理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

舞妓に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今舞妓の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい舞妓に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

舞妓に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの舞妓適性診断結果

あなたの適性度は31%で、今の時点では舞妓の仕事に向いているとは言えないようです。舞妓を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

舞妓に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.伝統を守り抜く気概がある
2.社交的で人と話すのが好き
3.芸事に関心がある
4.地道な努力ができる
5.細やかな気配りができる
6.体力に自信を持っている
7.美容への興味関心が高い
8.向上心がある
9.女性との人間関係の構築が得意
10.時事問題に詳しい
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
舞妓適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 伝統を守り抜く気概がある 』

そこそこ兼ね備えている

舞妓は、日本の伝統を守る者としての矜持が求められる職業です。長く愛され、親しまれてきた伝統芸能を受け継ぎ、次世代に伝えてゆく責任と感謝の気持ちを持って真摯に仕事をすることが大切です。また、伝統を重んじると共に、現代に生きる者として時代の動向を掴んでおくことも求められます。伝統を大切にしながらも、今の時代に合う芸風を模索することができれば、舞妓として成長し続けられるはずです。

『 社交的で人と話すのが好き 』

兼ね備えていない

舞踊や唄を披露することと共に、お座敷でお客さんと会話をすることも舞妓にとっての大切な仕事です。社交的で話すのが好きな人は、舞妓としての適性があります。舞妓と接することがお客さんにとって楽しい思い出となるように、舞妓はコミュニケーション能力に磨きをかけることが求められます。お座敷を盛り上げる話術を身につけておくとよいでしょう。

『 芸事に関心がある 』

だいぶ兼ね備えている

舞妓は、日本舞踊や三味線、唄といった芸事を学び、それをお客さんの前で披露する仕事です。数多くの習い事をこなす舞妓の日常は、なかなか忙しいものです。芸事に関心があり、それを習得できることに喜びが感じられる人、厳しい修行にも耐えられる人であれば、舞妓として成長していけるでしょう。

『 地道な努力ができる 』

あまり兼ね備えていない

日々地道な稽古を積む必要がある舞妓は、コツコツ努力のできる人に向いている職業です。時にはお師匠さんから厳しい言葉を掛けられることもあるでしょう。練習を重ねても、思うように技術が向上しないこともあるでしょう。舞妓は、多少のことで挫折してしまうことなく、地道に稽古を繰り返すことが求められます。自分の現状に満足することなく、常にレベルアップしていこうとする姿勢を身につけることが大事です。

『 細やかな気配りができる 』

あまり兼ね備えていない

舞妓は、基本的にはおかみさんや先輩の芸妓さんと置屋で共同生活をしています。芸事の習得に関しては、師匠の指導を受けます。目上の人を敬う気持ちを忘れず、こまやかな気配りができる人は、舞妓として愛される存在になることでしょう。お座敷においても、気配りは重要です。お客さんが退屈していないか、どんな盛り上げ方が好まれるかなどについて、場に応じて感じ取り、配慮をする姿勢が求められます。適切なタイミングを見計らって、お客さんに話しかけたり、杯が空にならないようにお酌をしたりといった気遣いができるようになることが大切です。

スポンサーリンク

『 体力に自信を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

舞妓は、体力勝負の仕事でもあります。朝早くに起きて、稽古やご近所への挨拶回り、お座敷の接待などに追われる生活は、きわめてハードなものです。ハードスケジュールをこなし、お客さんには疲れた様子を見せることなく笑顔で接することが必要で、バイタリティがある人に適した職業だと言えるでしょう。体力は、舞踊や唄といった芸事を向上させる上で不可欠な要素でもあります。基礎的な体力をしっかり鍛えておくことが、舞妓としての日々の生活を支えてくれるはずです。

『 美容への興味関心が高い 』

兼ね備えていない

美しい身なりが求められる舞妓は、美容への興味関心が高い人に向いています。お化粧や髪型の仕方を工夫して、自身をより綺麗に見せる努力を重ねることが求められる職業です。忙しい合間にも、美容への探求心を忘れず、自分でお化粧の研究をしたり、周囲と情報交換をしたりすることが求められます。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

