理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ネイルアーティストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ネイルアーティストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいネイルアーティストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ネイルアーティストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのネイルアーティスト適性診断結果

あなたの適性度は44%で、ネイルアーティストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ネイルアーティストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ネイルアーティストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.集中力がある
2.負けず嫌いな性格
3.流行に敏感
4.細かい作業が得意
5.接客をするのが好き
6.人を喜ばせたい気持ちが強い
7.努力家
8.提案力が高い
9.視力が良い
10.清潔感がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

ネイルアーティストに向いている人の特徴と言うと、集中力があることが挙げられます。ネイルアーティストは、お客さんの爪の手入れ、美しくデコレーションを施すなど同じ作業を一日に何回も繰り返すものです。同じことの繰り返しで集中力が切れやすいと、仕事が雑になるためにクオリティが低下してしまいます。その結果、お客さんからの信頼を失いかねません。ネイルアーティストとして信頼を獲得するには、長時間の施術も苦にならずに集中して取り組めることが大事です。

『 負けず嫌いな性格 』

だいぶ兼ね備えている

性格が負けず嫌いであるのもネイルアーティストとして必要なスキルです。ネイルアーティストは、爪をきれいに装飾することでお客さんの手を美しくしていく仕事です。技術が未熟だとクオリティが低く、お客さんを満足させられません。その点、負けず嫌いな性格ならば高みを目指して地道に練習できるので、仕事のクオリティを高められます。

『 流行に敏感 』

兼ね備えていない

ネイルのトレンドに敏感である点もネイルアーティストとして活躍する上で重要なスキルです。ネイルのトレンドというのは、日々めまぐるしく変わっていくものです。お客さんの需要に合わせるために、ネイルアーティストは最先端の流行に常にアンテナを張ってキャッチし、それに見合ったデザインのネイルを提供する必要があります。とりわけネイルでお洒落をするのが好きな方はトレンドに敏感に反応するケースが少なくありません。そのため、流行に詳しくないと、ネイルアーティストとしての信頼を失いかねません。

『 細かい作業が得意 』

十分に兼ね備えている

ネイルアーティストに向いている人というと、細かい作業が得意であることも挙げられます。ネイルは面積が少ない場所に施すことになるので、常に細やかさが求められます。一歩間違えてしまうとお客さんの爪を傷つけてしまう恐れもあるので、正確性が大切です。したがって、細かい作業でもイライラすることなく長時間継続するのが得意という方はネイルアーティストに向いていると言えるでしょう。

『 接客をするのが好き 』

あまり兼ね備えていない

接客が好きなのもネイルアーティストとして欠かせないスキルと言えるでしょう。ネイルアートを施す際には、ネイルアーティストとお客さんは一対一で過ごすことになります。何も喋らずに黙々と作業をしていると接客が良くないと判断されて、お客さんを逃してしまう恐れもあるのです。その反対に、気さくに話しかけてくれるネイルアーティストならば、お客さんも気分良く過ごせるでしょう。よって、人と話すことが好きな人、接客が得意という方は向いているといえます。

スポンサーリンク

『 人を喜ばせたい気持ちが強い 』

だいぶ兼ね備えている

自分が何かをしてあげて人を喜ばせたいという気持ちが強い人もネイルアーティストに向いています。ネイルアートを施すことでお客さんが喜ぶ姿に強いやりがいを感じるというネイルアーティストは少なくありません。その気持ちが強ければ強いほど、お客さんにもっと良いサービスを提供したい、もっとうまくなりたいという向上心に繋がります。よって、人が喜ぶ姿にやりがいを感じる人にネイルアーティストは向いています。

『 努力家 』

だいぶ兼ね備えている

努力家であることもネイルアーティストとして重要なスキルです。人気のネイルアーティストになるためには、自分の技術を向上させるために継続して鍛錬する必要があります。ネイルアーティストの中には資格を取ったことに満足して、努力を怠ってしまう方も少なくありません。すると、お客さんからの信頼を獲得しにくくなります。一方、努力ができる人なら他の人に負けないように向上心を持ち続けられるので、ネイルアーティストに向いています。

『 提案力が高い 』

あまり兼ね備えていない

お客さんにぴったりのネイルアートを提案する能力もネイルアーティストにとって重要なスキルです。初めてネイルアートをお店で受ける方の場合、自分好みのネイルアートが分からないことが少なくありません。したがって、安心して施術を受けてもらうために、お客さんの好みのカラー、デザインなどを把握した上で最適なネイルアートを提案する必要があります。1人1人に合った提案ができるネイルアーティストはお客さんに信頼されるため、リピートに繋がります。

『 視力が良い 』

兼ね備えていない

視力が良いこともネイルアーティストの必須条件と言えるでしょう。視力が良くないとピントがきちんと合わないので、質の高いネイルアートを提供できません。手元がぼやけて見えるため、きれいに装飾を施すことができなくなります。

『 清潔感がある 』

そこそこ兼ね備えている

ネイルアーティストとして活躍するためには清潔感があるのも大切なスキルです。服装がだらしなかったり、髪の毛がぼさぼさだったりすると、お客さんは不快に感じてしまいます。したがって、ネイルアーティストとして成功するには身だしなみを清潔にすることが大事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのネイルアーティスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ネイルアーティストに向いているか向いていないか
  • ネイルアーティストの職業適性度
  • ネイルアーティストに必要な10の資質
  • 解説でネイルアーティストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る