理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

マーケターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マーケターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマーケターに
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

マーケターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのマーケター適性診断結果

あなたの適性度は50%で、マーケターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。マーケターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

マーケターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.情報収集が得意
2.客観的に物事を考えられる
3.流行に対して敏感
4.何事も根気強く取り組める
5.人の心を読み取るのが上手い
6.多くの人に影響を与えたい思いがある
7.景気に左右されない仕事に就きたい
8.野心が強く海外志向もある
9.何事も前向きに行動できる
10.IT業界に興味がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
マーケター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 情報収集が得意 』

十分に兼ね備えている

マーケティングにおいて必須となるのはデータです。データが皆無の状態では、マーケティングの考案・展開ができないからです。たとえば、アンケート結果をもとにして消費者の嗜好や動向を把握し、流行にマッチした手法で宣伝広告を打ち出していく必要があります。そのため、データ収集が得意で、そのデータを分析しながらマーケティング手法を確立していける人がマーケター向けです。データには数字がつきものですから、数学が嫌いという人はマーケター向きではありません。

『 客観的に物事を考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

自分と他人では価値観が大きく異なります。主観的に物事を考える人は、客観的に物事を見るのが苦手な傾向があります。マーケティングで大切なのは、消費者に訴えかけることです。不特定多数の人たちが何を好み、求めているのか判断できる人がマーケターに向いています。また、消費者の価値観や嗜好は時代とともに変化するので、時代を先取りすることも重要です。自分のことで精一杯で、他人のことを考えるのが苦手という人はマーケター向きではありません。

『 流行に対して敏感 』

だいぶ兼ね備えている

流行を追い求めるのはカッコ悪いことだと考えている人は多いでしょう。特に年齢が上になるほど、そのように考える人が多い傾向があります。しかし、マーケティングと流行は切り離せない関係にあり、流行を無視していては売れる商品づくりはできません。消費者は自分にとって必要か不要かで商品選びをしますが、それに加えて流行に大きく影響されています。マーケターは流行好きが多いと言われるのは、こうした人が成功しやすく、長く続けることができるからです。

『 何事も根気強く取り組める 』

あまり兼ね備えていない

マーケターの仕事は短気では務まりません。すぐに結果を求める人だと、途中で投げ出したくなるはずです。簡単に売れる商品開発ができれば苦労はしないでしょう。一つの商品をヒットさせるためには、多くの失敗と挫折がつきものです。マーケティングが失敗に終わった時は、なせそうなったのか分析・改善をしなくてはいけません。華やかなイメージとは裏腹に、泥臭い作業が多いのがこの世界です。そのため、コツコツと根気強く取り組める人がマーケターに向いているわけです。

『 人の心を読み取るのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

心理学に詳しい人はマーケター向けだと言われています。消費者が何を求めているか把握し、ニーズに合ったマーケティングを展開していけるからです。ここで重要なのは、消費者に行動してもらうことです。行動に移すとは商品を購入してもらうことで、そのためには購買意欲を刺激するマーケティングが必要となります。心理学の知識は必須ではありませんが、知識が豊富にあれば消費者の心理を把握しやすくなるので、結果につなげられる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

『 多くの人に影響を与えたい思いがある 』

あまり兼ね備えていない

社会に大きな影響を与えたい人にとって、マーケターは適職と言えるでしょう。大ヒット商品が誕生すれば、膨大な金額が動くことになります。大勢の人が商品を使用する、つまり社会に大きな影響を与えることができるわけです。マーケターの仕事は地道な作業の繰り返しですが、こうした努力が成就した時の喜びは言葉では言い表せないものです。大ヒット商品を生み出す売れっ子マーケターとなれば、企業からの引く手はあまたになるでしょう。

『 景気に左右されない仕事に就きたい 』

十分に兼ね備えている

不景気な時代というのは、物が売れにくくなっています。消費者の財布のひもは堅くなっており、なかなかお金を出してくれないのです。マーケターが本領を発揮するのは、まさしく不景気な時代です。物が売れない時期であるほど、マーケターは重宝されます。一方で、マーケターとして実績を積むには、物が売れやすい好景気のタイミングで業界に飛び込むのが得策です。こうした時期は、マーケティングスキルが低くても物が売れやすいので、実績を積むのに都合が良いのです。

『 野心が強く海外志向もある 』

そこそこ兼ね備えている

日本だけをターゲットにした商品づくりでは、消費者は日本国民に限られてきます。昔はこの手法で問題なく利益を出せましたが、グローバル化が顕著な現代では世界規模でのマーケティングが必要になっています。日本よりも世界全体をターゲットにした商品づくりをしたほうが、得られる利益は膨大なものとなるでしょう。マーケターとして大成功するには、海外展開が必須となりつつあります。これからの時代は世界規模で商品開発ができる企業が生き残れるのです。

