理想の就活/転職のための
自己分析サイト

助産師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今助産師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい助産師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの助産師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、助産師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。助産師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

助産師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.思いやりを持って相手に寄り添える
2.知識や技術の習得に貪欲
3.体力に自信がある
4.精神的にタフ
5.冷静で判断力に優れている
6.協調性がある
7.責任感が強く諦めずに最後まで取り組める
8.人の世話をするのが好き
9.コミュニケーション能力が高い
10.赤ちゃんが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 思いやりを持って相手に寄り添える 』

あまり兼ね備えていない

妊娠中や出産後の女性は何かとデリケートになりがちで、情緒不安定になる人も多いです。思うようにいかずイライラが募ったり、不安感が増すと、つい助産師に八つ当たりをしてくるかもしれません。そんな時にそっと相手の心に寄り添い、話に耳を傾けて一緒に解決策を考えようとしてくれる助産師は、弱っている人達にとって頼りになる存在となります。仕事だから仕方無しに話を聞いてあげる、アドバイスをしてあげるという態度では相手に見透かされてしまうので、普段から人のことを思いやれる、広い心を持った人が助産師に向いていると言えます。

『 知識や技術の習得に貪欲 』

あまり兼ね備えていない

医療は日々進歩しています。学生時代に学んだ内容だけを頼りに仕事をしていては、時代の流れにとり残されてしまうかもしれません。そのため助産師として働き始めても、常に最先端の知識や技術を習得していく事が大切です。働きながらの勉強は決して簡単ではないですが、もっと知識をアップデートしたい、助産師として成長していきたいという気持ちが強い人なら努力を続けられます。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

人によってはお産が深夜になったり、20時間以上に及ぶ難産となるケースもあります。妊婦さんもクタクタな状態ですが、サポート役を担う助産師も眠たい、疲れたからといって休む訳にはいきません。いつ本格的な陣痛が始まるのかわからないため、常に緊張感を持ちながら妊婦さんに寄り添う必要があります。また無事に出産が終わった直後に新たに陣痛が始まった妊婦さんがいれば、休む間もなく対応しなければいけません。勤務スタイルは不規則、かつ超過勤務もありえるので、とにかく体力が求められる仕事です。

『 精神的にタフ 』

だいぶ兼ね備えている

助産師は「命の誕生」に立ち会える神秘的な仕事ですが、いつも健康で元気な赤ちゃんと対面できる訳ではありません。流産や死産といった悲しい場面に遭遇する事もあるのです。感動的な瞬間に立ち会えると思っていた中でのショックな出来事はダメージも大きいですが、何か起こる度に気持ちが沈んでいては仕事になりません。どんな結果になろうとも弱気にならず、目の前にある仕事をこなしていけるタフさを持ち合わせておく必要があります。

『 冷静で判断力に優れている 』

十分に兼ね備えている

出産は命がけとよく言われます。順調に進んでいると思いきや、分娩中に突然母親の血圧が上昇したり、出血が止まらないといった事態に陥ることもあるのです。もちろん医療的処置を行うのは医師の役割ですが、何かしらの異変にいち早く気付けるのは、近くで見守っている助産師です。オロオロせず冷静に、まず何をすべきかを判断できる能力が備わっていれば、その瞬間のベストを尽くせます。妊婦さんからはもちろん、職場の同僚からも頼られる存在になるかもしれません。

スポンサーリンク

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

一般的なお産は医師が一人と直接介助をおこなう助産師が1人、そして生まれてきた赤ちゃんを受け取る助産師(看護師)が1人の3人体勢です。妊婦さんの出産が少しでも楽になるように、赤ちゃんの負担が少なく済むように、3人が気持ちを一つにして出産に臨まなければいけません。つまり「協調性がある」というのも、助産師として必要な資質です。相手の立場や状況を考えて動いてくれる人となら一緒に仕事もしやすく、現場では重宝されます。

『 責任感が強く諦めずに最後まで取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

出産の際に直接介助にあたる助産師は、陣痛の痛みを和らげるようマッサージしたり、医師に処置を促すなどお産の進行をコントロールする役割を担ってます。また産婦人科ではなく助産院で勤務する場合は、助産師が中心となって妊婦さんや生まれてくる赤ちゃんのサポートを行います。いずれにしても、自分が持っている知識と技術を総動員して安心安全な分娩に導かなければいけません。人の命を預かる立場であることから、責任を持って、どんな局面でも諦めずに取り組める姿勢が必要となります。

『 人の世話をするのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

陣痛で苦しむ妊婦さんにはマッサージや声かけで心身のサポートを行います。そして無事に出産した後は、母乳指導や母体指導、赤ちゃんの保健指導といったお世話が待ってます。決して派手な仕事ではなく、一生懸命に妊婦さんのサポートをしても、ありがとうなど感謝の言葉をかけられる事もないかもしれません。つまり助産師は、見返りを求めず人のお世話をするのが好きな人に向いている仕事とも言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

助産師にはコミュニケーション能力が必要不可欠です。医師や看護師とは出産に向かって一緒に仕事をしていく事になるので、連絡や相談、報告はこまめに行わなければいけません。苦手意識があると必然的に会話の量も減ってしまうため、距離を近づけようと歩み寄る姿勢が大切です。また助産師が話をするのは同僚だけではありません。妊婦さんや家族と話をする機会もあります。特に妊婦さんは気持ちがナーバスになりがちなので、気持ちの変化に気付くためにも日頃からコミュニケーションをとっておく事が必要なのです。

『 赤ちゃんが好き 』

あまり兼ね備えていない

無事に生まれてきた赤ちゃんには、ミルクをあげたりオムツを変えるなどのお世話を行います。日によっては、一日に何人もの赤ちゃんの相手をしなければいけないかもしれません。常に誰かしら泣いている中での作業となるので、赤ちゃん好きというのも助産師に必要な資質になります。もし赤ちゃんが大好きで、見ているだけで癒されるというタイプなら、毎日新生児と関わることが出来る環境は最高の職場と感じるかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの助産師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る