芸事の修行を積むことは、舞妓の日常に欠かせない重要な仕事です。一定のレベルで満足してしまうのではなく、より高度な技術を習得しようとする前向きな姿勢を持っている人は、舞妓としての適性があります。芸事に磨きをかけることで、人としての成長にも磨きをかけ、周囲から信頼され、愛される舞妓を目指すことが大事です。

『 女性との人間関係の構築が得意 』

そこそこ兼ね備えている

舞妓の生きる世界は、女性が中心の社会です。多くの女性で集団生活を送るという特殊な生活環境に苦手意識を感じてしまう人は、残念ながら、舞妓にはあまり向いていないと言えます。女性特有の人間関係の構築が得意な人にとっては、女性同士で情報交換をしたり、励まし合ったりしながら暮らせる環境が心地よく感じられることでしょう。先輩をたてたり、後輩の世話をしたりといった置屋の上下関係に柔軟に対応できる人は、舞妓としての適性があります。

『 時事問題に詳しい 』

兼ね備えていない

お客さんとの会話は、舞妓の大事な仕事の一部です。会話を弾ませるためにも、ニュースはこまめにチェックし、いま社会でどのようなことが起こっているかを知っておくことが求められます。多様な職業の人がお客さんとして訪れるため、日頃から色んな話題について行ける努力をしておくことが大切です。海外からお客さんを迎えることもあり、適度な語学力があるとさらに好ましいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの舞妓適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
舞妓適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 舞妓に向いているか向いていないか
  • 舞妓の職業適性度
  • 舞妓に必要な10の資質
  • 解説で舞妓に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

舞妓とは?

舞妓は、京都のお座敷で行われている宴会で、お酌をしたり、舞を踊ったりする仕事です。

芸妓にステップアップをすることが前提の職業で、舞妓として働いている間は、修行中の身ということになります。

そのため、修行も仕事の内に含まれます。

10代の内は舞妓として修業を行い、5年前後の修業期間を終えて20代になると、芸妓として働く人が多いです。

舞妓は基本的に、置屋と呼ばれる事務所の役割を持っている場所で、住み込みで生活をします。

そして、午前中から昼にかけて稽古を行い、夜はお座敷でお客さんの相手をするというのが基本的なスケジュールとなります。

舞妓になるには?

舞妓は修業期間ということで、年齢制限が設けられています。

20歳までの女性だけが、舞妓になることができます。

そして、舞妓として働く場合は、京都の五花街(上七軒、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町)にある置屋に所属する必要があります。

置屋に直接連絡をして面接を受け、採用されれば、舞妓になることができます。

また、京都伝統伎芸振興財団に連絡をして、置屋を紹介してもらうという方法もあります。

置屋の面接では、舞妓としての厳しい修行に耐えられる精神力や、人前に出られる華やかさなどが重視されます。

そういったことを、置屋の代表である女将さんが直接確認します。

舞妓の給料・年収

舞妓はあくまでも、芸妓になるための修行をする人なので、収入はありません。

舞妓としての年収は、0円です。

置屋に衣食住を用意してもらい、生活をしていきます。

また、置屋やお客さんからお小遣いを貰う形で、自由に得られるお金を得られる場合もあります。

そして、修業期間が終わって芸妓になることができれば、平均して400万円から600万円程度の収入を得られるようになるでしょう。

芸妓はあくまでも実力主義の仕事なので、人によって収入は大きく異なります。

そのため、年収が300万円以下の人もいれば、人気が出ることによって年収が1000万円を超える人もいます。

舞妓の就職・転職先(求人)

舞妓は、京都の五花街にある置屋に所属して、修行をしていきます。

住み込みで、生活をしながら修行をするのが基本です。

そして、置屋の女将さんをお母さん、先輩の芸妓や舞妓をお姉さんと呼び、一緒に生活をしていきます。

修行中の舞妓は、置屋では下のポジションです。

そのため、修行だけではなく、女将さんや先輩の芸妓の身の回りの世話も仕事に含まれます。

現代では、ひとつの置屋に大体1人から3人程度の舞妓が所属して、修行をしていく場合が多いです。

そうして、全員でおよそ50人から100人ほどの舞妓が、芸妓を目指して働いています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0