理想の就活/転職のための
自己分析サイト

マシンオペレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今マシンオペレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいマシンオペレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

マシンオペレーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのマシンオペレーター適性診断結果

あなたの適性度は57%で、マシンオペレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。マシンオペレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

マシンオペレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.マニュアル通り作業するのが好き
2.チームでの連携プレーが好き
3.機械の仕組みに関する興味が強い
4.夜間の仕事でも眠気に耐えられる
5.資格取得に対する意欲がある
6.注意深く安全面に気を遣える
7.人に物事を教えるのが好き
8.正確な作業を継続できる
9.ルーティンワークが苦でない
10.データ入力や事務作業が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 マニュアル通り作業するのが好き 』

十分に兼ね備えている

マシンオペレーターは、予め用意された業務マニュアルに従い機械類の操作をする機会が多く、マニュアル通りに正確に仕事に取り組める人が適しています。工場勤務の経験が無い人は、マニュアルの内容を覚えるまでに時間が掛かったり、初めのうちは上手く操作ができなかったりすることもあります。そこで、マシンオペレーターとして長く働くには、単にマニュアルがあるだけでなく、配属先で丁寧な指導を受けられる工場を職場に選ぶ必要があります。

『 チームでの連携プレーが好き 』

だいぶ兼ね備えている

マシンオペレーターは、現場によりますが二人以上のチームを組んで仕事をすることもあり、効率よく機械を操作したりミスを防いだりする上で、声を掛け合いながら業務に臨むことが大事です。そのため、普段から声が良く通る人や恥ずかしがらずに質問できる人は様々な工場内で好まれています。また、チームワーク良く仕事をするために、業務中だけでなく休憩時間や仕事終わりにこまめに声をかけ合うことも必要です。

『 機械の仕組みに関する興味が強い 』

十分に兼ね備えている

マシンオペレーターは、製造や運搬などの作業を進める上で色々な機械を操作するため、私生活でも機械の仕組みや動き方について興味がある人が向いています。また、多種多様な機械の知識を身につけるには、日ごろから大手メーカーや町工場などに導入されている産業用の機械類の資料を参考にしたり、法人向けに開催される機械類に関するイベントに参加をしたりする方法もあります。

『 夜間の仕事でも眠気に耐えられる 』

だいぶ兼ね備えている

マシンオペレーターは、勤め先の操業時間によって夜間の勤務を担当することがあり、安全に業務を行うためにも眠気と上手く付き合うことが何よりも重要です。特に、夜間に事故や怪我の危険がある乗り物やプレス機などを操作する場合には、十分に休憩や仮眠の時間を取るのはもちろんのこと、眠気が無い状態で操作を行うことが肝心です。人手不足の工場や倉庫内では、一回の業務の合間にほとんど休憩ができないこともあるため注意しましょう。

『 資格取得に対する意欲がある 』

兼ね備えていない

マシンオペレーターは、マシンの種類によって操作をするために事前に資格取得が必要となることもあります。資格取得の必要性やサポート体制は勤め先によって異なりますが、一人前のオペレーターとなる上で常に意欲的に資格取得を目指せる人が適しています。

スポンサーリンク

『 注意深く安全面に気を遣える 』

そこそこ兼ね備えている

マシンオペレーターは、一歩間違えれば大きな怪我を負う作業を担当することもあり、安全面に気を使いながら作業ができる人はあらゆる職場で必要とされています。多くのマシンオペレーターが在籍する工場では、安全教育を徹底しているところが目立ちますが、職場での研修の他、自主的に外部の研修に参加をすることも重要となります。また、職場によっては、昇進や昇格の試験の際に安全教育に関する問題が課されることもあるため、地道に必要な知識や技術を得ることが大切です。

『 人に物事を教えるのが好き 』

兼ね備えていない

マシンオペレーターは、ベテランになると新人や若手の教育を命じられることがあり、各地の工場内では基本的なマシンの扱い方だけでなく、日々の業務の姿勢についても丁寧に教えられる人が好まれています。また、人に物事を教えるのが好きな性格の人は、職場の方針により入社後数年で新人教育の担当となったり、個別のサポートを任されたりすることもあります。

『 正確な作業を継続できる 』

そこそこ兼ね備えている

マシンオペレーターは、職場の配置や人数によりますが、仕事上でマシンを操作するだけでなく、不具合が生じた場合のメンテナンスを行うこともあります。そのため、様々なマシンの不具合の原因やパーツ交換について詳しい人や、定期点検ができる人は多くの職場で期待されています。

『 ルーティンワークが苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

マシンオペレーターは、ルーティンワークになりがちな職種の一つであり、人によっては長く続けるうちに飽きてしまったり、日々漫然と作業を行っていたりすることもあります。こうした問題に悩まないためには、オペレーターになる前に自分にルーティンワークに耐えられる適性があるか判断するのはもちろんのこと、工場見学をしたり、実際に仕事で操作するマシンの特徴を調べたりすることが大事です。

『 データ入力や事務作業が得意 』

だいぶ兼ね備えている

マシンオペレーターは、工場内での機械の操作や運搬ばかりでなく、生産管理の際のデータ入力をはじめとした事務作業を行うことがあります。たとえば、専属の事務担当者が少ない工場では、現場作業の合間にデスクワークもこなせる人や、パソコンを使った表計算や文書作成などの操作を得意とする人が必要とされています。なお、事務作業の頻度や時間は勤務先によって大きなばらつきがあります。そのため、現場作業とのバランスについてきちんと確認しておくことが大事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのマシンオペレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • マシンオペレーターに向いているか向いていないか
  • マシンオペレーターの職業適性度
  • マシンオペレーターに必要な10の資質
  • 解説でマシンオペレーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る