理想の就活/転職のための
自己分析サイト

メイクアップアーティスト適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今メイクアップアーティストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいメイクアップアーティストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのメイクアップアーティスト適性診断結果

あなたの適性度は56%で、メイクアップアーティストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。メイクアップアーティストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

メイクアップアーティストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.オシャレをするのが好き
2.新しいものが好き
3.勉強熱心
4.コミュニケーション力がある
5.語学力がある
6.細かいことに気が付く
7.体力がある
8.調整が得意
9.人のためになることが嬉しい
10.センスがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 オシャレをするのが好き 』

あまり兼ね備えていない

メイクアップアーティストで最も大切なのが、おしゃれに対して興味があるかどうかです。向き合うのはメイクではありますが、どのようなファッションをするかによって必要なメイクが変わってきます。どの様なものが流行っているかなどについても情報収集が必要でしょう。そうなると、仕事として取り組むことはもちろんですが、それ以外の面でも様々な情報収集を自ら行っていき、メイクに反映させていかなければなりません。自分がおしゃれをするのが好きな人は、その情報収集が苦ではありませんし、よりよい仕事をしやすくなります。

『 新しいものが好き 』

あまり兼ね備えていない

メイクアップアーティストは同じメイクをずっとしていくわけではなく、その時に求められるもの、流行などに合わせて変化させていくことが求められます。そのためいろいろなものに興味をもって試したくなる、新しいもの好きの人が向いています。どんどん試してみてよいものを仕事に取り入れたり、新しい組み合わせを見つけたりする必要があるからです。こうした気持ちが足りないと、変化のない仕事しかできずに仕事の幅を狭めてしまいます。

『 勉強熱心 』

そこそこ兼ね備えている

新しいものに興味を持つことと同じように、学び続けていくことがメイクアップアーティストには求められます。メイクの技術やコスメなどはどんどん変わっていきますから、新しいものを積極的に知っていくことは欠かせません。自分が年齢を重ねた時も、その時の若い人に流行しているものをつかみ、仕事に生かすための努力が必要になります。人に聞いてみることも必要になるかもしれません。単なるセンスだけでは乗り切れず、努力できる人が向いているでしょう。

『 コミュニケーション力がある 』

だいぶ兼ね備えている

メイクアップアーティストは様々な人とコミュニケーションをとる仕事でもあります。メイクをする対象者のニーズをつかんで、求められるメイクを施すことはもちろんですが、制作現場のスタッフとの情報共有なども欠かせません。求められているものをつかむには多くの人と関わり、きちんと意思疎通しておくことが必要だからです。広く人間関係を持てて、きちんとコミュニケーションが取れることは必須です。日常の中からコミュニケーションの力を養っておきたいものです。

『 語学力がある 』

十分に兼ね備えている

メイクアップアーティストになると、仕事相手が海外の人になることもあります。また、海外のコスメを使うことになれば、その情報収集なども必要になるでしょう。外国語を理解して、自分の意見も伝えられるようになれれば、仕事の幅が大きく広がっていきます。特に世界的に活躍するメイクアップアーティストになりたいなら、外国語の力は積極的に磨いておいた方が良いです。

スポンサーリンク

『 細かいことに気が付く 』

そこそこ兼ね備えている

メイクアップアーティストは、細かい作業や手直しが必要になります。おおざっぱな仕上がりでは不十分で、きれいに見えなかったりしがちです。細かいところまで気が付く方は問題点をフォローしやすく、よりきれいに見えるメイクを施しやすくなります。細かさをほめられるような方は向いているでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

メイクアップアーティストは手先の作業だと思いがちですが、移動が多く、さらに重い荷物を持ちながら移動することになります。待ち時間も意外と多くなることもあります。それについていけなければ仕事が成り立ちません。メイク技術だけではなく、体力面についてもしっかり訓練して仕事に耐えられるようにしていきましょう。

『 調整が得意 』

だいぶ兼ね備えている

メイクアップアーティストは、自分の思うメイクをするだけが仕事ではありません。本人の意思、制作側の意思、最近の流行など様々な要因を調整して、ベストなメイクを施していく必要があります。その調整がうまくできるかがカギとなっていくでしょう。グループでの作業などを通してその力を養っていきましょう。

『 人のためになることが嬉しい 』

そこそこ兼ね備えている

メイクアップアーティストは表現する仕事ではありますが、自分が表に出るわけではなく、裏方の仕事になります。人をきれいにしてそれがうれしいと感じる人でなければ続けられないでしょう。自分が目立つのではなく、目立つ人をよりきれいに彩ることができるように、自分の仕事にしっかり徹することができるか、それとも自分自身が認められたいのか、よく考えてみましょう。

『 センスがある 』

あまり兼ね備えていない

メイクアップアーティストはセンスが重要な仕事です。これは自分では判断しづらいものなので、人からセンスが良いといわれるかどうかを見てみるとよいです。メイクに限らず芸術的なセンスをほめられていることが多いなら、それを生かせるメイクアップアーティストにも向いている可能性が高くなります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのメイクアップアーティスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る