理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

マスタリングエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マスタリングエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマスタリングエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

マスタリングエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのマスタリングエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は49%で、マスタリングエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。マスタリングエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

マスタリングエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音感が優れている
2.完璧主義な性格
3.忍耐力がある
4.スケジュール管理ができる
5.音楽の編集スキルがある
6.体力と精神力がある
7.世の中のトレンドに関心がある
8.プライドが高い
9.ITに関心がある
10.調整力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
マスタリングエンジニア適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 音感が優れている 』

十分に兼ね備えている

マスタリングエンジニアは音感が優れている人に向いています。マスタリングエンジニアはマスターテープを作成する際のプリ・マスタリング作業をするのが仕事だからです。CDなどを作成して販売する際に最終調整をして完成度を高めるのがマスタリングエンジニアの役割です。微妙なレベル調整や音量調整などをする必要があるため、音感が優れていて自信を持って調整できることが重要になります。

『 完璧主義な性格 』

兼ね備えていない

完璧主義という自覚がある人はマスタリングエンジニアに適しています。マスタリングエンジニアはマスターテープの制作における最後の砦となっているからです。音量調整やレベル調整などの完成度を追求することも重要ですが、ディスクを作成する際にはエラーチェックを徹底しておこなわなければなりません。わずかなミスがあったのが原因でエラーが多発するリスクがあるため、完璧主義というくらいの責任感がある人がマスタリングエンジニアに向いています。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

マスタリングエンジニアは忍耐力がある人にとって活躍しやすい職種です。マスタリングエンジニアは複数の作品を一枚のメディアにまとめる編集・最適化の作業をするのが仕事で、長い楽曲を何度も聞いてチェックする必要があります。調整をしてもなかなか理想に近づかず、何度も繰り返し試行錯誤をしなければならない場合もあります。それでもあきらめずにやり通せる忍耐力がある人は完成度の高いマスターテープを次々に仕上げられるでしょう。

『 スケジュール管理ができる 』

そこそこ兼ね備えている

マスタリングエンジニアはスケジュール管理が得意な人に向いています。マスタリングエンジニアの仕事は納期が決まっていて、タイトスケジュールで調整を進めなければならない場合がほとんどです。納期が近くなってから、クライアントから連絡があって修正を求められることもあります。臨機応変に対応してどのマスターテープも期日までに仕上げられるようにする柔軟なスケジュール管理能力はマスタリングエンジニアにとって必要です。

『 音楽の編集スキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

マスタリングエンジニアは編集スキルがある人にとって力を発揮しやすい職種です。マスタリングエンジニアはアーティストと違って自分で音楽表現ができる必要はありません。しかし、複数の楽曲のバランスを考えて編集するスキルは求められます。ノイズの処理などの技術的な要求が大きい編集作業だけでなく、曲間調整のように感性が重視される作業もあります。エンジニアとしての技術と音楽的な感性を兼ね備えていて、効率的に編集できる人はマスタリングエンジニアとして活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

『 体力と精神力がある 』

あまり兼ね備えていない

マスタリングエンジニアには体力も精神力も求められます。納期が近づくと時間を問わずに作業を進めなければならないこともあるからです。また、マスターテープはクオリティを求められるため、納品した後に繰り返し修正しなければならないこともあります。連日残業になるということも稀ではないので、体力的にも精神的にも強い人でないとマスタリングエンジニアを担うのは難しいでしょう。

『 世の中のトレンドに関心がある 』

十分に兼ね備えている

世の中のトレンドに興味がある人はマスタリングエンジニアに適しています。楽曲のマスターテープを仕上げるときには消費者が納得する仕上がりにすることが必要だからです。音楽分野でどのようなトレンドがあるのかをいつも意識している人は、消費者にとって嬉しいマスターテープを仕上げられます。

