理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

マジシャンに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マジシャンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマジシャンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

マジシャンに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのマジシャン適性診断結果

あなたの適性度は29%で、今の時点ではマジシャンの仕事に向いているとは言えないようです。マジシャンを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

マジシャンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人を喜ばせることが好き
2.細かい作業が得意
3.新しいことを考えるのが好き
4.情報収集を苦にしない
5.根気よく練習をする継続力がある
6.人前で平静を装える度胸がある
7.心から楽しめる仕事をしたい
8.コミュニケーション力がある
9.自分を売り込むプレゼン能力がある
10.落ち込まな強いメンタルを持っている
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
マジシャン適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人を喜ばせることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

日本語で奇術師とも呼ばれるマジシャンは、自分の持っているマジックスキルを使って、見ている人を楽しませることが仕事になります。人を喜ばせることにやりがいを感じられることは、エンターテイナーに求められる重要な資質の一つです。

『 細かい作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

一口にマジシャンのマジックと言っても、様々なジャンルに分かれています。どのジャンルに挑戦するにしても共通して必要となるのが手先の器用さです。特にカード系のマジックは見ている人の目を欺くために、繊細な動きが要求されます。部品の組み立てなど、精巧な作業を得意としている人はマジシャン向きです。逆に細かいことを気にしない大雑把な性格の人は難しいと言えます。

『 新しいことを考えるのが好き 』

兼ね備えていない

マジシャンにとって鮮度は重要です。どんなに高難度なマジックであっても、何度も繰り返し披露していれば、見ている人はその先の展開やオチを理解しているので楽しめません。予想外の出来事で驚かせることが基本となるため、ネタの鮮度が落ちる前に新しいマジックを開発する必要があります。新しいことを考える作業を苦にしない、あくなき探求心もマジシャンとして長く活躍していくために必要な資質の一つです。

『 情報収集を苦にしない 』

兼ね備えていない

人のネタを盗まないことは、マジシャンの世界における暗黙のルールと言われています。マジシャンは、一部のメディアに露出をしている有名人以外にも、数百人近く存在する競争の激しい世界です。どのマジシャンも定番のネタ以外に、自分だけのオリジナルを持っています。新しいネタを考えた時に、既に他にやっている人がいないかを確認することは大事な作業です。ネットなどを利用した情報収集も、積極的に行わなければいけません。

『 根気よく練習をする継続力がある 』

兼ね備えていない

人を驚かせ、喜ばせることを仕事とするマジシャンにおいて、許されないのがネタ披露中のミスです。観客はプロの仕事に絶対的な信頼を寄せていて、ミスをするはずがないという認識の下で見ています。基本的な手順を間違えるような小さな物でも、失敗したとわかった時点で観客は興ざめしてしまうので、些細なミスも許されません。緊張感の中、ノーミスでやり切るには血のにじむような努力を続けて完璧な状態にしておく必要があります。同じ練習を繰り返し行う継続力も、マジシャンに求められる資質です。

スポンサーリンク

『 人前で平静を装える度胸がある 』

兼ね備えていない

ネタ見せ中は、観客はどんな驚きを見せてくれるのだろうとマジシャンの一挙手一投足に注目をしています。小さいキャパでも数十人、大きいイベントともなれば数百人以上の視線を受けながらネタを行わなければいけません。普通の人ではできない高度な技術を、当たり前のように行うからこそ、観客は感嘆と称賛の声を上げるのです。例え緊張していても、それを悟らせないように平静を装える強い心も必要になります。

『 心から楽しめる仕事をしたい 』

兼ね備えていない

プロのマジシャンとして生きて行く上で、マジックを好きでいることは大事なポイントです。一見当たり前のように感じられますが、マジシャンの中には仕事だからと割り切ってやっている人も少なくありません。人間の感情は上手に隠しているつもりでも、ちょっとした仕草や言葉に出てしまいます。仕事だから仕方なくやっているというマイナスの感情はネタを通して伝わるので、観客は心から楽しむことができません。大好きなマジックをたくさんの人に見てもらいたいという気持ちを持ち続けることが長く活躍する秘訣です。

