理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ネイリスト適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ネイリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいネイリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのネイリスト適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ネイリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ネイリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ネイリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.集中力がある
3.コミュニケーション能力がある
4.注意深い
5.向上心がある
6.流行に敏感
7.デザインが得意
8.体力に自信がある
9.ネイルが好き
10.セルフケアができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

ネイリストは、手先が器用であることが欠かせません。幅約1cm、長さおよそ2cmという、範囲が狭い爪をキャンバスとして、細かなデザインを作り上げていかなければならないからです。オーダー内容によっては、0.1mmの誤差を注意しなければならない作業もあります。そのため、精密な作業が苦にならない、昔から細かい作業をするのが得意だという人が、ネイリストに向いています。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

ネイリストの仕事は、手の指と爪を10本全部ケアすることが基本です。そして、オーダー次第では、10本の爪にアートを施さなければなりません。そのケアとアートの作業をひと通り行う場合、1時間はかかります。場合によっては、2時間以上かかることもあります。その長い時間、安定して作業をし続けられるほど、高い集中力を持っている人がネイリストに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ネイリストの仕事は、ネイルのケアやアートが基本ですが、あくまでも接客業です。作業をしている間、ずっと黙っているわけにはいかず、お客さんと会話をする必要があります。また、どのようなケアやアートを希望しているのか、お客さんから聞き出さなければなりません。そのため、コミュニケーションスキルが必要です。そして、ネイルサロンに訪れるお客さんは、世代が幅広いです。したがって、どのような世代の人が相手であっても、親しみを持ってコミュニケーションが取れる人が、ネイリストに向いています。

『 注意深い 』

だいぶ兼ね備えている

ネイリストの仕事には、ネイルケアも含まれています。お客さんの爪の甘皮をハサミで処理したり、爪の表面を機械で研磨したりするケアです。そのケアには、一歩間違えると、お客さんにケガをさせてしまうリスクがあります。甘皮と一緒に皮膚を切ってしまった、研磨機械を強く押し付けて爪を割ってしまったなどのアクシデントは、珍しくありません。そのようなアクシデントを起こさないよう、慎重に作業を進められる注意深さも、ネイリストには必要です。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

ネイリストは基本的に、現状維持ではいけません。より質の良いケアをしたり、精度の高いアートを描いたりするために、技術を磨く必要があります。また、スタッフに、ネイルに関する資格の取得を求めるネイルサロンも多いです。したがって、自ら技術を磨こう、資格を取得しようと考える、向上心を持っている人が、ネイリストに向いています。

スポンサーリンク

『 流行に敏感 』

そこそこ兼ね備えている

ネイリストの仕事のひとつであるネイルアートは、流行の移り変わりが非常に激しいです。最新のデザインでも、すぐに流行遅れになってしまうことは珍しくありません。そのため、流行に乗り遅れないデザインを維持しなければなりません。したがって、流行に敏感で、新しい情報を取り入れるのが好きという人は、ネイリストに向いていると言えるでしょう。

『 デザインが得意 』

そこそこ兼ね備えている

ネイリストは、ネイルアートをする際、自ら考えたデザインを使用することが多いです。そして、ネイルサロンによっては、デザイン作成にノルマが課せられている場合もあります。そのため、自ら色々なデザインを作るのが得意という人が、ネイリストに向いています。自分のデザインを仕事で使えることで、働くモチベーションを維持しやすいでしょう。

『 体力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

ネイリストとして働くためには、体力が必要です。基本的には座った状態で手だけを動かすため、身体的な負担は少ないと誤解されがちです。しかし、座った状態で手を動かす作業を、何時間も続けるためには、体力が必要です。そして、安定した手の動きを維持するには、土台となる体幹の強さも欠かせません。したがって、生まれつき身体が丈夫であったり、スポーツをしていて体幹が強かったりする人が、ネイリストに向いています。

『 ネイルが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ネイリストとして成功したり、働き続けたりするためには、モチベーションが必要です。ただ、ネイリストは決して高給取りというわけではないので、お金がモチベーションにはなりにくいです。では、何がモチベーションになるのかというと、ネイルが好きだという気持ちです。ネイリストとして好きなネイルに携わっていることがモチベーションになり、資格取得や新しいデザイン考案の意欲が湧くでしょう。したがって、暇さえあればネイルのことを考えてしまうくらい、ネイルが好きだという人が、ネイリストに向いていると言えます。

『 セルフケアができる 』

あまり兼ね備えていない

ネイリストは、お客さんの爪をきれいにするだけでなく、マネキンの役割も担っています。ネイリストのきれいな指や爪は、ネイルサロンの宣伝材料となります。指先がきれいでなければ、お客さんから信頼されにくくなります。そうすると、指名される機会が減る上に、ネイルサロンの評判を落としかねません。そのようなことにならないために、セルフケアを欠かさず、常に指や爪をきれいに維持することも大切です。したがって、日ごろから、自らの爪のケアをするのが好き、習慣になっているという人が、ネイリスト向きです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのネイリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る