理想の就活/転職のための
自己分析サイト

音楽講師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今音楽講師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい音楽講師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの音楽講師適性診断結果

あなたの適性度は42%で、音楽講師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。音楽講師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

音楽講師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力がある
2.褒め上手で指導力がある
3.成長意欲や向上心がある
4.音楽が好きで楽しさを伝えたい
5.子供が好き
6.感情表現が豊か
7.スケジュール管理が得意
8.メンタルが安定している
9.忍耐力があり気が長い
10.他人の成長を喜ぶことができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

音楽講師のジャンルにはピアノやギター、コーラスなどいろいろありますが、いずれにしても生徒とのコミュニケーションを取る必要があります。音楽的な技術が高くとも、生徒とうまくやり取りができなければ教えるのが難しいです。年齢層も性格もレベルもさまざまな生徒を相手にする仕事なので、どんな人とでも楽しく会話する力が重要です。相手の様子を汲み取りながら、柔軟に対応していかなければなりません。生徒の立場になり、気配りしながら指導することで生徒からも慕われることでしょう。

『 褒め上手で指導力がある 』

十分に兼ね備えている

音楽講師は生徒に音楽を教える仕事です。欠かせないのは、何といっても指導力です。いくら優れた技術があっても、生徒にその技術を上手く伝えられなければ意味がないのです。レッスンでは生徒の演奏する様子をいろいろな面から細かくチェックして、良い部分は褒めて伸ばしてあげます。直さなければならない部分においては、生徒がやる気を無くさないように上手にアドバイスします。生徒が楽しく学びどんどん上達していくためには、教える力が必須です。褒め上手であり指導力に長けている人は、音楽講師向きです。

『 成長意欲や向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

ピアノ講師になるまでにはそれなりの技術を身に付け、資格も取得しなければいけません。しかし無事にピアノ講師になれたからといって、自身の技術や知識をさらに伸ばそうとする姿勢がなければ講師は務まらないでしょう。なぜなら生徒の中には、真面目に練習してどんどん上手くなって先生を超えてしまうような人もいるからです。また教えるためには指導力も磨く必要があります。向上心や成長意欲がなければ、ずっと音楽講師として続けていくことができないと言えます。今の状態で満足するのではなく、さらに上を目指そうとするモチベーションが重要です。苦手なことは勉強して、できることはさらに追求していく向上心を持っている人が向いています。

『 音楽が好きで楽しさを伝えたい 』

兼ね備えていない

何より音楽好きであることは、音楽講師になるための最も基本と言えるでしょう。そして自身が大好きな音楽を、人に伝えたいという熱い気持ちを持っていることも大切です。こんなにも音楽は素敵なんだよと、身をもって伝えることができるような人であれば、生徒もついていこうと思うはずです。また生徒と一緒に音楽を楽しむことができる人であれば、生徒もレッスンが楽しくてたまらなくなるでしょう。まずは講師自身が、いかに音楽を愛しているかがポイントです。その情熱を全力で生徒に向けることができるかどうかも、良き講師になれるかのポイントです。

『 子供が好き 』

あまり兼ね備えていない

さまざまな楽器は、子供からシニアまで幅広い年齢の人が習いに来ます。しかしながらやはり、子供を教える機会は多いものです。音楽講師になるには、子供好きであることも大切です。大人よりも子供を教えるほうが、やはり難しい点は多いです。なかなか言うことを聞かない子供もいますし、中には泣いてしまうこともあるかもしれません。そんなときにも子供好きであれば、上手に対応して楽しくレッスンができるでしょう。子供と接する仕事がしたいと考えている人であれば、音楽講師になってもきっと人気が出るはずです。

スポンサーリンク

『 感情表現が豊か 』

兼ね備えていない

どんな楽器であっても、リズムに乗って表現豊かに演奏することでより味が出ます。楽譜通りに弾くことも勿論大切ですが、感情の込め方によって聴き手の感動は違ってきます。レベルの高い演者になるには、表現力も磨かなければなりません。そのためにはまず、指導者の講師自身が表現力がなければ始まらないでしょう。ときには笑顔で、ときには悲しみを訴えるように、そんな表現力を持っている人は素敵な音楽講師になれると言えます。

『 スケジュール管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

音楽講師として人気が出てくると生徒数も増えてきます。どんな職場で指導するかにもよりますが、たくさんの生徒のレッスンを受け持つとなるとスケジュール管理が重要です。上手にカリキュラムを組んで、できるだけ多くの生徒と対応したいものです。多忙なときに要領良く、予定を立てる力も音楽講師には必要になってきます。そこには責任感や段取り力といったものも含まれます。

『 メンタルが安定している 』

そこそこ兼ね備えている

他人に音楽を教えるということは、なかなか難しい点もあります。しかしながら講師側の感情や都合などが指導に表れてしまってはいけません。指導者はどんなときであっても、メンタルが安定していることが非常に重要です。例えばその日の気分でコロコロと発言が変わってしまうと、生徒も戸惑います。一貫性がなければ生徒を指導できませんし、そのうち離れていくでしょう。また指導者の心の不安定さは、生徒にも伝わります。音楽を教えるのですから、いつも安定したメンタルで楽しく行うことが何より大事です。日頃から精神面で安定している人は、音楽講師に向いています。

『 忍耐力があり気が長い 』

兼ね備えていない

生徒は性格もレベルも実にさまざまです。一生懸命に指導しても、すべての生徒がその通りに練習するとも限りません。ときには思わずきつい言い方をしてしまう先生もいるのではないでしょうか。しかし先生の言い方がきつかったり注意されてばかりだったりすると、生徒はやめてしまいます。音楽講師としてやっていくためには、どんなときにも笑顔で接する忍耐力が必要です。短気な人には務まらない仕事です。

『 他人の成長を喜ぶことができる 』

だいぶ兼ね備えている

音楽講師の醍醐味のひとつに、生徒がどんどん上手になって演奏を通して活躍する姿を見ることが挙げられます。やはり他人のことを自分のことのように喜べる人は、指導していても面白いでしょう。音楽講師は、他人の成長を喜べる性格であることも適性になります。生徒が頑張って良い演奏ができたときに、一緒になって感動できるような人は素敵な音楽講師になれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの音楽講師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る