理想の就活/転職のための
自己分析サイト

モデラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今モデラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいモデラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのモデラー適性診断結果

あなたの適性度は55%で、モデラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。モデラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

モデラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.3DCGソフトの操作経験がある
2.コンピュータの基本的な知識がある
3.イメージを形にするのが得意
4.謙虚に学ぶ姿勢がある
5.チームメンバーと上手く協調できる
6.細部にこだわって仕事ができる
7.想定外のトラブルにも慌てない
8.映画や漫画の深い知識がある
9.良い意味で妥協が出来る
10.観察眼がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 3DCGソフトの操作経験がある 』

だいぶ兼ね備えている

モデラーの仕事は、3DCG制作ソフトを活用します。モデリングを効率的に行うためには、業界標準のソフトウェアの操作経験が必要です。ソフトのどこをどのように操作すれば良いのか、作業内容を修正したい場合はどうすべきか等、感覚的にソフトの仕様を理解しておかなければいけません。専用のショートカットキーを覚えたり、他のソフトとの互換性を知る事も大切です。

『 コンピュータの基本的な知識がある 』

兼ね備えていない

コンピュータリテラシーがモデラーには求められます。モデリング作業中、突然パソコンにトラブルが起きた時、OSやハードウェアに詳しい知識があれば冷静に対処が出来ます。故障した部品を素早く特定して交換したり、ソフト面の不具合にスピーディに対応出来たりと、問題の自己解決が出来れば効率的にルーチンワークが行えます。

『 イメージを形にするのが得意 』

兼ね備えていない

クライアントやチームメンバーと話す際、共通のイメージがあった方がコミュニケーションがスムーズに進められます。曖昧な表現や抽象的な言葉だけでは、綿密に会話を重ねても双方に誤解が生まれやすいです。打ち合わせの際、完成予想図をその場で形に出来るスキルがあると便利です。粘土を使って大まかなキャラクター像を作ったり、紙とペンでシンプルなアイデアを分かりやすく書き出す等、工作や美術系の技術がモデラーには求められます。

『 謙虚に学ぶ姿勢がある 』

だいぶ兼ね備えている

3DCG制作の分野は、物凄い勢いで進化を続けています。学生時代に学んだノウハウやテクニックが数年後には、時代遅れになっていても不思議ではありません。キャリアを積み重ねても謙虚に新しい技術や最新の3DCGソフトの知識は学び続けなければいけません。今、業界標準で運用されているソフトウェアも更にイノベーションが起きたら過去の物になります。独学で新製品の使い方、次世代の3D表現等を吸収し続ける姿勢がモデラーには要求されます。

『 チームメンバーと上手く協調できる 』

そこそこ兼ね備えている

アニメーション作品やゲーム作品の3DCG制作は、チームで進めます。モデリングの作業自体はいわゆる個人競技のようなものですが、制作作業全体はチーム単位で進めるため、常に綿密なコミュニケーションが求められます。一般企業のサラリーマン同様に報告、連絡、相談を適時行わなければいけません。スタンドプレーに走らずチームメンバーと歩調を合わせて作業する姿勢が求められます。

スポンサーリンク

『 細部にこだわって仕事ができる 』

そこそこ兼ね備えている

モデラーの仕事は、2Dで表現された図案やイラストを3DCGに置き換える事です。原案である図案やイラストを正確に立体化する技術が必要です。キャラクターの身長やシルエット、髪の毛や衣装などを読み解き、違和感が無いように再構成しなければなりません。2D表現では自然体に見えたキャラクターも立体に置き換えると急に細部に違和感が生じる事があります。ただ忠実に立体化するだけではなく、自然体に見えるようにアレンジを加えるテクニックも要求されます。

『 想定外のトラブルにも慌てない 』

そこそこ兼ね備えている

アニメ制作やゲーム制作の現場は、常にスケジュールに追われています。クライアントやチームメンバーの都合で想定していたよりも作業量が増えていたり、スケジュールが前倒しになる等、想定外のトラブルが起きやすいです。そういったピンチの時に右往左往せず、落ち着いて作業が出来る冷静さがモデラーには求められます。

『 映画や漫画の深い知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

3DCG制作と映画や漫画の知識は直接は関係がありません。ただキャラクターの動作や表現を考える際に、映画や漫画の登場人物の動きや顔は参考になります。演出やレイアウトを考える際にもサブカル関連の知識があった方がイメージを浮かべやすいです。まんべんなく詳しくなる必要はないですが、いわゆる名作映画や有名漫画に触れておけば、打ち合わせの際、共通のイメージが持ちやすくなるでしょう。

『 良い意味で妥協が出来る 』

そこそこ兼ね備えている

3DCG制作はハイスペックなソフトとハードで作業を行います。物理的な制約が無い為、モデラーがこだわればこだわる分だけ、いくらでもキャラクターや背景のリアリティーの追求が出来てしまいます。もちろんリアル感を追求する事自体は良いですが、精密過ぎる3Dキャラや背景を表現するためにはハイスペックなハードがユーザー側に要求されます。クライアントやエンドユーザーの負担を制作中に考え、良い意味でクオリティやリアリティー追求の妥協が出来る柔軟さがモデラーには必要です。

『 観察眼がある 』

十分に兼ね備えている

モデラーには観察眼が必要です。ライオンはどのように走るのか、ハクチョウはどうやって空に飛び立つのか、人間が重たい荷物を持とうとしたらどんな格好になるか等、3Dアニメを制作するためには動きの研究が不可欠です。普段からヒトや動物、そして自然現象へ貪欲に目を光らせる観察眼があると自然な動作が表現しやすくなります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのモデラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る