理想の就活/転職のための
自己分析サイト

機械設計に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今機械設計の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい機械設計に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

機械設計に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの機械設計適性診断結果

あなたの適性度は46%で、機械設計の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。機械設計を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

機械設計に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.機械が好き
2.モノづくりが好き
3.仕事を通して学び続ける意志がある
4.細かい作業が得意
5.長時間のデスクワークが苦でない
6.根気よく作業を続けられる
7.創造的な仕事が好き
8.同じ仕事に長期的に取り組める
9.PCや設計ソフトの扱いに精通している
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 機械が好き 』

兼ね備えていない

機械を扱う職業なので、機械が好きでないと仕事として続けていくのが負担になりやすいです。機械に対して興味や情熱のある人は、自分から率先して技術や知識を習得します。また、仕事の中に楽しみや、やりがいを見つけることもできるでしょう。一方で機械に対して関心が薄く義務感のみで機械設計の仕事を続けていても、ストレスが溜まりやすく短期間で退職してしまう可能性が高くなります。仕事として機械設計に取り組んでいくなら、まず何よりも機械が好きであることが重要です。

『 モノづくりが好き 』

あまり兼ね備えていない

ものづくりが好きな人も機械設計に適性があります。新しい物を生み出したり、機械の構造や仕組みを調べるのが好きな人は機械設計の仕事にも積極的に取り組みやすいでしょう。自ら設計した製品が形になり、実際に役立っているのを見て楽しめるような人は、やりがいを持って機械設計の仕事を続けられます。特に半年~1年以上掛かるような大きなプロジェクトを成功させた際には、大きな達成感を得ることができるでしょう。

『 仕事を通して学び続ける意志がある 』

十分に兼ね備えている

機械設計の業務を始めるためには、幅広い知識や技術を身に付ける必要があります。実際に仕事を始めてからも、現場で覚えなければならないことも多いです。その上、機械設計の技術は日進月歩で進歩を続けており、最新の知識も常に取り入れ続けなければなりません。学習を苦痛に感じる人はあまり向いていないでしょう。一方で普段から機械について学ぶのが好きで、終わりのない学習を続ける意志のある人は機械設計に向いていると言えます。

『 細かい作業が得意 』

十分に兼ね備えている

機械設計の実務では自ら試作品を製作する機会も多いです。試作にはミリ単位の繊細な作業が必要で、しかも案件によっては何度も試作品を作るケースもあります。不器用な人だとその際に余計な時間や手間が掛かり、仕事の効率も下がってしまいます。そういった細かい作業を何度も繰り返し行うことが苦にならないタイプの人は機械設計に向いています。

『 長時間のデスクワークが苦でない 』

あまり兼ね備えていない

機械設計の仕事はその殆どが机の上で行う作業です。顧客やチームのメンバーと話し合いをすることもありますが、基本的にデスクワーク中心の業務となります。じっとしているのが苦手な人や、ずっと椅子に座って仕事をするのを苦痛に感じる人は機械設計には向いていません。逆に長時間机に向かって作業を続けるのがあまり苦にならない人は、機械設計に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 根気よく作業を続けられる 』

あまり兼ね備えていない

設計した機械を完成させるまでには、無数の試行錯誤を繰り返す必要があります。機械を設計し、試作品を作ってテストをしたら問題や改善点を洗い出してまた設計する。その中で重大な問題が発見されれば、また一から設計をやり直すことさえあります。こういった泥臭い作業を、延々と根気よく続けることのできる人は機械設計に向いています。

『 創造的な仕事が好き 』

だいぶ兼ね備えている

機械設計は顧客に必要とされる機械を設計して完成させるのが仕事です。求められる仕様や、実際に使用される環境もそれぞれ異なるので、案件に合った機械を設計する必要があります。そのため、毎日決まった手順で作業をするのが好きな人には機械設計は向いていません。一方で毎回新しい機械を生み出すような創造的な仕事がしたい人には機械設計は向いています。

『 同じ仕事に長期的に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

機械設計の仕事は数ヶ月から1年以上といった長期的なスパンで進めていくのが一般的です。そのため、一つの案件にじっくりと腰を据えて取り組むのが苦手だと苦痛に感じやすいです。一つ一つの工程にもそれぞれ数ヶ月の時間が掛かるような大きな仕事に、積極的に関わりたいという人は機械設計が向いています。

『 PCや設計ソフトの扱いに精通している 』

あまり兼ね備えていない

現代の機械設計はコンピュータを活用して行うのが一般的です。PCの扱いに慣れていないと、ほぼ仕事にならないと言っても過言ではありません。CADやCAMといった専用ツールの他にも、WordやExcelなどで資料を作成する機会も多いのが機械設計の仕事です。専門的なソフトの扱いに関しては実務の中で学ぶこともできますが、やはり元々CADなどが使える人やPCの操作が得意な人は有利です。普段からPCの扱いに慣れている人、CADやCAMを使い慣れている人、WordやExcelを使いこなせる自信のある人は機械設計にも向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

機械設計の作業はデスクワーク中心ですが、クライアントやチームメンバーとのやり取りも必須です。そのため機械設計の業務では十分なコミュニケーション能力も求められます。他の部署と交渉や調整を行ったり、不具合やトラブルの対応など人と接する機会も意外と多いのが実状。人と接する機会が少なそうだからという理由で機械設計を志望しているならやめておきましょう。逆にコミュニケーション能力に自身があるなら、活躍の機会も多いです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの機械設計適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 機械設計に向いているか向いていないか
  • 機械設計の職業適性度
  • 機械設計に必要な10の資質
  • 解説で機械設計に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る