理想の就活/転職のための
自己分析サイト

映画宣伝に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今映画宣伝の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい映画宣伝に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの映画宣伝適性診断結果

あなたの適性度は60%で、映画宣伝の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。映画宣伝を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

映画宣伝に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.映画が大好き
2.マルチタスクが得意
3.人の話を聞くのが得意
4.気配り上手
5.面白いアイデアを思いつく
6.問題解決能力がある
7.考えるだけでなく実行する力がある
8.誰とでもコミュニケーションができる
9.人よりも多様な経験をしてきた
10.マーケティングの知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 映画が大好き 』

だいぶ兼ね備えている

映画宣伝の仕事は、映画の魅力を多くの人に伝えることです。映画を観ることが好きであれば、多くの映画に触れた経験が活かせます。映画が好きなことは第一の条件ですが、自分の好きなジャンル以外の映画を観ることも多いです。さまざまなジャンルの映画を観ることができる人で、その良さを人に伝えられる人が求められています。時間があればいろいろな映画を観ているという人や、新しい映画をいつもチェックするという人には向いている職業です。

『 マルチタスクが得意 』

十分に兼ね備えている

映画宣伝の仕事は、新作映画の紹介だけにとどまらず、出演者への取材やヘアメイクの手配など、仕事は多岐にわたります。一つのことだけに集中できる仕事ではなく、常に色々なことを同時進行で行わなければならない仕事です。仕事の量は多くなる傾向なので、マルチタスクができる器用さが求められます。仕事の手配ができていなければ、取材などが滞ってしまうことから、優先順位を決めてスムーズに仕事がこなせる人が最適です。

『 人の話を聞くのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

映画宣伝の仕事をする時には、年配者や業界の重要人物と仕事をすることもあります。社会人としての基本的なビジネスマナーが必要です。取材なども多くあるため、人の話をしっかりと聞いて、適切なコミュニケーションができる人が求められます。人の話をしっかりと聞くことで、信用度が増し、人間性も評価されるでしょう。映画宣伝の仕事は、独立してフリーランスとしても仕事ができる職種です。フリーランスで活躍している人には、仕事の信頼度が高い共通点があります。

『 気配り上手 』

あまり兼ね備えていない

業界的に全てが計画通りにいかないのが映画宣伝の仕事。新作映画の宣伝をする時には、トラブルによって仕事が進まないことも多く発生します。そんな時に柔軟に考え、周りの気配りを忘れずに仕事ができる人は映画宣伝の仕事にぴったりです。起こるかもしれないトラブルに対して準備をし、周りのスタッフや関係者のことを考えて行動できれば、トラブルも上手に回避できます。

『 面白いアイデアを思いつく 』

だいぶ兼ね備えている

映画宣伝には、話題性を持たせるために人気タレントを新作のプロモーションに起用することが多いです。新作が出るごとに、他の映画宣伝会社が思いつかないような企画や仕掛けを考えることが必要とされます。学生時代にサークル活動やアルバイトで新しいアイデアを使ってイベントを企画したことがあり、周囲が驚くような面白いことを思いつく人は映画宣伝の仕事にぴったりです。

スポンサーリンク

『 問題解決能力がある 』

十分に兼ね備えている

映画製作側の問題でスケジュールが合わないことや、公開日に間に合わないということが起こりえるのが映画宣伝の仕事です。問題が発生しても、解決策を考えて最適な提案ができる問題解決能力がある人が求められます。失敗しても諦めなかった経験がある人や、粘り強くゴールに向かって努力できる人は映画宣伝の仕事に最適です。

『 考えるだけでなく実行する力がある 』

十分に兼ね備えている

映画宣伝では、映画を観る人の心を動かすことができるかが重要なポイントです。観た人の口コミや感想は興行成績に大きく影響するため、宣伝がしっかりとできる実行力が必要になります。自分の気持ちだけでなく、映画のプロデューサーや配給会社としっかりとコミュニケーションを行い、伝えたいことを的確に伝える力がある人は映画宣伝に最適です。

『 誰とでもコミュニケーションができる 』

あまり兼ね備えていない

映画宣伝の仕事で関わってくるのは、映画製作会社のほか、広告代理店やマスメディア、予告編集会社など。マスコミでも、テレビや雑誌、Web、ラジオなどさまざまな媒体に作品の良さをアピールしなければなりません。取材などで多くの人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるため、人と関わるのが好きな人で、誰とでもコミュニケーションができる人が向いています。

『 人よりも多様な経験をしてきた 』

兼ね備えていない

周囲の人々が感動するような作品に出会うためには、常に仕事への情熱を持っていなければなりません。自分自身に人間的魅力があれば、人にその情熱を伝える時に役立ちます。学生時代にさまざまな人と関わって、自分自身を高めてきた人は、映画宣伝の仕事で自分自身の人間性が役立つ機会があるでしょう。映画宣伝の仕事を通じて、俳優や監督、プロデューサーなど多くの人と出会うチャンスがあります。それらの経験を自分の糧にできる人は映画宣伝の仕事にぴったりです。

『 マーケティングの知識がある 』

十分に兼ね備えている

映画をただ宣伝するだけではなく、観客動員をどうすれば上げることができるのかを考えることは映画宣伝の重要な仕事のひとつです。広告やマーケティング手法などを学んだことがあり、マーケティング力がある人は、その能力が仕事で活かせます。映画の知識だけでなく、マスコミを通してどのようなPR活動をすればいいのか知っておくことが重要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの映画宣伝適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る