『 何事も前向きに行動できる 』

兼ね備えていない

マーケティングで大失敗してしまえば、企業に損失を与えることになります。しかし、失敗なくして成功もあり得ないというのが現実です。失敗するのを恐れるあまり、行動に移せないという人はマーケター向きではありません。マーケターの適性にマッチするのは、長期的な視野で成功をイメージできる人です。失敗を繰り返している状況であっても、前向きな気持ちで仕事に取り組める人が好ましいです。何かに挑戦する時、できない理由ではなく、できる理由を探すのが得意という人はマーケターに向いています。

『 IT業界に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

近年のマーケティングはパソコンを使用して業務が行われることが増えてきました。現在は紙媒体よりもITの時代であり、マーケターの中でも特に需要が高いのがWEBマーケターです。そのため、パソコンに強い人、ITの知識・見識がある人が好ましいです。逆に、IT業界に興味のない人は、マーケターとして成就するのは困難でしょう。現在はマーケティングの基本となるデータ収集はもちろん、データ分析・解析においてもパソコンで行われる時代だからです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマーケター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
マーケター適性診断を受ける(2分)

《 マーケター適性診断の質問一覧 》

  • Q1. ネット上で情報を集めるのが得意だ
  • Q2. ピンチでも冷静に状況判断できる
  • Q3. 今世間で流行っていることはある程度理解している
  • Q4. コツコツ作業するのが得意だ
  • Q5. 相手が何を考えているのか敏感に察せられるほうだ
  • Q6. 仕事をするのなら影響力のある仕事をしたい
  • Q7. 長く働ける職種を選びたい
  • Q8. 海外で働く事に興味がある
  • Q9. ポジティブ思考でちょっとの事ではへこたれない
  • Q10. IT業界で働く事に興味がある
  • Q11. 買い物するときは調べずに衝動買いすることが多い
  • Q12. 視野は広くないと思う
  • Q13. なぜそれが流行っているのか説明できないことが多い
  • Q14. 忍耐強くないのですぐあきらめてしまう
  • Q15. 空気を読むのが苦手だ
  • Q16. 目立つのが好きでないので裏方として働きたい
  • Q17. 時代の波に乗って働きたいと思う
  • Q18. 仕事よりプライベート重視だ
  • Q19. 問題が起きたときに人のせいにしてしまうことがある
  • Q20. 新しいものより古いものの方が好きだ

この適正診断テストでわかること

  • マーケターに向いているか向いていないか
  • マーケターの職業適性度
  • マーケターに必要な10の資質
  • 解説でマーケターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

マーケターとは?

マーケターとはマーケティングを通して商品やサービスが売れる仕組みを作り上げることを目的として働いている職種です。

マーケターはテレビコマーシャルや新聞広告、ウェブ広告やSNSなどを活用して商品やサービスの知名度を上げたり、クーポンの発行やメルマガの発行をしたりして、顧客に購買行動を起こさせるのが仕事です。

誰に向かって情報発信をすれば良いのかを明確にしたり、商品開発の方向性を見極めたりするために市場調査によって情報収集する役割も果たします。

市場やユーザーについて理解して、売れる仕組みを考えて提案・実行するのがマーケターです。

マーケターになるには?

マーケターになるにはマーケティングにかかわる知識があると有利ですが、特に資格を取得する必要はありません。

未経験でもマーケターになっている人は多いので、誰でもチャレンジできます。

マーケターを目指すなら経済や経営について勉強しておくと役に立ちます。

大学や専門学校の経済学科やマーケティング科などで知識を付けておくと有利です。

近年ではオンラインマーケティングが重視されるようになっているため、ITについての知識もあると便利です。

マーケティングでは情報分析も重要になるため、統計学を学んで分析スキルを身に付けているとさらに有利でしょう。

マーケターの給料・年収

マーケターの平均年収はさまざまな機関による調査結果を踏まえると、500万円~600万円くらいになっています。

マーケターの仕事は多岐にわたっていて、他の職種も兼任することも多くなりました。

集計結果によっては400万円くらいの平均年収のこともありますが、600万円を超えていることもあります。

どのような働き方をするかによってマーケターの年収は大きく変わるので、あくまで参考として考えましょう。

マーケターとして大きな活躍をしている人は年収が1000万円以上になっていることもあります。

実力をつけて成果を出せば高年収も狙える職種です。

マーケターの就職・転職先(求人)

マーケターの仕事先は大きく分けるとマーケティングの専門企業と一般企業があります。

一般企業でも社内にマーケティングの担当部署を設けていることがあります。

特に大手企業ではマーケティングを社内で進めているのが一般的です。

一方、マーケティングには専門的な知識やノウハウが必要なので、外部委託をしている企業も増えてきました。

そのため、マーケティングの専門企業も多くなってきていて、マーケターにとっては専門スキルを活かせるので人気です。

広告代理店が代表例で大手企業もたくさんあります。

また、ウェブマーケティングの専門企業も増えてきていて、ベンチャー企業でも働ける可能性があります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0