理想の就活/転職のための
自己分析サイト

経営コンサルタントに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今経営コンサルタントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい経営コンサルタントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの経営コンサルタント適性診断結果

あなたの適性度は59%で、経営コンサルタントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。経営コンサルタントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

経営コンサルタントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企業経営に興味がある
2.人の話を聞いて要望を引き出せる
3.提案力がある
4.情報収集力が高い
5.目標達成意欲が高い
6.体力がある
7.長期的な視野を持てる
8.話をするのが好き
9.資料作成が得意
10.こだわりを持って生きている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 企業経営に興味がある 』

十分に兼ね備えている

経営コンサルタントは企業経営に興味がある人に向いています。経営コンサルタントは企業の経営者に対するコンサルティングが中心的で、経営課題に対して適切な提案ができなければなりません。企業経営についての知識が求められる職種なので、興味を持っている人に合っているのは明らかでしょう。経営コンサルタントになるには企業経営の経験は必要ではありませんが、知識だけでなく経験もあると信頼されるので有利です。

『 人の話を聞いて要望を引き出せる 』

十分に兼ね備えている

経営コンサルタントにはヒアリング力が求められるので、聞き上手な人は活躍できるでしょう。経営コンサルタントは経営者や重役から経営課題についてヒアリングをすることから仕事を始めます。何が課題なのかをはっきりさせなければソリューションを提案することはできません。質問を通してクライアントの抱えている課題を解き明かしていくことができる人は経営コンサルタントに向いています。

『 提案力がある 』

だいぶ兼ね備えている

経営コンサルタントは提案力がある人が活躍しています。経営コンサルタントとしてクライアントの経営課題を明確にしたら、ソリューションを提案して採用してもらうことが重要です。その結果として課題が解決されれば大きな信頼を得られます。まったく同じ提案内容だったとしてもプレゼンテーションの仕方によってクライアントが受ける印象が変わります。魅力を的確に伝えられる提案力がある人は経営コンサルタントとして成功できるでしょう。

『 情報収集力が高い 』

兼ね備えていない

情報収集が得意な人は経営コンサルタントに向いています。コンサルティングをするときにはクライアントの抱えている経営課題を理解した上で、十分な情報調査をしてソリューションを考えることが必要だからです。クライアントから提供された情報だけでなく、自分で調べた情報も加味して提案することで、クライアントに選ばれる可能性が高くなります。情報収集力が高くて興味を持って探せる人は経営コンサルタントとして活躍できるでしょう。

『 目標達成意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

経営コンサルタントとしてやりがいを感じるには達成感にこだわりがあることが大切です。仕事を通して達成感を得たいと思っている人にとって経営コンサルタントは魅力的な職種です。経営コンサルタントはクライアントに寄り添うようにして経営課題の解決に取り組みます。解決が一筋縄ではいかず、長い年月をかけて解決できることもよくあります。苦労したときほど大きな達成感を得られるので、達成感にこだわる人には経営コンサルタントが適しています。

スポンサーリンク

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

体力に自信がある人は経営コンサルタントに合っています。経営コンサルタントは普段から忙しくてスケジュール調整が難しい経営者に合わせて働くことが求められるからです。夜にオフィスへの訪問を求められたり、土日にビデオ会議の依頼を受けたりすることもあります。速やかに解決しなければならない課題が浮上することもあるので臨機応変な対応が必要です。経営コンサルタントは体力があると要求に応えやすく、信頼を得られるようになります。

『 長期的な視野を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

物事を長期的な視野で考えられる人は経営コンサルタントに向いています。企業経営では目の前の課題をとりあえず解決するだけでは十分ではありません。経営を続けて利益を出し続けられるようにすることや、事業計画や予算計画に合わせた経営を進めることが必要です。長期的な視野を持てる人は経営者目線で対応できるので経営コンサルタントに適しています。

『 話をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

話が好きでコミュニケーションを取るのが楽しいと思える人は経営コンサルタントとして適性があります。経営コンサルタントの仕事は基本的に企業の経営者とのコミュニケーションを通しておこなうからです。話をするのが好きな人は経営コンサルタントとして働いていて楽しいと感じる素養があると言えます。

『 資料作成が得意 』

だいぶ兼ね備えている

資料作成が得意でわかりやすい資料を提供できる人は経営コンサルタントに適しています。説得力のある主張をするためには資料が重要だからです。経営コンサルティングでは他社の実績や政府の公開している資料などを参考にして資料を作成することがよくあります。資料作成をスムーズにできる人は経営コンサルタントとして仕事をしやすいでしょう。

『 こだわりを持って生きている 』

そこそこ兼ね備えている

こだわりを持って生きている人は経営コンサルタントとしての素養があります。経営者はこだわりを持って事業を進めている場合がほとんどです。そのこだわりを理解し、自分のこだわりと合わせてより良い経営を実現する道筋を提案できるとお互いにやりがいを感じる関係を作り上げられます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの経営コンサルタント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る