理想の就活/転職のための
自己分析サイト

原型師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今原型師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい原型師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの原型師適性診断結果

あなたの適性度は53%で、原型師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。原型師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

原型師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.地道な作業が得意
3.根気強く作業を続けられる
4.コミュニケーション能力が高い
5.責任感が強い
6.モノ作りが好き
7.パソコンの扱いに慣れている
8.空間の把握能力が高い
9.様々な分野に精通している
10.交渉術を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

原型師の仕事はパソコンを扱う業務が増えてきていますが、制作するものによっては手作業を避けられないケースもあります。またパソコン作業をメインとした業務を進めていても、最終的な微調整は手作業で行うことも珍しくありません。そのような手作業の仕事では手先の器用さが重要なポイントとなります。そのため手先が器用な人が原型師には向いていると考えられます。

『 地道な作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

手作業でもパソコン作業でも原型師の仕事は地味なものが多いです。地道にコツコツと作業を進めていくことで作品を完成させていきます。1日や2日で作品が完成するような仕事ではないため、1日1日の積み重ねが重要になるでしょう。そのため地道に作業をこなしていくのが得意な人ほど、原型師に向いていると考えられます。地道な努力が原型師の売れっ子になる近道かもしれません。

『 根気強く作業を続けられる 』

あまり兼ね備えていない

原型師はメーカーからの依頼を受けて、その注文に沿った作品を作る必要があります。メーカーからの注文は簡単なものばかりではありません。中には難易度の高い仕事や無理難題に近いレベルの仕事を依頼されるケースもあります。それでもメーカーの指示に逆らえないケースが多いので、どんなに難しくても根気強く作業を続けていくのが重要です。どんな状況になっても諦めることなく、根気強く作業を続けていける人が原型師に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

原型師はメーカーとのコミュニケーションが多い職業です。どのような作品を作ってほしいのか、作品の納期はいつになるのか、何処に強いこだわりを持っているのかといった部分で原型師とメーカーは互いの意見を交換していきます。細かい部分まで丁寧なコミュニケーションを取っていなければ、完成品がメーカーの思う仕上がりにならない可能性も出てきます。そのようなミスを避けるためにもコミュニケーション能力は高めておく必要があるでしょう。元々コミュニケーションには自信があるという人は、原型師に対する適性が高いです。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

原型師が途中で仕事を投げ出してしまうとメーカーは作品を受け取れません。作品を受け取れないと、メーカーは作品を待っている消費者からクレームを受けてしまうことも考えられます。原型師に制作費を先払いしていると、メーカーだけが損をしてしまうことになるでしょう。そうなると次からは仕事を依頼してもらえない可能性が高くなります。この仕事はメーカーと原型師の信頼関係が重要になるので、引き受けた仕事は責任を持って最後までやり遂げるのが大切です。責任感の強い人ほど原型師に向いているでしょう。

スポンサーリンク

『 モノ作りが好き 』

十分に兼ね備えている

モノ作りに対する情熱を持っていなければ、この仕事は長続きしないケースも多いでしょう。同じような作品を作り続けなければならないこともあります。それによってモノ作りの情熱が冷めてしまう人もいますが、原型師として働き続けるためにはモノ作りへの情熱と愛情が大切だと言えます。そのため小さい頃からモノ作りが好きだという人ほど、原型師としての適性が高いと考えられます。

『 パソコンの扱いに慣れている 』

兼ね備えていない

原型師は元々は手作業でモノを作っていくことが多い仕事でしたが、パソコン作業でモノを作っていく会社がどんどん増えてきています。そのため原型師として働き続けたいのであれば、ある程度はパソコンを扱えるのが重要になっているでしょう。作業内容によってはプログラミング技術も求められるので、プログラミング言語を学んでおくのも効果的です。パソコンの扱いに慣れている人は原型師としての適性も高いです。

『 空間の把握能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

原型師は立体的なものを作り上げていくことが多いです。またメーカーから依頼されているサイズ感のものに仕上げるのも重要なポイントになるでしょう。このようなことを考えたときに大切だと言えるのが、空間の把握能力です。空間把握の能力が高いと立体的な造形が行いやすく、メーカーからの指示に沿ったサイズ感の作品を作りやすいでしょう。空間の把握能力が高いと言われた経験のある人は、原型師に向いています。

『 様々な分野に精通している 』

そこそこ兼ね備えている

原型師は様々なジャンルからモノ作りを依頼されます。アニメのフィギュア制作を依頼されることもあれば、リアリティーのある車の模型を作ってほしいと言われることもあるでしょう。場合によっては食品サンプルの仕事を依頼される可能性も考えられます。このように様々なジャンルの仕事を依頼されるので、あらゆる分野に詳しい人が活躍できる職業です。様々な分野に精通しているという自信を持っている人は、原型師に向いているでしょう。

『 交渉術を持っている 』

あまり兼ね備えていない

原型師はフリーランスとして働くケースも多い職業です。メーカーからの依頼に沿った仕事を進めていくことになりますが、何でも指示通りにしているばかりでは自分が苦しくなります。中にはフィギュアの造形に明るくない人が仕事を持ってくることもあるので、無理難題を押し付けられるリスクもあるでしょう。そのような状況で重要なのが交渉術です。上手く交渉を進めていくことで、無理難題を回避して自分のやりやすいような依頼内容で契約できる可能性が高まります。交渉術を持っている人はフリーランスの原型師としての適性が高いと考えられます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの原型師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る