理想の就活/転職のための
自己分析サイト

マーシャラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マーシャラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマーシャラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのマーシャラー適性診断結果

あなたの適性度は55%で、マーシャラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。マーシャラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

マーシャラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく飛行機が好き
2.暑さや寒さに強い
3.体力に自信がある
4.協調性がある
5.プレッシャーに強い
6.先を考えて行動できる
7.繰り返しの作業が気にならない
8.向上心がある
9.柔軟に対応できる
10.集中力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかく飛行機が好き 』

そこそこ兼ね備えている

マーシャラーの仕事をするうえで一番大切なのが、飛行機が好きな気持ちがあるかどうかです。仕事である以上、辛いと感じる部分もあるでしょう。ですが飛行機が好き、身近で飛行機が見られる仕事をしたいという思いがあれば、辛いことも乗り越えやりがいを感じながら仕事を続けやすくなるかもしれません。近くで好きな飛行機を見るだけではなく、自分の采配で誘導して飛行機を飛ばすことをサポートすることに喜びを感じられる人なら、マーシャラーの仕事を楽しみやすくなります。

『 暑さや寒さに強い 』

そこそこ兼ね備えている

マーシャラーは外で働く仕事のため、気温や気候の変化を受けやすくなっています。暑いのが苦手、もしくは寒いのが苦手という場合、屋外で待機する時間が長いマーシャラーの仕事は負担に感じるかもしれません。また大雨や強風のときでも、外で働かなくてはならないこともあります。気温や気候に負けずに働くことが、マーシャラーに求められる要素の1つだと認識しておきましょう。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

マーシャラーは、昼夜問わず飛ぶ飛行機の誘導を行う仕事です。そのため不規則なシフトで働くことが多くなっています。また屋外での仕事中は立ちっぱなしな部分が多いため、マーシャラーは体力に自信がある方に向いています。不規則なシフトや立ちっぱなしの業務に耐えられる体力に加えて、体調管理ができることもマーシャラーを目指すうえで大切な要素です。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

マーシャラーは1人で働くのではなく、ほかのグランドハンドリング職の方などと連携しながら業務を担当します。ほかの職種の方と連携が取れていないと、飛行機の誘導がうまくいかない可能性もあります。そのためマーシャラーは、業務を円滑に行うためにチームワークを養うための協調性も求められます。普段からコミュニケーションをとって一緒に働く仲間と良い関係を築くことで、仕事の成功へとつながっていきます。

『 プレッシャーに強い 』

あまり兼ね備えていない

マーシャラーは、飛行機を誘導するだけの仕事ではありません。大切なのは、定刻通りの飛行機を送り出せるように誘導をしていくという点です。空港では分刻みで飛行機は離着陸を繰り返しているため、定刻を守るためにプレッシャーを感じることもあるでしょう。プレッシャーに負けずに働けるかどうかも、マーシャラーにとって大切なポイントの1つです。またプレッシャーに負けない気持ちの強さだけではなく、定刻通りに飛行機を飛ばすために責任感を持って働けるかどうかもマーシャラーに求められるポイントです。

スポンサーリンク

『 先を考えて行動できる 』

十分に兼ね備えている

今やっている仕事にしっかりと向き合うことは大切です。ですが今の仕事のことだけを考えていたら、次の作業へスムーズに移れない可能性があります。マーシャラーの仕事は、1つの飛行機の誘導が終わったら、すぐに次の飛行機の誘導が始まります。そのため目の前のことだけを考えず、先のことを見据えてスケジュールを組み立てることができる方に向いている仕事です。

『 繰り返しの作業が気にならない 』

あまり兼ね備えていない

機種ごとに決められた手順を手早くこなし、着陸までの誘導を行うのがマーシャラーの仕事です。そして仕事時間中は、同じような手順を何度も繰り返して着陸のサポートを行っていくことになります。同じような作業の繰り返しが苦にならない方は、マーシャラーに向いている可能性があります。繰り返しが苦にならないだけではなく、毎回確認を怠らないことがマーシャラーとして責任を果たすために大切なことです。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

マーシャラーは、就職してすぐになれる職業ではありません。まずはグランドハンドリング会社などに就職して、経験を積むことでマーシャラーにステップアップしていく形が多くなっています。そのためマーシャラーに向いている方は、夢のために向上心を持って努力を続けられる方です。実際に目指す職業のために自分が何をするべきか目標を見据え、努力できる方ならマーシャラーになれる可能性が高くなります。

『 柔軟に対応できる 』

十分に兼ね備えている

定刻通りに飛行機が離着陸できるように大切な役割を担っているマーシャラーの仕事ですが、さまざまな事情によってスケジュールが乱れてしまうこともあるでしょう。トラブルでスケジュールが乱れたときでも、慌てずに対応できる冷静さと柔軟に対応できる力がマーシャラーにも求められています。何か問題が発生したときでも、自分がやるべきことは何か確認し、慌てず冷静に安全に気を付けながら仕事ができるようにしましょう。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

マーシャラーにとって大切な仕事の1つが、飛行機を停止位置へと誘導することです。パイロットへ的確な指示ができないと、正しい停止位置に飛行機が止まれなくなってしまいます。そのため誘導時は、集中力を切らさずに的確に案内をすることが大切です。誘導以外でも、飛行機に関わるさまざまな業務を担当しているので、1つずつの仕事に集中して取り組みましょう。安全に飛行機を飛ばすためにも、集中力を忘れずに仕事へ取り組むことを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマーシャラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る