理想の就活/転職のための
自己分析サイト

漫画家適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今漫画家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい漫画家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの漫画家適性診断結果

あなたの適性度は56%で、漫画家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。漫画家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

漫画家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.想像力がある
2.細かい作業が得意
3.情熱がある
4.新しいものが好き
5.観察力がある
6.集中力がある
7.客観的な判断ができる
8.説得力がある
9.人の意見が聞ける
10.記憶力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 想像力がある 』

あまり兼ね備えていない

漫画家に向いているのは、想像力がある人です。漫画家は、無の状態から面白いストーリーや魅力的なキャラクターを考えなくてはいけません。ストーリーによっては、現実的ではない異世界を舞台にする事もあります。そして、読んだ人に感動や喜びを与える展開を考える事も大切です。想像力がなくては、漫画家の仕事は務まりません。

『 細かい作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

日頃から細かい作業が得意な人は、漫画家の仕事に向いていると言えます。漫画を描く時には、下描きをしてペン入れをした後にはスクリーントーンを貼ったり、色を塗る事が求められます。この時に、インクがはみ出したり塗り残しがあっては理想の世界は描けません。細かい作業が日頃から不得意、または嫌いだという人は漫画家の適正はかなり低いといえます。

『 情熱がある 』

そこそこ兼ね備えている

漫画家というのは、決して楽な仕事ではありません。どれだけ傑作を描いても、編集者からダメ出しをされてしまっては雑誌に掲載される事はありませんし、読者の人気が低ければ連載を打ち切られる事だってあります。締切が近づけば徹夜で作品を描かなくてはなりません。情熱がなければ、逆風で心が折れてしまう事だってあるのです。どんな事を周囲に言われても、作品への情熱が消えない人は漫画家に向いていると言えます。

『 新しいものが好き 』

だいぶ兼ね備えている

漫画家は、作品によっては流行を取り入れる事もあります。日頃から新しいものが好きという人は、斬新なデザインやアイデアを上手に活用できます。逆に、流行に疎いという人はいつもワンパターンばかりの世界観しか描けず、読者を飽きさせる可能性があります。漫画家を目指しているのなら、世の中の流行に対して敏感になる必要があります。

『 観察力がある 』

十分に兼ね備えている

漫画家になるには、絵がうまくなければなれないと考えている人もいます。ですが、実際に必要なのは観察力なのです。人物や建物というのは、想像だけで描くのには限界があります。いい加減に描いては、どこか薄っぺらい印象になり説得力に欠けます。魅力的なキャラクターや建物などを自由自在に描くには、日頃から描きたい物をじっくりと観察する必要があります。

スポンサーリンク

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

漫画家になるには、デッサン力があるとか効果的な背景が描けるといった技術面ばかりが注目されます。ですが、それ以外にも必要なものはあるのです。それは、集中力です。1つの作品を創り出すには、集中力がなければできません。なぜなら、場合によっては何時間も漫画を描き続けなければならないからです。周囲の雑音がきになったり、余計な事を考えていてはなかなかストーリーは先には進みません。日頃から集中力が高い人は、漫画家向きと言えます。

『 客観的な判断ができる 』

そこそこ兼ね備えている

漫画家は、常に自身の作品を客観的に判断する必要があります。ストーリー的に面白くないなら、途中から展開を変える必要がありますし、人気のないキャラクターを除外する事だってあるのです。私情ばかりが優先しては、都合のいい作品しか生み出されず読者を楽しませる事はできません。物事を客観的に見る事ができて、面白くするにはどうしたらいいのかを考えられる人は、漫画家に向いています。

『 説得力がある 』

だいぶ兼ね備えている

架空の世界を描いた場合、そこには説得力が求められます。説得力がなければ、どれだけキャラクター達が魅力的でも無意味になってしまいますし、心を打つセリフも軽く感じてしまいます。これでは、人を感動させるような作品は誕生しません。漫画家は、作品の細かい部分まで設定し、読者に対してリアリティを感じさせる事が必要です。

『 人の意見が聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

漫画家というのは、1人で作品を完成させるわけではありません。出版社の担当と一緒に作り上げていくのです。担当者から、ストーリーやキャラクターの欠点について教えられる事もあるでしょう。また、違う漫画家からアドバイスをもらう事も考えられます。その時に、人の意見を素直に聞けるか聞けないかで作品の良さは変わってきます。自分の意見が強く、人の意見を聞くのが嫌いという人は、いつまでたっても欠点を克服できない可能性があります。漫画家になるには、周囲の意見に耳を傾ける事も大切です。

『 記憶力がある 』

あまり兼ね備えていない

漫画家にとって、記憶力があるかないかも重要です。なぜなら、作品によっては長期連載も考えられるからです。長いストーリーのなかで、主人公の外見や性格がコロコロ変わってしまっては読者が戸惑ってしまいます。それに、キャラクター同士の関係性を間違えば、ストーリーはめちゃくちゃになってしまいます。世界観がブレないように、漫画家は細かい設定に至るまで記憶しておく事が大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの漫画家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る