理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

MRに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今MRの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいMRに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

MRに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのMR適性診断結果

あなたの適性度は54%で、MRの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。MRを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

MRに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.勉強熱心
2.稼ぐ欲が高い
3.車の運転が苦ではない
4.分かりやすい説明が得意
5.向上心がある
6.人の役に立つことが好き
7.正義感が強い
8.スケジュール管理が得意
9.スーツ着用が苦ではない
10.高い倫理観を持って仕事ができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
MR適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 勉強熱心 』

十分に兼ね備えている

MR(医薬情報担当者)の仕事をするために必須の資格というものはありませんが、多くの人は「MR:Medical Representative(医薬情報担当者)」という認定試験を受けます。資格を持っていなくても仕事はできますが、製薬会社によっては、MRとして働くには資格取得を必須としている会社もあるため、勉強が必要となります。この資格試験は誰もが受けられるものではなく、製薬会社等で「導入教育」を受け修了した人のみが受験できます(MRセンターでの研修受講でも可)。MRとして採用されたあと会社で基礎的な研修を受けそれから受験するケースが多いので、働きながら勉強できる人であればMRに向いていると言えます。またMR認定試験合格後に、自主的に「薬剤師」等ほかの資格を取得する人もいます。MRは、勉強することが苦ではない人に向いている仕事と言えるでしょう。

『 稼ぐ欲が高い 』

兼ね備えていない

MRの給料は高めであると言われています。MRは、「たくさん稼ぎたい!」という目標を持っている人にとって向いている仕事であると言えます。そういった人であれば、高いモチベーションで楽しく働けるでしょう。

『 車の運転が苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

各会社によっても異なりますが、MRの仕事は、車で病院や薬局などを訪問する場合が多いです。「車の運転をするのは好きじゃない…」や、「外回りが多い仕事はきつそう…」などと考えている人には、MRは不向きと言えるでしょう。フットワーク軽く、アクティブに行動するのが好きという人に向いています。

『 分かりやすい説明が得意 』

十分に兼ね備えている

MRは医師などに、正しい医薬品情報を伝えるという役割があります。薬を投与する際に気を付けなければならない患者さん(持病がある人など)についてや、副作用についてなどです。多くの医師は忙しいので、時間がかかりすぎないよう、話をする際には分かりやすく簡潔に説明する必要があります。人にスマートに説明できるという人は、現場で重宝されるでしょう。ただ、最初からうまくできなくても大丈夫です。説明が長くなりすぎないよう意識したり、練習を重ねることによってできるようになってきます。努力で乗り越えるぞという気概のある方であれば、MRの素養があると言えるでしょう。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

次々と新薬が開発されたり、新しい副作用の報告があったりと、MRが扱う情報は常にアップデートされ続けています。こうした情報を漏らさないようにするためにも、MRが参加する勉強会や研修は多い傾向にあります。MRは自社の薬を一通り勉強したら終わり、ではなく、常に最新の知識を吸収しようという向上心がある人に適性があります。

スポンサーリンク

『 人の役に立つことが好き 』

あまり兼ね備えていない

MRは関わる医師などと信頼関係を築いていくために、医師等をサポートする仕事をすることもあります。医師から頼まれた文献やレポートを探すなどといった仕事です。「自分の仕事はここまで」と決めてしまって、サポートなどを面倒だと感じてしまう人の場合、不向きと言えるでしょう。MRは、関わる人の役に立つよう積極的に行動することや、信頼関係を築けるよう多くのコミュニケーションをとることが求められます。

『 正義感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

収集した副作用情報をきちんと医師等に伝えるのもMRの大切な役割になります。重大な副作用であれば患者さんの命に関わることもありますので、伝えにくいことであっても説明しなければなりません。「自分は人々の大切な身体、健康に関わる仕事をしているんだ」という正義感を持って仕事にのぞめる人に、MRは向いています。

