理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

国税専門官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国税専門官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国税専門官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

国税専門官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの国税専門官適性診断結果

あなたの適性度は37%で、国税専門官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。国税専門官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

国税専門官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.使命感がある
2.几帳面な性格
3.人と話すのが好き
4.仕事の勉強を続けられる
5.指導力がある
6.法律や数字に抵抗感がない
7.精神力が強い
8.公平に判断できる
9.調整能力がある
10.ストレスをコントロールできる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
国税専門官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 使命感がある 』

そこそこ兼ね備えている

国税専門官の仕事は、脱税が行われていないかチェックしたり、税金の滞納分を徴収したりするというものです。これらは、脱税している側、税金を滞納している側からすると、あまり良い印象を抱かれないお仕事です。それゆえに、良くない態度をとられたり、なんとかごまかそうとされたりする場面に遭遇する可能性があります。そんな時でも、毅然とした態度で、使命感を持って職務にあたらなければなりません。

『 几帳面な性格 』

そこそこ兼ね備えている

国税専門官の仕事の中には、納税の書類のチェックなどの事務的な作業も数多くあります。確定申告のある2月から3月までは、特に膨大な量の書類に追われることでしょう。そんな中で、不正や間違いなどがないか細かく見ていく必要があるため、そのような作業が苦にならない人、几帳面な人は、国税専門官に向いていると言えるでしょう。

『 人と話すのが好き 』

あまり兼ね備えていない

国税専門官は、税金だけを相手にしているわけではなく、税務署内外の人間ともコミュニケーションをとる必要があります。自分の都合だけではなく、相手の立場に立って考えることも必要です。 また、納税者と対話する機会はそれなりに存在します。初めて配属されるのは税務相談、というのは、よくあるケースです。そのような納税者は、税務署で国税専門官と会話する際、これでいいのだろうか、などと、不安に思っていることも多いようで、国税専門官を怖がっていることもあります。使命感を持って仕事に取り組むことは大切ですが、威圧感を与えすぎないよう注意するなど、コミュニケーションを円滑にとれるスキルがあると、相手と協力しながら、スムーズに仕事ができるでしょう。

『 仕事の勉強を続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

そもそも国税専門官には、「国税調査官」「国税徴収官」「国税査察官」の3種類があります。この3つの仕事は分担して行われるのですが、納税者の滞納率などで、忙しい部署が常に変化しています。はじめは国税調査官だったけれど、転勤したら国税徴収官になった、というようなことがしばしばあります。 突然業務が変わった際、できるだけ早期に新しい業務に馴染むためにも、はじめに教わった仕事以外、税務署全体の仕事について勉強していく意識が求められます。

『 指導力がある 』

そこそこ兼ね備えている

国税専門官に使命感は必要不可欠ですが、高圧的に接するだけでは、納税者は納得しませんし、納税してくれません。納得して納税してもらうには、税金について正しく伝える指導力が必要です。

スポンサーリンク

『 法律や数字に抵抗感がない 』

そこそこ兼ね備えている

国税専門官という名前ですので、税金の知識は必須です。それに加え、税金を納める根拠となる、経済学や経営学、商学などの専門知識があると、納税者への説明を論理的に行うことができます。なんとかごまかそうとする経営者と相対した際も、冷静に対応できるでしょう。 また、数字への抵抗感がないことも必須です。難しい数学の問題が解ける必要はありませんが、四則演算ができて、数字アレルギーがないことは大切です。数字を見ただけでめまいがするというようなタイプの人は、国税専門官になるのはやめておいた方がいいかもしれません。

『 精神力が強い 』

兼ね備えていない

国税専門官は、お金が絡む仕事です。よって、市役所職員のように、怒鳴られるようなこともままあるでしょう。精神的にタフであることが求められます。ただし、国税専門官には、法律の盾があります。自分を強く持ち、毅然とした態度で、ここぞというときにきちんと正義感を持って対応できる人は、この仕事に向いていると言えます。

