理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

照明スタッフに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今照明スタッフの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい照明スタッフに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

照明スタッフに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの照明スタッフ適性診断結果

あなたの適性度は52%で、照明スタッフの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。照明スタッフを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

照明スタッフに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.想像力がある
2.人を楽しませるのが好き
3.ライブや演劇が好き
4.コミュニケーション能力がある
5.体力がある
6.不規則な勤務時間が苦にならない
7.柔軟な考え方をする
8.集中力がある
9.精密な作業が得意
10.勉強し続ける事が苦にならない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
照明スタッフ適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 想像力がある 』

十分に兼ね備えている

照明スタッフは、依頼者がどのような雰囲気をイメージしているのかを理解し、それを具現化していかなければなりません。照明の演出はちょっとした色の違い、光の強さ、組み合わせなどで雰囲気がガラッと変わります。相手から口で伝えられたものを具現化するためには、想像力が必要不可欠です。何もないところから頭の中でイメージを膨らませ、それを実際の舞台で再現していくのが重要な仕事になります。

『 人を楽しませるのが好き 』

兼ね備えていない

照明の仕事は色々ありますが、特に多いのがエンターテイメント業界での仕事です。アーティストのライブや舞台など、様々なところで照明スタッフは活躍しています。エンターテイメントはいかにお客さんを楽しませるかが重要になります。自分が演出した照明でお客さんを楽しませることができれば、かなりの充実感を得られるでしょう。普段から人を楽しませることに喜びを感じられる人は、照明スタッフに向いています。

『 ライブや演劇が好き 』

十分に兼ね備えている

ライブや演劇が好きで、普段からよく見に行くという人もいるでしょう。ライブや演劇の現場では、照明スタッフが活躍しています。自分が好きな分野で仕事ができるというのは大きな魅力です。また、ライブや演劇を見て色々な演出を自分自身で体験しておけば、それを仕事に活かすことができます。自分の趣味が仕事に活かせるということで、楽しみながらスキルアップできるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

照明スタッフは、アーティストや舞台監督などから意見を聞き、照明をどのようにするか考えていきます。相手とのコミュニケーションがしっかり取れていないと、依頼者の要望に応えることができません。そのため、コミュニケーション能力が必要不可欠です。ライブや舞台を作り上げる時は、多くの人達と関わることになります。人と話すのが苦にならない、色々な人とコミュニケーションを取りながら何かを作り上げたい、そういう人に向いている仕事です。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

照明スタッフは照明の演出を考えるだけではなく、他にも色々な仕事があります。機材の搬入搬出など、意外と体力を使う仕事も多いです。照明の機材は重たいものも多くあるので、体力に自信がない人には辛く感じてしまうかもしれません。大規模な舞台になると、準備にかなりの時間を要することもあるので、長時間の労働に耐えられる体力が必要になります。

スポンサーリンク

『 不規則な勤務時間が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

照明スタッフの仕事は時間が不規則になりがちです。勤務時間が明確に決められていないことが多く、早朝から仕事をする時もあれば、深夜に仕事をすることもあります。舞台やライブが開催される時間に左右されるので、毎日決まった時間だけ働くというのは難しいです。土日はしっかり休みたい、プライベートの時間をしっかり確保したい、そういう人にはあまり向いていません。勤務時間が不規則でも苦にならないという人に向いた仕事と言えるでしょう。

『 柔軟な考え方をする 』

あまり兼ね備えていない

一度決めた照明の演出に変更が加わることはザラにあります。アーティストから新しいイメージを伝えられたら、それを実現するために照明も変更しなければなりません。自分の演出にこだわりを持つことも大切ですが、相手の要望をしっかり聞き入れて新しい演出方法を考える、柔軟な考えも必要になります。一度決めたら変更は受け入れないという頑固な姿勢では、照明スタッフの仕事は務まりません。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

照明スタッフは舞台やライブの進行具合に合わせて、適切な照明演出をしなければなりません。オートメーション化されていることも多いですが、マニュアルで照明を操作する機会も多いですし、本番中に急な変更があった時には瞬時に対応する必要があります。そのため、どんな状況でも対応できるように集中力を切らしてはいけません。すぐ他のことに気がいってしまう、短時間しか集中力が持たない、そういう人には向いていない仕事です。

