理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ナレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ナレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいナレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ナレーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのナレーター適性診断結果

あなたの適性度は47%で、ナレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ナレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ナレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.滑舌が良い
2.感情表現が豊か
3.想像力が豊か
4.自己アピールが得意
5.求められている事をすぐ理解できる
6.朗読が好き
7.地道にコツコツ努力できる
8.色々なことに興味を持てる
9.意志が強い
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ナレーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 滑舌が良い 』

兼ね備えていない

ナレーターは、台本に記載されているセリフを自分の声で表現していく仕事です。したがって、滑舌が良くて声質が優れていることが求められます。もしも滑舌が良くないと、視聴者は何を言っているのか分からないので戸惑ってしまうことになります。誰にでも理解できる聞こえやすい滑舌、明瞭な発音を身に着けることは、ナレーターとして不可欠なことといえます。

『 感情表現が豊か 』

あまり兼ね備えていない

表現力が豊かな方もナレーターに向いていると言えるでしょう。ナレーターの仕事は、自分の声だけで世界観を表現することが求められます。楽しさ、悲しみ、怒り、喜びなど人間が持つ様々な感情を言葉で伝えていかなければいけません。その逆に、いつも同じような声のトーンで喋っている方は感情が伝わりにくいので、ナレーターにふさわしくありません。声で豊かに表現できる方なら一流と認められ、ナレーターとして生き残っていけると言えます。

『 想像力が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

想像力が豊かなこともナレーターとして大切な資質といえます。基本的にナレーターは、台本の細かいニュアンスまで丁寧に声で表現することが要求される仕事です。そのため、台本で表現されている情景を想像力豊かに思い描くことができれば、魅力的なナレーターになれると言えるでしょう。

『 自己アピールが得意 』

だいぶ兼ね備えている

ナレーターの仕事を得るためには、自分でいくつものオーディションを受ける必要があります。駆け出しの頃はナレーターとしての知名度、実績などが一切ないので、自ら自分を売り出して仕事を見つけなければいけません。したがって、自分のアピールポイントを相手にうまく伝える営業力が備わっていることが大事です。とりわけテレビ局のナレーションの仕事の場合、人気度が高いのでオーディションの合格率も低くなります。したがって、ナレーターとしてうまくやっていくには、営業力が非常に大切です。

『 求められている事をすぐ理解できる 』

そこそこ兼ね備えている

ナレーターは、台本をもとに演出家の要望通りに世界観を表現することが求められます。セリフや演出を正しく理解してこそ、映像に命が生まれるといって良いでしょう。つまり、演出家が求めているものを正確に把握する判断力がなければ、一流のナレーターにはなれません。

スポンサーリンク

『 朗読が好き 』

そこそこ兼ね備えている

朗読をすることが好きな人は、ナレーターに向いていると言えるでしょう。基本的にナレーターの仕事のほとんどは、台本に記載されている文章を読むことです。台本のセリフの意味を考慮して、自分なりに声で表現をすることが求められます。つまり、朗読がもともと好きならば技術が自然と向上する上に、仕事に対して熱意を持って取り組めると言えます。

『 地道にコツコツ努力できる 』

あまり兼ね備えていない

ナレーターとして活動するには、地道に努力できることも大切です。ナレーターは、視聴者がスムーズに内容を理解できるように明瞭に言葉を発する必要があります。ナレーションではっきりと話すためには、継続してボイストレーニングを行わなければいけません。ナレーターとして売れたからといってトレーニングを怠ってしまうと、仕事の質が下がってしまいます。周囲からの信用を失うことになるので、継続して努力することが大事です。

『 色々なことに興味を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

色々なことに興味を持てることもナレーターとして大切な資質だと言えます。ナレーションの現場では、様々なジャンルの題材を扱うことになります。全く知識がない題材、今まで体験したことがない題材を扱うことも少なくありません。ナレーターにきちんと知識があるかないか、経験したことがあるかないかで、ナレーションの質が変わってくるのです。したがって、ナレーションにリアリティーを与えるために、何事にも興味を持てることが大事です。

『 意志が強い 』

そこそこ兼ね備えている

意志が強いこともナレーターとして必要なことです。ナレーターという仕事は人気が高く、この仕事だけで生計を立てている人はほんの一握りといって過言ではありません。駆け出しの頃はナレーターの仕事だけでは生活することができず、アルバイトと掛け持ちしながら生活費を工面することがほとんどです。最初は苦労することが少なくないため、絶対にナレーターとして成功するという強い意志を持ち続けることが大事です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

ナレーターは、コミュニケーション力が高いことが求められます。そもそもナレーションの収録現場では、多くのスタッフが納得できるものを作り上げるために熱意を持って仕事を行っています。すなわち、ナレーターの仕事は自分ひとりだけでなく、周囲のスタッフに囲まれて進められているのです。したがって、コミュニケーション能力が高ければすぐに仕事場に馴染むことができ、自分の力量を発揮しやすくなります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのナレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ナレーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ナレーターに向いているか向いていないか
  • ナレーターの職業適性度
  • ナレーターに必要な10の資質
  • 解説でナレーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ナレーターとは?

ナレーターは、映像や画像に合わせて情報を音声で伝える仕事です。

テレビやラジオで定番の仕事ですが、展示会やワークショップなどでもナレーターの役割が重要となります。

基本的には音声のみで全てを伝えなければならず高い表現力が求められます。

バスや鉄道のアナウンスもナレーターが務めていて、公共機関との関わりも深い職業です。

台本に忠実にナレーションを行うことが必須となりますが、抑揚や声色についてはナレーターごとの個性を出すことが認められていてそこに力量の差が出ます。

特徴的な声色はナレーターの大きな武器となります。

ナレーターになるには?

ナレーターに専門の資格などはありません。

しかし、発声等の技術が高くないとナレーターとして就職することが出来ないため、専門学校で学ぶことが重要となります。

ナレーターの専門学校では朗読やボイストレーニングなどのレッスンを受けることが出来ます。

専門学校でナレーションの能力を鍛えた後は就職するか、オーディションに合格するかのどちらかによってナレーターとなることが出来ます。

オーディションは作品ごとに実施されるので、毎回合格しないと仕事がなくなってしまうことに注意が必要です。

特定の企業に所属しながらオーディションにチャレンジする方もいます。

ナレーターの給料・年収

ナレーターはどの作品に出るかによって年収が大きく変わります。

複数の調査によると、一定の仕事を安定してこなしている事務所所属のナレーターであれば、年収は300万円から500万円ほどです。

有名テレビ番組に起用されたり、交通機関のアナウンスに音声を提供したりした場合には収入が跳ね上がることになります。

ナレーターは優れた発声能力を持っているため、洋画の吹き替えなどと兼業する方も珍しくありません。

兼業の場合には年収は800万円以上になることが多いです。

歩合制であることも多いため、1クールごとに収入が変化していきます。

CMのナレーションの仕事が来ると1本で100万円ほどの収入が得られる場合もあります。

ナレーターの就職・転職先(求人)

ナレーターは芸能事務所に所属して仕事を行うケースが多いですが、フリーのナレーターになることも出来ます。

芸能事務所に所属するとナレーション以外の仕事が来ることもあります。

芸能事務所ではナレーターと声優が同じ部門に所属します。

昇進制度などは他の職業に比べて少ないですが、活躍していくことで大きな仕事が舞い込んでくることもあります。

事務所に所属していても決して安泰ではなく、様々なオーディションにチャレンジして自分を多様な企業に売り込んでいくことが大切です。

経験を積むことで新人ナレーターの教育係に任命されることもあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0