『 公平に判断できる 』

兼ね備えていない

国税専門官は、税金が絡む仕事です。よって、私情を挟む、なんてことはあってはなりません。 また、公平さのために、自分の意見に固執するだけではなく、相手の言い分もきちんと聞く、人間としての器の大きさも必要になってきます。

『 調整能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

普段は声が小さく、物腰が柔らかいが、いざ不正を見つけると、性格が変わったように押しまくる、というような人も実際に存在します。このように、普段の性格では不向きだと自分で考えていても、自分の中でそのような調整ができるという人もまた、国税専門官に向いていると言えます。

『 ストレスをコントロールできる 』

あまり兼ね備えていない

国税専門官は、役所職員、警察官と並んで「嫌われ公務員」などと呼ばれることもある、基本的には煙たがられる存在です。特にはじめの頃は、相談者や納税者と先輩の間で板挟みになることもあるでしょう。強い精神力で仕事をしても、ストレスをそのままにしておくことはできません。 自分なりのストレス発散方法を持っていたり、そもそもストレスを感じにくい、悠然とした態度で過ごせる人、うまく相手を受け流せる人などは、国税専門官に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国税専門官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
国税専門官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 国税専門官に向いているか向いていないか
  • 国税専門官の職業適性度
  • 国税専門官に必要な10の資質
  • 解説で国税専門官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

国税専門官とは?

国税専門官とは国税や税務についてのプロフェッショナルとして国税庁の傘下にある国税局や税務署で働いている人です。

国税専門官には国税調査官、国税徴収官、国税査察官の三種類があります。

国税調査官は個人や企業などの現場を訪問して納税を正しくおこなっているかどうかを調査するのが仕事です。

国税徴収官は納付されていない税金について督促をして納税者に指導をしています。

国税査察官は税金を悪質な形で滞納している人に対して強制捜査や差し押さえなどの対応をするのが仕事です。

このように納税を適切に実施させるための要になっているのが国税専門官です。

国税専門官になるには?

国税専門官になるには国税職員として採用されることが必要です。

国税専門官採用試験に合格すれば国税専門官として働けます。

大学卒業又は高校卒業をしていれば受験資格を満たしますが、試験では税務や法律に関するさまざまな知識が求められるので合格は容易ではありません。

大卒相当の試験では国税だけでなく民法、商法、会計学などの知識の基礎試験に加え、専門能力に関する選択式試験でも合格する必要があります。

個別面接も受けて人格的に問題がないことも確認された上で採用されるという流れになっています。

税務の公正な担い手としての総合力が求められるのが国税専門官です。

国税専門官の給料・年収

国税専門官の年収については国家公務員給与等実態調査を参考にすると、平均年収で700万円程度になっています。

国税専門官は国家公務員なので、公務員の給与規程で定められている税務職俸給表に従って給与が決定されます。

大卒か高卒か、専門業務は何かによって待遇には違いがあるだけでなく、勤続年数による差もあるのが特徴です。

休まずに勤勉に働いて正義感のある仕事をやり通していると評価が上がり、年次昇給の上がり幅が良くなるのが一般的です。

国税専門官になったら誠実な態度で粛々と仕事をこなしていくのが年収を上げることにつながります。

国税専門官の就職・転職先(求人)

国税専門官が働いているのは全国にある国税局または沖縄国税事務所が主ですが、若いうちや経験が浅いうちはそれぞれの国税局・国税事務所の管轄下にある税務署が勤務場所になるのが一般的です。

管轄エリア内で必要とされている人材の状況や採用された人数を考慮して割り振られるため、どの部署で働くことになるかはケースバイケースです。

また、毎年、年度の切り替わりの時点で他の部署に異動になる可能性があります。

能力の高い人や経験を積んだ人は国税庁に勤務することもあります。

職場を自由に選ぶことはできませんが、国税を担う専門員として安定職なのはメリットです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0