『 プライドが高い 』

だいぶ兼ね備えている

プライドが高い人はマスタリングエンジニアに向いています。完成度が求められる仕事ではあるものの、具体的に満たさなければならない基準が設けられている項目はあまり多くありません。プライドを持って自分自身で完成度を追求できる人はマスタリングエンジニアとして魅力のあるマスターテープを仕上げられます。

『 ITに関心がある 』

あまり兼ね備えていない

ITに関心がある人はマスタリングエンジニアとして長期的に活躍していくことができます。マスターテープを制作するのに利用できるITツールはどんどん新しくなってきました。編集効率を上げやすくなってきているだけでなく、ブルーレイなどの新しいメディアにも対応しています。新しいITを使って効率的に作業をおこなえる人はマスタリングエンジニアとして働きやすいでしょう。

『 調整力がある 』

だいぶ兼ね備えている

マスタリングエンジニアは調整力がある人に向いています。現実的にマスターテープを作成するのに必要な期間が設定されていないようなときには、自ら関係者に連絡をして調整するのが大切です。納期とクオリティの調整をして、関係者が全員納得する形に仕上げられるスキルがある人はマスタリングエンジニアとして大活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマスタリングエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
マスタリングエンジニア適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • マスタリングエンジニアに向いているか向いていないか
  • マスタリングエンジニアの職業適性度
  • マスタリングエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でマスタリングエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

マスタリングエンジニアとは?

マスタリングエンジニアは、楽曲をCDにする時に最終的な調整を行う仕事です。

CDには複数の楽曲が収録されているのが基本ですが、それぞれ個別に作られているため、連続で聴くと違和感が出てしまうことがあります。

そのままにするとリスナーにストレスを与えてしまう可能性があるため、聴きやすいように調整した上で発売されるのです。

音量や音質を整え、リスナーが快適にすべての楽曲を聴けるようにするのがマスタリングエンジニアの仕事になります。

具体的にはイコライザーやコンプレッサー、マキシマイザーなど専門のエフェクターを使い、音量や音質を整えます。

マスタリングエンジニアになるには?

マスタリングエンジニアになる方法としては、専門学校などで知識や技術を学んでから就職するというルートがあります。

マスタリングエンジニアになるために必要になる資格はありません。

しかし、専門的な技術が必要になる職業のため、必要最低限のことは学校などで学んでおかなければなりません。

音響技術科など、音響関係の学科やコースがある学校に通えば、マスタリングエンジニアに必要なスキルや知識を学ぶことができます。

もしくは、レコーディングスタジオなどで働き、経験を積んでからマスタリングエンジニアになるという道もあります。

マスタリングエンジニアの給料・年収

マスタリングエンジニアの給料に関して、複数の調査をまとめてみると、平均年収は300万円~600万円程となっています。

しかし、マスタリングエンジニアは下積みから始めることも多くあるため、就職したての頃の年収は200万円程度になってしまうことも珍しくありません。

逆に、大手のレコード会社で働き、多くの有名アーティストのマスタリングを手掛けてきたような人は、年収が1,000万円を超えることもあります。

そのため、マスタリングエンジニアの平均年収は千差万別です。

下積みをしながら経験を積み、有名なマスタリングエンジニアになれば大きく稼ぐことも夢ではありません。

マスタリングエンジニアの就職・転職先(求人)

マスタリングエンジニアの主な就職先となるのが、音楽スタジオやレコーディングスタジオです。

音楽スタジオやレコーディングスタジオでは、様々なアーティストが楽曲のレコーディングを行っています。

レコーディングした楽曲はミキシングされ、最後にマスタリングをすることになります。

様々な楽曲制作に関わりながら、マスタリングエンジニアとしての経験を積むことができます。

フリーで活躍するマスタリングエンジニアも多くいます。

誰でも気軽に楽曲を発表できるサービスが増えたため、一般の人でもマスタリングエンジニアに仕事を依頼するケースがあります。

スキルマーケットやクラウドソーシングサービスを利用し、一般の人から依頼を受ければ、個人でもマスタリングエンジニアとして活躍することは可能です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0