理想の就活/転職のための
自己分析サイト

映画監督に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今映画監督の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい映画監督に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの映画監督適性診断結果

あなたの適性度は56%で、映画監督の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。映画監督を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

映画監督に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.何か表現したいものが常にある
2.芸術に興味がある
3.演劇を専門的に学んだ経験がある
4.脚本に興味がある
5.とにかく映画が好き
6.文学が好き
7.テクノロジーに興味がある
8.リーダーシップがある
9.感受性が豊か
10.心身共に常にエネルギッシュ
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 何か表現したいものが常にある 』

あまり兼ね備えていない

映画とは総合的な空間芸術です。映画が芸術であるかぎり、それは表現です。よって、表現することが好きな人は映画監督に向いているといえます。表現には様々な種類がありますが、映画監督の場合はそれを映像で表現することになります。何か表現したいものを持っている人は映画監督の仕事に向いています。その強い欲求が映画を作るうえでの高い意欲につながるのです。

『 芸術に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

芸術全般に興味がある人は映画監督に向いているでしょう。映画は総合芸術ですので、様々な芸術の要素を取り入れることができます。例えば、視覚表現などには絵画の要素を応用できますし、音声での表現では音楽の要素を入れることもできます。また、演劇に関する知識は映画監督の仕事全般において応用できます。多くの芸術の要素を統合することは映画監督の重要な仕事のひとつです。

『 演劇を専門的に学んだ経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

演劇を専門的に学んだ人は映画監督に向いているでしょう。映画監督には俳優出身の監督も多いです。これは、映画監督の仕事は演出の指揮や出演者への演技指導などが大きなウェイトをしめるからです。また、俳優は演技に関する深い知識と経験を持っており映画業界の詳しい事情をよく知っています。これは、映画監督の仕事に大いに生かせます。学校などで演劇を専門的に学んだ人もその知識や理論を映画監督の仕事に生かすことができるでしょう。

『 脚本に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

映画監督がかならずしも脚本を書くわけではないのですが、映画監督は脚本を基にして映画を製作します。また、日本では監督が脚本を書くという伝統があります。脚本に興味がある人は映画監督に向いているといえるでしょう。脚本に関する深い知識や造詣は映画監督が持つべき必須の知識のひとつです。映画は脚本を基に作られており現場を指揮・統括する映画監督がこれをよく知っていることは非常に意味のあることです。

『 とにかく映画が好き 』

十分に兼ね備えている

映画監督は映画の演出をする仕事ですから、まず映画に興味があることが必須条件だといえます。絶え間ない映画への興味は現場での高いモチベーションにもつながります。また、多くの映画を観てきた人は映画を製作する際にそのボキャブラリーを応用することができます。また、様々な映画に関する造詣は質の高い映画を作るうえで必要な要素のひとつです。

スポンサーリンク

『 文学が好き 』

そこそこ兼ね備えている

多くの映画は原作が文学作品の場合があります。だから、普段から文学作品に慣れ親しんでいる人は映画監督に向いているでしょう。しかし、小説とは異なり映画は映像による総合芸術です。文字だけの表現である文学とは異なる点も多くありますが、文学作品に精通していることは映画監督としての基礎体力になるでしょう。また、文学と映画は共通の傾向をもつ部分もあります。文学と絵画や音楽、映画が共通の趣向を基に作られることもあります。例えばシュールレアリスムによる絵画や音楽や文学と映画のように。文学的な素養は映画監督にとって大きな強みになります。

『 テクノロジーに興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

映画ではしばしばその時代の最先端のテクノロジーが使用されます。映像技術もそうですし、音響技術やコンピュータテクノロジーの技術など多くのテクノロジーが使用される映画では監督のテクノロジーへの興味は大きなプラス要素になります。どの部分にどのテクノロジーを使用するか的確に把握していることも重要です。どの、カメラを使用するかということもテクノロジーの使用のひとつです。また、テクノロジーが発展するスピードが非常に速い今日ではより多くのテクノロジーに関する知識を持っていることが求められます。

『 リーダーシップがある 』

だいぶ兼ね備えている

現場で映画の演出を指揮する映画監督の仕事では俳優や女優、各種スタッフを上手くまとめて導く技術が必要になります。そのような意味ではリーダーシップは必須要素といえるでしょう。優れたリーダーシップは優れた現場の空気を作り出します。俳優や女優の個性や質の高い演技を引き出すことも映画監督の仕事のひとつです。

『 感受性が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

映画が芸術である限り監督の感受性は映画の質に大きな影響を及ぼします。豊かな感受性は優れた作品に直結します。また、映画の制作には演出面を含めて監督の様々な感受性が試されます。感受性が豊かであることは芸術の仕事をするうえで必須の要素です。

『 心身共に常にエネルギッシュ 』

あまり兼ね備えていない

現場で指揮を執り、映画の制作をする映画監督の仕事には膨大なエネルギーが必要です。そのような意味でエネルギッシュな人は映画監督の仕事に向いているといえるでしょう。体力などフィジカルなエネルギーも必要ですし、精神面での尽きないエネルギーもまた必要です。映画監督は特にエネルギッシュであることが求められる職業です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの映画監督適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る