理想の就活/転職のための
自己分析サイト

映像クリエイター適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今映像クリエイターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい映像クリエイターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの映像クリエイター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、映像クリエイターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。映像クリエイターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

映像クリエイターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.映像が好き
2.美的センスがある
3.映像の編集スキルがある
4.コミュニケーション能力が高い
5.体力がある
6.他の人の作品を柔軟に参考にできる
7.協調性がある
8.制作意欲が高い
9.人を喜ばせるのが好き
10.チャレンジ精神が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 映像が好き 』

あまり兼ね備えていない

youtubeやニコニコ動画など、動画プラットフォームが増えたことにより映像作品を誰でも作れる環境になってきています。多くの人が映像を撮ることができるので、映像クリエイターになりたいと言う人も多いです。ライバルが多いので夢を叶える前にくじけてしまうかも知れません。映像が好きでなんとしても仕事にしたという方が、映像クリエイターに向いています。

『 美的センスがある 』

あまり兼ね備えていない

映像制作はどの分野であっても、芸術センスを求められます。美的センスだけでなく音楽センスを持ち合わせていなければ、多くの視聴者を惹きつけるものは作れないでしょう。芸術的センスはもって生まれたものと、後天的に身につけていくものとがあります。多くのアートや映像を見ていくことで、センスを身につけていくことができるでしょう。映像クリエイターになりたいなら常日頃からアート作品に触れて行くことが重要になってきます。

『 映像の編集スキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

動画クリエイターには撮影や編集など、様々なスキルを求められます。昨今では映像技術だけでなくcg作成のスキルや動画編集スキルなども必要になります。そういったスキルは一度習得したら終わりというものではありません。人の動画を参考にするなど日々学習していく必要があるのです。同じような映像ばかりでは飽きられてしまうかも知れないので、はやりの編集を取り入れるなどの工夫も必要になります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

映像は共同作業で制作するものなので、コミュニケーション能力は不可欠になります。同じ映像制作を行う仲間はもちろん、外の人間との協力も不可欠です。特にCM制作の現場では、クライアントとの交渉などコミュニケーション能力のほうが求められてきます。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

動画クリエイターには体力も必要になってきます。なぜなら映像の制作には、長時間に及ぶものが多いからです。身体的な体力だけでなく、どんな環境にも対応できるような精神的な体力も必要になります。映像を仕事にしていく場合、納期を守る必要があります。映像作品の制作のためなら長時間の労働も苦にならないという方が、映像クリエイターに向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 他の人の作品を柔軟に参考にできる 』

そこそこ兼ね備えている

趣味で映像を作るのではなく、映像制作を仕事にしていく場合は他人の作品を参考にしていかなければなりません。自分のスキルにこだわらず他人のスキルを取り入れる柔軟さが必要です。ただ映像作品を見るだけでなく、クリエイターは何を伝えようとしているのか・そのためにどういう工夫をしているのかを分析するセンスや能力が求められます。モノマネにならず、得たスキルを自分のものに変換していかなければなりません。真似しすぎてパクリとならない程度のさじ加減ができることも重要です。良い作品を生み出すためには日頃から映像に興味を持ち、観察している人が向いています。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

映像作品では協調性も重要になります。作品を完成させるためには分業が不可欠なので、チームワークができることが必要です。ですから協調性の高い人が映像クリエイターに向いていると言えます。ただ製作作業に邁進するだけでなく、プロデューサーやディレクターの考えや意図を読み取らなければならないのです。

『 制作意欲が高い 』

だいぶ兼ね備えている

映像クリエイターという職業は、映像に関連する作品を作っていく仕事です。ものを作ることが仕事となってくるので、造りたいものが豊富な方が向いていると言えます。作品が人によく伝わるためには、熱意を込めて作る必要があります。どうしても伝えたいことがある人のほうが、伝わる作品を作れるようになるでしょう。映像制作と一口に言っても、少数で制作するものから映画のように大人数で撮影するものもあります。どんな規模でも映像制作なら携わりたいというマインドの持ち主が、この仕事に向いていると言えます。

『 人を喜ばせるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

映像制作だけに限らないのですが、ものづくりに従事する人は他人を喜ばせるのが好きな人が向いています。友人や恋人に対してサプライズをすることが苦にならない人などが当たります。仕事が絡まなくても自分が制作した映像で人を喜ばせたいと考える人は、クライアントの要望を叶えるためにも努力を重ねられるでしょう。

『 チャレンジ精神が高い 』

あまり兼ね備えていない

映像制作を始めとするものづくりを行う仕事は、常に新しいことを行える・発見していくことが求められます。他人の指示を待っているのではなく、自発的に行動しクライアントに提案していく姿勢も大切です。常に未知の領域に挑戦していかなければならないので、リスクを取り労力をいとわず挑戦し続けることがクリエイターには求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの映像クリエイター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る