理想の就活/転職のための
自己分析サイト

数学者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今数学者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい数学者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの数学者適性診断結果

あなたの適性度は53%で、数学者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。数学者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

数学者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.数学が大好き
2.数学を美しく感じる
3.基礎を疎かにしない
4.発想が柔軟でよく閃く
5.根気強い
6.几帳面すぎない
7.切り替えが早い
8.海外や外国語での活動が苦でない
9.数学以外の事にも目を向けられる
10.高い指導力を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 数学が大好き 』

そこそこ兼ね備えている

数学者は、大学などに所属して未解決の数学の問題を解き、論文にまとめて発表することが仕事です。数学者になるには、とにかく「数学」という学問を愛していることが求められます。とにかく一日中、寝ても覚めても数学のことを考える仕事なので、「数学が得意」程度では務まりません。数学のことならば延々と考えていても全く苦でない、という数学者が多いことからも分かります。逆に言えば、数学好きにとっては非常に魅力的な仕事と言えるでしょう。仕事と割り切って数学者になったという人はほとんどおらず、強い気持ちと情熱を持って、これまで誰も解くことのなかった難問に日々取り組んでいるのです。

『 数学を美しく感じる 』

だいぶ兼ね備えている

「数学は美しい」と表現する数学者は珍しくありません。一般的な音楽や絵画といった芸術が持つ美しさとは違う美しさを、数学者は数学に見出しているのです。そうした美を感じることができる人は、数学者に向いていると言えるでしょう。多くの芸術家が美を追究するように、数学者も数学が持つ美に喜びを見出し、日々その魅力を突き詰めているのです。

『 基礎を疎かにしない 』

そこそこ兼ね備えている

数学者が扱う問題は、高度なものばかりです。しかしどんな高度な問題であっても、全ては子供の頃、算数の授業で習った「1+1」から始まっています。どんな難問も、算数の知識を持っていなければ解くことができません。基礎を大切にし、数学の全ては積み重ねであると理解する姿勢は、数学者としての基本姿勢であると言われています。

『 発想が柔軟でよく閃く 』

そこそこ兼ね備えている

数学者が挑む問題は全て高度なもので、端からコツコツやっていけばいずれ解けるというものではありません。少し考えて思いつくような考えは、過去の数学者が既に試して失敗しています。こうした高度な問題を解くには、固定観念に囚われない柔軟な発想が必要になります。また、時にそれ以上に大切になるのがひらめきです。過去の数学的大発見の多くは、ある日突然解法がひらめいて解決したと言われています。新しい証明方法を自分で見つけ出すためには、常識に囚われない発想力とひらめきが大切なのです。

『 根気強い 』

そこそこ兼ね備えている

未だ解法が見つからない歴史的難問に取り組むためには、根気強さと精神力が必要になります。発表されてから何百年もの間解法が見つかっていない問題も少なくありません。十代のころから取り組み始めた問題に、八十代になってもまだ取り組んでいるという数学者もたくさんいます。答えが分からないからとすぐ投げ出してしまうようでは、数学者は務まりません。どこかにある答えを求めて努力を重ねられるか否かが、数学者として必要な素質です。

スポンサーリンク

『 几帳面すぎない 』

だいぶ兼ね備えている

几帳面さや慎重さは、一般的には望ましい性質ですし、一見すると数学に向いているように見えます。しかし、実際これらの気質はあまり数学者に向いていません。時にダイナミックな思考が求められる数学の世界では、几帳面さや慎重さが足を引っ張ってしまうことが少なくないのです。

『 切り替えが早い 』

そこそこ兼ね備えている

数学者は切り替えの良さも非常に大切になります。数学者は、何年もかけて取り組んできた研究が間違っていたり、信じていたものが実は誤りだったという場面に遭遇することが多いです。自分が長年取り組んできた難問を、別の研究者が解いてしまったり、新しい解析方法が発見されるということもあります。取り組んできた時間が長ければ長いほど、自分を否定されたような気分になりますが、すぐ他の方法を模索したり、誤りを認めて次にいく切り替えの早さが非常に大切になります。

『 海外や外国語での活動が苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

理系学生の中には英語が苦手だという人が少なくありませんが、英語はできた方が有利です。数学は万国共通語、言葉を異にする研究者が自分と同じ問題に取り組んでいるかもしれませんし、英語が分かれば外国の論文も読むことができます。また、就職を考える上でも有利です。数学者不足の国や地域もあるので、海外の求人に申し込むことができれば数学者として働けるチャンスがぐっと広がります。

『 数学以外の事にも目を向けられる 』

兼ね備えていない

数学者として生計を立てるためには、大学などの研究機関で働くのが一般的です。残念ながら日本の大学では「数学の研究だけしていればいい」という訳にはいかず、事務仕事や大学組織の運営など、いろいろな業務が発生します。こうした研究以外の業務を苦もなくこなせるかどうかも、必要な素質となります。

『 高い指導力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

教授や教員として大学で働く場合は、授業を行うことになるため指導力が求められることになります。いくら数学に関する知識が豊富でも、それを学生に上手く伝えられるかどうかは別問題です。時には生活指導など、数学以外のことで生徒と関わることもあるでしょう。後進を育てることも数学者の大切な役割なのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの数学者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る