理想の就活/転職のための
自己分析サイト

モデルに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今モデルの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいモデルに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのモデル適性診断結果

あなたの適性度は56%で、モデルの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。モデルを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

モデルに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.注目されることが好き
2.自己管理能力に長けている
3.度胸がある
4.表現力やカリスマ性がある
5.ファッションや美容への興味がある
6.チャレンジ精神がある
7.指示待ちでなく何事も自発的に取り組める
8.体力と根気がある
9.コミュニケーション能力が高い
10.芸能界や美容・ファッション業界に興味がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 注目されることが好き 』

あまり兼ね備えていない

モデルの本来の役割は、商品を宣伝することです。有名モデルになれば、テレビ番組への出演やSNS発信などを通して、モデル自身をアピールする機会も多いかもしれません。しかし、最初から有名モデルにはなれませんので、まずは「雑誌やSNSなどの様々な媒体やイベントを通して、商品の魅力を伝えること」を積み重ねていく必要があります。その上で、「人から注目されることが好き」つまり「被写体として人から注目されたいという気概がある人」はモデルに向いています。

『 自己管理能力に長けている 』

あまり兼ね備えていない

自己管理能力はモデル必須の能力です。一般的に「モデル」と言われてイメージすると、引き締まった体に手入れされた髪の毛、綺麗な肌に豊かな表情などの特徴を挙げる人が多いように思います。商品の魅力をアピールするという役割を果たすためには、被写体も一定以上は美しくある必要があります。多様性が尊重される現在において、高身長かつスレンダーであることを厳しく求める風潮は以前よりは薄くなっています。しかし、依然として外見に対するハードルは高く、自分に求められる外見を維持することは必要です。また、外見だけではなく、健康面やメンタル面も含む、総合的な自己管理能力が求められます。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

屋外での撮影の場合、通行人に見られながら撮影することもあります。また、ファッションショーでは、大勢の観客に集中して見られる中、スポットライトを浴びながらランウェイを歩きます。どのような環境においても恥ずかしがらずに堂々と振る舞う度胸が必要です。最初からファッションショーに耐えられる度胸を持つ必要はありませんが、度胸がない人はモデルとして活躍することは厳しいでしょう。

『 表現力やカリスマ性がある 』

だいぶ兼ね備えている

抽象的な項目ですが、表現力もカリスマ性もモデルとして備えておくと良い特徴です。モデルになるとこれらは自然と鍛えられるため、最初から必ず備えておく必要はありません。しかし、最初から表現力やカリスマ性がある人は、モデルをする上で有利に働くでしょう。

『 ファッションや美容への興味がある 』

十分に兼ね備えている

ファッションや美容への興味は美意識にも直結します。ファッションや美容への興味がない人でも、モデルはできるかもしれません。しかし、ファッションや美容への興味があり、知識もある人はモデルに向いています。

スポンサーリンク

『 チャレンジ精神がある 』

そこそこ兼ね備えている

モデルを目指すというだけで、チャレンジ精神旺盛であると思われます。自分の夢や目標に向かってチャレンジし続けることが求められます。

『 指示待ちでなく何事も自発的に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

モデルには様々な仕事があります。それと同時にモデルになりたい人もたくさんいます。その中で、自分がやりたいことや叶えたいことを実現するためには、主体性が必要不可欠です。最近ではインスタグラムやユーチューブなどのSNSを通して、自分をアピールするモデルも多くいます。オーディションに合格して多く起用してもらうために、自分をブランディングしていくことが大切です。そのために、自分がやりたいことや叶えたいことが明確で、実現のために積極的に行動できる人はモデルに向いています。

『 体力と根気がある 』

だいぶ兼ね備えている

「ファッション雑誌では、冬服の撮影を夏に行い、夏服の撮影を冬に行う」というエピソードを聞いたことがあると思います。加えて、早朝から夜遅くまで一日中撮影をすることもあります。以上のエピソードからでも十分わかる通り、モデルとして活躍するには体力が必要です。また、全ての職業に共通することですが、モデルの仕事もすぐに結果が出る仕事ではないため、根気強さも必要不可欠です。華やかな職業に見えますが、実際は、徹底した自己管理や商品の魅せ方の研究など、地道な努力を根気強く積み重ねることが必要です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

モデルとして仕事をする上で、カメラマンやスタイリスト、先輩のモデル、雑誌のスタッフなど多くの人と関わります。仕事相手への礼儀正しい振る舞いはもちろん、相手が自分に求めていることを汲み取る能力や、「自分とまた仕事をしたい」と思ってもらえる力も必要です。

『 芸能界や美容・ファッション業界に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

ファッション雑誌のモデルが、バラエティー番組やドラマに出演して有名になったり、カラコンやコスメなどをプロデュースしたりという光景を何回も見たことがあるのではないでしょうか。もちろん、モデルとして一流を目指すという道もあります。それと同時に、テレビタレントや女優、美容・ファッション業界のプロデューサーなど、芸能界や美容・ファッション業界における次のキャリアへの登竜門としてモデルを目指すという道もあります。モデルとしてのキャリアをどのように生かせるか、という視点も大切にしましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのモデル適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る