人は、ネットワークエンジニアとして活躍する事は難しいかもしれません。「どんな小さな欠陥も見逃さない」という思いが強い慎重な人ほどネットワークエンジニアに向いています。

『 トラブルにも柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

ネットワークシステムにトラブルが発生した場合、現場に駆けつけて原因追及や復旧作業を行うのもネットワークエンジニアの重要な役割です。しかし、ネットワークエンジニアは過去に似たような事例がないようなトラブルに遭遇する事もあります。そのため、発想の転換や別の要因を探ってみるといった事も時には必要となってきます。そんな時に今までの経験にこだわらず、その場の状況に合わせて柔軟に対応できる人は、ネットワークエンジニアとして高い適性を持っていると言えます。

『 プレゼンテーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

顧客のニーズを把握した上で、満足度の高いサービスを提供できるようなネットワークシステムを提案する事もネットワークエンジニアの仕事の一つです。しかしプレゼンテーション能力が不足していると、提案内容が優れていても競合他社に受注を取られてしまうという事もあります。なので、プレゼンテーション能力が高い人がネットワークエンジニアになれば、活躍できる可能性は高いでしょう。

『 文章作成が得意 』

そこそこ兼ね備えている

ネットワークエンジニアは作業が完了したりトラブル対応した時は、クライアントや上司に報告書を作成する必要があります。またネットワークの作業では、ヒューマンエラーを防ぐために事前に作成された手順書に従って対応するケースが多いです。そのため、文章の作成が得意だという方は、ネットワークエンジニアとしての資質があるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのネットワークエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ネットワークエンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ネットワークエンジニアに向いているか向いていないか
  • ネットワークエンジニアの職業適性度
  • ネットワークエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でネットワークエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアはインターネットに代表されるネットワークの設計や構築、管理や運用、保守や点検などを担うエンジニアの専門職の一つです。

ネットワークにかかわるインフラに特化したスキルを持っているエンジニアが活躍しています。

ネットワークエンジニアは社内ネットワークを設計したり、構築のために必要なルーターやLANケーブルなどを調達して配線をしたり、安定してネットワークを使えるように監視したりするのが仕事です。

サーバーや各人が利用しているパソコン、スマートフォンなどを快適に使えるようにネットワークを整備しています。

ネットワークエンジニアになるには?

ネットワークエンジニアになるにはネットワークに関連するハードウェアを中心とするIT関係の知識が求められます。

ソフトウェアについての知識も求められる場合もありますが、勤め先によって求められるスキルセットは異なります。

ネットワークエンジニアになるために資格は必要ありません。

一般的には大学の情報工学科やエンジニア系の専門学校、ネットワーク関係のセミナーなどで知識や技術を身に付けてネットワークエンジニアになっています。

他のエンジニアとして働き始めてからネットワーク技術を習得し、ネットワークエンジニアに転職しているケースもあります。

ネットワークエンジニアの給料・年収

ネットワークエンジニアの平均年収は450万円~550万円ということが複数の統計調査による結果からわかります。

求人サイトや転職サイト、エンジニア系の支援サイトなどで年収による調査がおこなわれていますが、ボリュームゾーンは500万円少々になっているのが現状です。

ネットワークエンジニアはインターネットの普及の影響で重要性が高まっています。

そのため、優秀なネットワークエンジニアを高く評価して採用しようという動きがあり、転職して年収を上げている人も多いのが現状です。

また、副業で稼いでいるネットワークエンジニアも多いため、年収のばらつきは大きくなっています。

ネットワークエンジニアの就職・転職先(求人)

ネットワークエンジニアの就職先・転職先としてはシステムインテグレーターやネット系のソフトウェア・アプリケーションの開発会社が典型的です。

システムインテグレーターはクライアントの要求するシステムを構築して提案・提供している会社で、ネットワークに関する相談を受けることが多いことからネットワークエンジニアが重宝されています。

ネット系の開発会社でもネットワークの整備とセットでソリューションを提供することが多いため、ネットワークエンジニアが活躍しています。

この他にも機械系の企業で製品開発に携わることができるなど、さまざまな勤め先があるのがネットワークエンジニアの特徴です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0