理想の就活/転職のための
自己分析サイト

医療秘書適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今医療秘書の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい医療秘書に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの医療秘書適性診断結果

あなたの適性度は56%で、医療秘書の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。医療秘書を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

医療秘書に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.几帳面で正確に仕事をこなす
2.コミュニケーション能力が高い
3.医療への関心が強い
4.臨機応変に対応できる
5.事務作業に必要なパソコンスキルがある
6.基本的なビジネスマナーを心得ている
7.気配りができる
8.向上心がある
9.裏方としての仕事が好き
10.普段から身だしなみに気を使っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 几帳面で正確に仕事をこなす 』

あまり兼ね備えていない

医療秘書は医療事務や医師のスケジュール管理、医療関連機関との対応など、様々な業務を行います。こなす仕事の量も多いうえに、ミスをすると医療従事者の業務が滞ってしまうため、医療秘書は几帳面かつ正確に仕事をこなせる人に向いている仕事です。複数の業務を同時に行う場合は、優先順位を決めて的確に進めていかなければなりません。大雑把な性格の人には務まらない仕事です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

医療秘書は、医師の代わりに電話やメールで対応したり、取引先の医療関係者が来院した際には応対したりしなければなりません。人との関わりが多い仕事であるため、高いコミュニケーション能力が求められます。肩書の異なる様々な人と対峙することが多いため、単にコミュニケーションが取れるだけでなく、相手に合わせた対応ができることも大切になります。

『 医療への関心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

医療秘書は直接的に医療に関わる仕事ではありませんが、医療従事者を事務的にサポートする中で医療用語などを耳にする機会がたくさんあります。伝言を伝えなければならない時など、専門用語を知らないと間違った情報を伝えてしまう可能性もあります。業務を円滑に行うためにも、医療秘書は医療に関心がある人に向いている仕事です。医師と同様の高度な知識を持つ必要はありませんが、医療について学ぼうという姿勢は大事です。

『 臨機応変に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

医療秘書は医療従事者が円滑に業務を進められるようサポートする仕事です。そのため、医師や看護師、その他のスタッフが何を求めているのかを察し、対応する能力が求められます。与えられたタスクがあれば、どのように行うと効率的であるか、スムーズに業務ができるかを考え、臨機応変に行う必要があります。広い視野で全体を見まわし、相手のことを考え業務を遂行できる人に向いている仕事です。

『 事務作業に必要なパソコンスキルがある 』

十分に兼ね備えている

医療秘書は事務作業も仕事の一環であるため、パソコンスキルがマストになります。患者さんの情報入力や診療報酬請求業務、スケジュール管理など、事務作業のほとんどはパソコンで行います。医師のために学会の資料を作成することもあるため、WordやExcelはもちろん、PowerPointを扱える方が好ましいでしょう。医療秘書の求人においては、応募条件にExcelが組み込まれていることもよくあります。

スポンサーリンク

『 基本的なビジネスマナーを心得ている 』

そこそこ兼ね備えている

医療秘書は医師に代わりメールや電話などの対応をすることから、ビジネスマナーを心得ていることも必要になります。適切な敬語が使えなかったり、ビジネスメールの定型的な書き方が分からなかったりすると、医師や病院の印象を下げてしまいかねません。病院に訪れた医療関係者の対応をする時にも、正しい礼儀作法が求められます。病院の顔として対応していることを自覚し、正しいビジネスマナーを身につけなければいけません。

『 気配りができる 』

そこそこ兼ね備えている

医療秘書は関係機関や医療従事者、患者さんとの橋渡し役も務めるため、それぞれの立場を理解してサポートしなければなりません。どうすればそれぞれの役に立てるかを考え、行動する必要があります。そのため、医療秘書は細かい気配りができることが重要なスキルとなります。相手のことを考えて行動できる人が、医療秘書の資質を備えています。

『 向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

医療は日々進歩しており、新しい治療法や薬なども開発されています。また、医療関連の法律も改定されることがあり、古い知識のままでは正しく事務を行えないこともあります。医療秘書は、医療に関わる仕事として医療についての知識を深める努力をするほか、医療秘書としてのスキルを向上させることが求められます。医療秘書として働き始めたからといってその立場に胡坐をかくのではなく、向上心を持って仕事に打ち込む人材が評価されます。

『 裏方としての仕事が好き 』

そこそこ兼ね備えている

医療秘書はスケジュールを管理したり、事務作業をしたりと、裏に回ってサポートする仕事です。患者さんから直接感謝されたり、病気が治って喜ぶ姿を目にしたりすることは少ないため、裏方的な仕事が好きな人に向いています。医師のスケジュールを管理して円滑な診察スケジュールを組んだり、医療従事者の負担を少なくしたりすることにやりがいを感じる仕事になります。

『 普段から身だしなみに気を使っている 』

あまり兼ね備えていない

医療秘書は事務仕事よりも来客の対応の方が多い仕事でもあるため、身だしなみが良いことも必要な資質です。医療機関で働く者として、清潔感のある見た目であることが大事です。派手な色に髪の毛を染めたり、長く伸ばした爪にゴテゴテとデコレーションなどするのはもってのほかです。ナチュラルで好感度の高いスタイルが求められます。個性的なヘアスタイルやメイクを楽しみたい人には向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの医療秘書適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る