理想の就活/転職のための
自己分析サイト

音楽プロデューサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今音楽プロデューサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい音楽プロデューサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの音楽プロデューサー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、音楽プロデューサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。音楽プロデューサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

音楽プロデューサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が心から好き
2.音楽や芸術について広い関心がある
3.人の魅力を見出すのが得意
4.コミュニケーション力がある
5.人を楽しませるのが好き
6.人やプロジェクトを管理するのが得意
7.リーダーシップがある
8.豊かな発想力がある
9.柔軟な対応力がある
10.信念がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽が心から好き 』

あまり兼ね備えていない

音楽プロデューサーは何よりも音楽が心から好きで、仕事として付き合っていきたいと思う人に向いています。音楽プロデューサーは音楽作品の制作に関して企画をして、いろいろな分野のアーティストたちと付き合いながら仕事をしていくのが特徴です。仕事を通して音楽に触れていきたいと思う気持ちがあり、他の音楽家のスキルや特徴を音楽的な感性で理解できる人が活躍しています。

『 音楽や芸術について広い関心がある 』

あまり兼ね備えていない

音楽プロデューサーは音楽だけでなく芸術全般について広い関心がある人に適しています。音楽DVDなどの企画・制作も音楽プロデューサーが手掛けていますが、ミュージカル作品のように他の芸術と組み合わせた作品を仕上げること少なくはありません。音楽が活躍する現場はたくさんあるので、他の芸術に理解があるとコラボレーションの機会も広がるでしょう。音楽プロデューサーとしての展望を広げる上で重要なのが芸術全般に対する広い興味です。

『 人の魅力を見出すのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

音楽プロデューサーは人や技術について魅力を見出すのが得意な人に向いています。このアーティストの魅力は何なのかを深く考えずとも、直感的に感じ取れる人は天才肌の音楽プロデューサーとして活躍しています。表現力があったとしても表現のセンスは人それぞれ違うので、まったく異なる音楽ができあがるでしょう。音楽の技術ももちろんですが、人まで見て魅力を見出せる人はきっと音楽プロデューサーとして成功できます。

『 コミュニケーション力がある 』

だいぶ兼ね備えている

音楽プロデューサーには高いレベルのコミュニケーション力が求められます。人付き合いが得意でトラブルの経験もあまりないという人は音楽プロデューサーとして活躍しやすいでしょう。音楽プロデューサーは所属先のレコード会社やメディア会社などでさまざまなスタッフやアーティストとコミュニケーションを取りながら企画を作り上げていきます。誰とでもうまく付き合えるコミュニケーション力があると安心です。

『 人を楽しませるのが好き 』

十分に兼ね備えている

音楽プロデューサーは人を楽しませるのが好きな人に向いています。音楽プロデューサーの魅力は音楽商品を制作して世の中に打ち出せることです。企業としては売り上げが伸びて利益になる作品ができあがるのが理想的です。この場合の人とは消費者のことで、世の中の音楽好きが求めていることを調べて作品をプロデュースすればきっと喜んでもらえると思うでしょう。このような取り組みを自然にできるポテンシャルがあるので音楽プロデューサーに適しています。

スポンサーリンク

『 人やプロジェクトを管理するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

音楽プロデューサーはマネジメントスキルがあると有利です。音楽制作の最高責任者として人、物、金のすべてのマネジメントを任されることが多いからです。複数の企画を同時に進行させることもよくあるので、リソース配分を常に考えながら制作を進める必要があります。全体を俯瞰して対応できる人は音楽プロデューサーとして活躍できるでしょう。

『 リーダーシップがある 』

そこそこ兼ね備えている

リーダーシップは音楽プロデューサーに求められる重要な資質です。カリスマ性があって、多くのアーティストが慕うようなセンスと性格を持っているのが理想的です。リーダーシップを発揮して制作を牽引していくのは音楽プロデューサーの大きな役割ですが、特に音楽についての理解があって誰からも慕われる点は重要になります。

『 豊かな発想力がある 』

だいぶ兼ね備えている

音楽プロデューサーは新しい企画を立ててこそ価値がある職種です。今までにはなかったと思われるような発想力があるのが音楽プロデューサーにとって重要になります。今まであった企画と同じようなものを続けているだけでは、世の中があっと驚くような音楽作品はできあがりません。時代の変遷とともにユーザーニーズが変化していることも考慮して、斬新な企画を立てられると活躍できます。

『 柔軟な対応力がある 』

そこそこ兼ね備えている

音楽プロデューサーは柔軟な対応力がある人に向いています。企画を立ててプロジェクトを進行させていたら、会社の方針によって予算が削減されるようなケースもないわけではありません。アーティストが都合で継続して協力できなかったと言う場合もあります。それでも柔軟に対応して企画した作品を完成させる対応力があるのが大切です。

『 信念がある 』

あまり兼ね備えていない

自分には信念があるという人は音楽プロデューサーに向いています。面白い企画を立てて社内会議を通すのは簡単なことではありません。苦境を乗り越えるためには音楽や企画に対する信念があることが大切です。この作品を仕上げればきっと喜んでくれる人が大勢いるはずだ、歴史に残る作品ができるはずだという信念を持って取り組める人は音楽プロデューサーとして大きな成功を上げられるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの音楽プロデューサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る