理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ミュージシャン適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ミュージシャンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいミュージシャンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのミュージシャン適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ミュージシャンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ミュージシャンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ミュージシャンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が好き
2.音楽のセンス・才能がある
3.地道な努力を続けられる
4.コミュニケーション能力が高い
5.記憶力が良い
6.不遇な生活も楽しめる
7.協調性がある
8.行動力がある
9.目立つことが好き
10.体力に自信がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽が好き 』

あまり兼ね備えていない

ミュージシャンに向いている人の大前提として、音楽が好きであることがあげられます。好きな音楽も、仕事になると楽しいことばかりではありません。作詞や作曲をすることに疲れたり、歌ったり演奏したりすることが嫌になる時期も出てきます。アマチュアとして音楽を楽しむのと、プロとして音楽でお金を稼ぐのは別の話です。そのため、ミュージシャンは心の底から音楽が好きでないと続けられない仕事です。

『 音楽のセンス・才能がある 』

あまり兼ね備えていない

ミュージシャンになるには、音楽のセンス・才能があることが最低条件になります。アマチュア時代は一目置かれていた存在であっても、プロになると自分と同じ、もしくはそれ以上の技術・才能の持ち主がゴロゴロしています。その中でミュージシャンとして肩を並べてやっていくには、技術力や才能が必要です。それに加え、他の人とは違うセンスが光ると、トップミュージシャンへの道が開けるでしょう。

『 地道な努力を続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

ミュージシャンは歌唱力・演奏力に優れているからといって、トップになれるわけではありません。どうやったら売れるのか正解がわからない中で、地道な努力を続けていかなければならないのです。自分の音楽を多くの人に聞いてもらい、世間へ向けてアピールすることが成功へのカギとなります。ストリートライブや小さな会場でのライブ活動などを、腐らずに続けられる人にチャンスが巡ってきます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

ミュージシャンとして活躍するためには、コミュニケーション能力の高さも必要になります。同じバンドのメンバーとコミュニケーションを取り良好な関係を保たなければいけないほか、他のバンドや音楽関係の人とコミュニケーションを取ることで、フェスに参加させてもらえたり、耳よりなオーディション情報を教えてもらえたりすることもあります。縦の繋がり、横の繋がりのどちらとも円滑にコミュニケーションが取ることが求められます。

『 記憶力が良い 』

十分に兼ね備えている

ミュージシャンはライブでは10曲以上、多い時は30曲以上演奏・歌唱することがあるため、たくさんの曲を覚えなければなりません。時にはアドリブで対応しなければいけないため、譜面を見ながらでは追い付かないこともあります。さらに、有名アーティストのバックミュージシャンとして活動する場合は、ライブの演出も覚える必要があります。そのため、ミュージシャンは記憶力の良さも必要な能力となります。

スポンサーリンク

『 不遇な生活も楽しめる 』

そこそこ兼ね備えている

ミュージシャンとしてデビュー後すぐにスターダムを駆け上がれる人は少なく、トップミュージシャンとして活躍する人でも下積み経験のある人がほとんどです。音楽活動よりも、バイトで稼ぐお金の方が多いことなどざらにあります。また、ライブをしても観客が集まらないこともあるでしょう。そんな下積み生活も楽しめ、音楽への原動力にできる人がミュージシャンとしての資質を備えています。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

孤高の存在として君臨するトップミュージシャンもいますが、ミュージシャンには協調性も求められます。アーティストのライブツアーなどに参加しても、他のミュージシャンと折り合いが悪いと次から呼んでもらえなくなることもあります。また、レコード会社の人と協力しながら活動できないと、プロモーションに力を入れてもらえなくなることもあるでしょう。ミュージシャンでも、ある程度の協調性が必要です。

『 行動力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ミュージシャンは、顔を売ることが仕事でもあります。そのため、業界関係者やミュージシャン仲間から誘われた飲み会に参加したり、ライブに顔を出したりとフットワーク軽く行動することも必要です。また、ここぞという時に思い切った行動ができる人がチャンスをつかみ取ることができるため、行動力があることはミュージシャンとしての大きな強みになります。

『 目立つことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ミュージシャンは人前に出る仕事なので、引っ込み思案な人よりも目立つことが好きな人に向いています。学生時代に学園祭でパフォーマンスをしたり、個性的なファッションやヘアスタイルで周りから一目置かれていたりした人は、ミュージシャン向きであるといえます。名前が売れると街を歩いているだけで周りの視線を浴びるようになるため、注目されることにストレスを感じない人のほうが良いでしょう。

『 体力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

ミュージシャンは1日にライブを2ステージすることもあるため、体力も必要になります。また、全国ツアーではライブと移動の繰り返しなので体力勝負になってきます。長期ツアーでも体調を壊さないようしっかり体調管理ができることや、ツアーを全うできる体力求められます。精神的にも肉体的にもタフな人に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのミュージシャン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る