『 精密な作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

照明の演出には、精密な作業が求められることも多いです。照明は少し角度が変わるだけでも、雰囲気が大きく変わってしまいます。照明の設定は非常に複雑で細かな作業が必要になるので、精密な作業ができる人でなければ務まりません。大雑把で繊細な作業は苦手という人にはあまり向いていない仕事です。

『 勉強し続ける事が苦にならない 』

兼ね備えていない

照明の演出は色々な技法が使われます。新しい技術もどんどん登場しているので、それに対応するためには日々勉強をする必要があります。舞台やライブではお客さんを楽しませるために、今までになかった新しい演出が取り入れられることも少なくありません。その要望に応えられないようでは、照明エンジニアとして活躍することはできないでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの照明スタッフ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
照明スタッフ適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 照明スタッフに向いているか向いていないか
  • 照明スタッフの職業適性度
  • 照明スタッフに必要な10の資質
  • 解説で照明スタッフに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

照明スタッフとは?

照明スタッフは機材を駆使して光や色彩を操り、照明によって喜怒哀楽を表現したり時間や季節などの情景を表現したりする仕事です。

コンサートでは、光に色や模様をつけたりもします。

舞台やテレビ、映画の撮影やファッションショーなどでは、照明による演出によって見え方がまったく違ったものになります。

身近なところでは結婚式でも活躍しています。

照明スタッフは、まず監督やプロデューサーなどと打ち合わせをして演出プランを決めます。

当日は機材を搬入し、本番中は機材を操作し安全管理を行います。

終了後の機材の撤収も照明スタッフの仕事です。

コンサートなどの大がかりな仕事では照明器具の数も増えるので、チームで働きます。

照明の種類とタイミングを指示する人をプランナー、機材を操作する人をオペレーターと言います。

照明スタッフになるには?

照明スタッフに必要な資格は特にありません。

しかし照明の基礎知識は必要なため、多くの場合は映像や芸術系、電気や電子などの専門学校や大学などで学びます。

機材の扱い方や専門的な知識を実地で学ぶためにアルバイトや契約社員などとして働いて、経験を積んでから就職試験に臨む人もいます。

就職のために有利な資格としては、公益社団法人の日本照明家協会が行う舞台・テレビジョン照明技術者技能認定制度があります。

初心者を対象とした2級とチーフクラスが対象の1級があり、会社によってはこの認定を受けていることが採用の条件となっています。

2級認定は2日間の公開講座のあとで行われ、受講できるのは照明の実務経験が1年以上ある人です。

照明スタッフの給料・年収

照明スタッフの年収はどんな会社に所属しているか、どんな照明を扱っているかによって異なります。

たとえば大手のテレビ局の正社員であれば、30代で年収が1,000万円を超えることもあります。

照明スタッフの多くは番組制作会社や、照明専門の制作会社に所属しています。

複数の調査では照明スタッフの平均年収は、大体300万〜600万円を少し超えるぐらいです。

フリーランスの場合は個人差が大きく、人気があれば大きな収入につながります。

照明スタッフの求人は東京に多く、賃金も高めです。

舞台やコンサートなど地方へ巡業する場合は、出張手当が出ることもあります。

照明スタッフの就職・転職先(求人)

照明スタッフの就職先は大手テレビ局や番組の制作会社、照明専門の制作会社やコンサートホールなどがあります。

テレビ局の社員の場合は、技術部門の社員として新卒採用となります。

社員のため配属先を選ぶことはできず、希望を出しても照明スタッフになれるとは限りません。

番組制作会社などに入社するとオペレーターやアシスタントとしてキャリアが始まり、チーフオペレーターやプランナーなどへのステップアップが考えられます。

十分な経験を積んで人脈を築ければ、独立の道も開けます。

照明の最先端技術を学んだり、コンピューターによる照明のプログラミングを学んだりすることで活躍の場が広がります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0