『 スケジュール管理が得意 』

十分に兼ね備えている

一日にいくつもの医療機関に出向かなければならないこともあるため、スケジュール管理をきちんとできる人であればMRに向いていると言えるでしょう。医師とのアポイントでは、時間を決めてあっても診療が押してしまって待たなければならないこともあります。不測の出来事も想定した上でスケジュール調整をする必要があります。

『 スーツ着用が苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

MRの仕事は、多くの会社で「スーツ着用」が求められます。「カジュアルな服装やスニーカーで働きたい」という人には不向きでしょう。MRの仕事をしていく上で大切なことは、関わる医療従事者の方たちと信頼関係を築いていくことです。「相手の人からどう見られているか」を意識して、清潔感のあるきちんとした服装で働く必要があるということを認識しておきましょう。

『 高い倫理観を持って仕事ができる 』

十分に兼ね備えている

製薬業界では、製薬協で決められた「コード・オブ・プラクティス」や、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会の「公正競争規約」を守って仕事をしなければなりません。自社の薬品を取り扱って欲しい、他社に勝ちたいという気持ちでやみくもに接待などをすることはできません。MRは、ルールを守って、倫理に反することのないように仕事を進めることが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのMR適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
MR適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • MRに向いているか向いていないか
  • MRの職業適性度
  • MRに必要な10の資質
  • 解説でMRに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

MRとは?

MRは、医師や調剤をおこなう薬剤師などに自社が製造・販売しているお薬に関する情報を提供するお仕事になります。

自社のお薬を直接販売するのではなく、お薬の効果や作用などの特徴をわかりやすく伝えて、数ある中から自社のお薬を選んでもらうように販売促進をする役割があります。

コミュニケーション能力が必要になり、順序だててうまく話すスキルが必要になります。

MRは、医師や薬剤師にアポイントを取って1日中さまざまな病院を訪問します。

また医療機関から医薬品の有効性などや副作用などのフィードバックを受けて、自社の製薬開発に活かしたり、副作用があった場合、厚生労働省へ報告する必要もあります。

MRが扱うお薬はドラックストアや薬局などで販売されている市販薬ではなく、医師が処方をして、薬剤師が調剤をする医療用医薬品になります。

MRになるには?

MRになるためには特別な資格は不要になります。

医薬品を取り扱うので、理系や薬学部を卒業しないと働くことができないと思われがちですが、文系の人でもなることができます。

主な勤務先が製薬会社になるので、大卒以上の学歴が必要になることが多いです。

このため高卒や専門学校卒の学歴では就職することは難しいと言われています。

資格を取得することが必須ではないのですが、現役で働いているMRのほとんどは、MR認定試験を受けています。

MR認定試験に合格すると、医薬品や病気・治療に関する基本的な知識を持っている証明になるので、業務上有利に働きます。

MRの給料・年収

複数の調査からMRの平均年収は、600万円から700万円ぐらいになります。

社会人1年目の年収は最終学歴などによっても変わりますが、350万円ほどになります。

30代後半では平均年収が800万円ほどになり、40代になると平均年収が970万円に大幅に上昇します。

管理職クラスになると年収1500万円ほどが相場になります。

ただし製薬会社によって、昇給の頻度・給与の待遇が異なるので、どうしても個人差が出てしまいます。

また、外資系の製薬会社の場合は、成果主義を取り入れていることが多いので、能力が認められれば、水準の高い年収を貰うことができます。

MRの就職・転職先(求人)

MRは医薬品のスペシャリストになるので、薬局と関係があると思われがちですが、MRの就職先は製薬会社になります。

製薬会社の営業部門に属して、自社のお薬を取り扱います。

またMRの就職先は製薬会社だけではありません。

CSOと呼ばれる会社に所属する方法もあります。

CSOに所属するMRは、CSOと契約している製薬会社などに派遣されて、その企業の社員と同様に営業活動をおこないます。

MRとして転職するには、他社で活かせる資格や経験があると有利になります。

転職先は製薬他社やCSOが多いです。

また異業種からMRへの転職は不可能ではありませんが、薬の知識が乏しいことから採用されにくい傾向にあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0