『 コミュニケーション力がある 』

そこそこ兼ね備えている

自分以外のマジシャンは、ライバルでもあり同じ業界で切磋琢磨する仲間でもあります。定期的にマジシャン同士で交流をして情報交換をすることは、業界で生きて行く上で大事な作業です。個人事業主だからと壁を作って交流をしていなければ、業界に悪い噂が流れて活動し難くなることもあります。性別年齢を問わず、誰とでも楽しく話せるコミュニケーション力も大事な能力の一つです。

『 自分を売り込むプレゼン能力がある 』

あまり兼ね備えていない

マジシャンの働き方は、芸能関係の事務所に入る専属、フリーランスの2つの選択があります。フリーランスとして活動する場合、イベント会社などに自分で売り込みをしなければいつまで経っても仕事を得ることができません。自分を上手に売り込むプレゼン能力を磨くことも、長く活躍していくために必要なスキルと言えます。

『 落ち込まな強いメンタルを持っている 』

十分に兼ね備えている

プロの世界は常に成功が約束されているわけではありません。自分が一番自信を持っているネタが、その日の観客が求めるニーズにはまらず、微妙な反応で終わってしまうこともあります。失敗をいつまでも引きずらずに、前向きな気持ちを持つこともプロのマジシャンとして成功するために必要な能力の一つです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマジシャン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
マジシャン適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • マジシャンに向いているか向いていないか
  • マジシャンの職業適性度
  • マジシャンに必要な10の資質
  • 解説でマジシャンに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

マジシャンとは?

マジシャンは芸人の一種であり、奇術と呼ばれるパフォーマンスを行うことで客を喜ばせる仕事です。

マジシャンの語源であるマジックは魔法を意味する言葉であり、その言葉通り、魔法のような現象を作り出して人々を驚かせます。

手品師と訳されることもありますが、マジシャンは大掛かりで幻想的な雰囲気を演出する仕掛けを用いるのが特徴です。

手品師がトリックのある手品を披露しつつ、自身の話術で客を喜ばせるのに対し、マジシャンは奇術そのもので場を盛り上げます。

緻密な仕掛けが必須である他、人々の目を惹き付ける演出も重要なことから豊富な知識や経験が欠かせないと言っても過言ではありません。

マジシャンになるには?

マジシャンとして働くには経験豊富なベテランに弟子入りするのが旧来の方法でした。

マジシャンの奇術は独自に編み出したトリックで構成されていることが多く、門外不出だったことが主な理由です。

しかし近年ではエンターテイメントに関する仕事が注目されていることもあり、マジシャンを育成する学校に通う方法を選ぶ人が増えています。

ある程度の奇術ができれば誰でもマジシャンを名乗ることはできますが、多くの人々に支持される優れたマジシャンとして活躍するなら常に勉強を続け、新しいトリックの構築や世間の流行の把握を忘れてはいけません。

マジシャンの給料・年収

マジシャンの収入は本人の知名度で大きく変わるのが実状です。

奇術の腕前だけではなく、人々を虜にするエンターテイナーとしての魅力を持っていなければ一流と評価されるのは難しいと言えるでしょう。

マジシャンの年収は約数十万円から数千万円と非常に大きな開きがあります。

趣味の範疇に留まる程度の腕前でもマジシャンとして営業できるのが理由です。

小規模なパーティーに余興として呼ばれる人は年収が100万円を下回ることも珍しくありません。

一方で、国際的に活動している一流のマジシャンは一回のショーで数千万円を稼ぐことがあります。

マジシャンの就職・転職先(求人)

マジシャンは芸人の一種なので芸能事務所に所属するのが一般的な働き方です。

マジシャン専門の人材派遣会社に所属する他、自ら会社を興して他のマジシャンと共に売り込みをかけるケースも少なくありません。

一方でマジシャンが芸能関係のスクールで講師を勤めたり、舞台演出を手掛ける事例も少なくありません。

マジシャンが編み出したトリックは独創的であり、奇術に限らず映像作品や演劇の演出に用いられることがあります。

自ら舞台に立って奇術を披露するだけではなく、知識や技能を他の芸能関係の仕事に活かすことができるのもマジシャンならではのワークスタイルと言えるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0