理想の就活/転職のための
自己分析サイト

照明デザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今照明デザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい照明デザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの照明デザイナー適性診断結果

あなたの適性度は60%で、照明デザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。照明デザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

照明デザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.照明に関する知識がある
2.インテリアや建築に興味がある
3.コミュニケーション能力が高い
4.デザインのセンスがある
5.絵を描くことが得意
6.プレゼンテーション能力がある
7.空間認識力が高い
8.相手の要望に寄り添える
9.トレンドに敏感
10.自由な発想で考えられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 照明に関する知識がある 』

十分に兼ね備えている

照明デザイナーとして活躍するためには、照明に関して豊富な知識が必要です。照明に関する知識は、とても専門性が高く、照明器具に関することはもちろん、光や色など、その範囲はとても広いです。また、イメージ通りに照明をデザインするためには、引き出しをたくさん持っておく方が有利でしょう。さらに、照明に関する技術は日々進化しており、常に新しい技術や情報を吸収しておくことも大切です。一度勉強して終わりではなく、常に勉強し続ける姿勢が欠かせないでしょう。

『 インテリアや建築に興味がある 』

十分に兼ね備えている

照明デザイナーの仕事は、照明器具そのものをデザインする仕事と、特定の空間に対して照明デザインを行う仕事とに分かれます。後者の場合、住宅やオフィス、商業施設など、その種類は多岐にわたります。舞台やライブ会場などが現場になることもあるでしょう。その際には、インテリアや建築など、それぞれの空間とマッチしたデザインを提案することが大切です。インテリアや建築に関して興味があり、ある程度専門知識を身につけておくことが欠かせません。設計士や施工業者などと協力しながら仕事を進めることも多いため、打ち合わせの際などに役立ちます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

照明デザイナーは、たった一人で仕事を進めるよりも、チームを組んで仕事をする場合がほとんどです。クライアントだけでなく、インテリアデザイナーや設計士、施工業者など様々な人と協力しながら完成を目指していきます。スムーズに仕事を進めるためには、コミュニケーション能力が高い方が望ましいでしょう。また、照明デザイナーの中には、独立してフリーランスとして仕事をする人もいます。この場合もやはり、次の仕事につなげていくためには、高いコミュニケーション能力が必要です。

『 デザインのセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

照明デザイナーの仕事には、美的センスが求められます。デザインに関して強い興味を持ち、高いセンスを持っている人は、照明デザイナーに向いていると言えるでしょう。また、照明のデザインだけでなく、インテリアや建築、アートなど様々な分野のデザインに触れ、そのセンスを磨き続けることは、照明デザイナーとして活躍するために大切なことです。

『 絵を描くことが得意 』

だいぶ兼ね備えている

時代の流れと共に、CADなどのソフトを使ってデザインすることが多くなりましたが、やはり、絵を描くことが得意な方が、照明デザイナーには向いています。自分のイメージや、相手に伝えたいイメージをササっと形にすることができるからです。絵にすることで、より正確にイメージを伝えられるようにもなるでしょう。コミュニケーションの手段としても、大いに活躍します。

スポンサーリンク

『 プレゼンテーション能力がある 』

兼ね備えていない

照明デザイナーは、クライアントに対して自分のデザインを説明することもあります。仕事を獲得するためには、自分のデザインや能力をうまくアピールし、評価してもらう必要があります。照明デザインに関するスキルを高めることも大切です。しかし、照明デザイナーとして活躍するためには、プレゼンテーション能力を高めることも同じくらい重要かもしれません。

『 空間認識力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

照明器具や光は、平面的なものではなく立体的なものです。思い描いているイメージを具体的に形にするためには、自分の頭の中で立体的に物事のイメージを捉えられるような、高い空間認識能力が求められるでしょう。3DCADなどを使って、パソコンの中で立体的な表現をつくることは可能ですが、まずは自分自身で具体的にイメージできなくてはなりません。その方が、仕事も効率的に進められるでしょう。

『 相手の要望に寄り添える 』

だいぶ兼ね備えている

照明デザイナーは、アーティストではありません。クライアントから要望を聞き、できるだけそれに沿った形で提案することが大切です。また、納期や予算もあり、それを守る必要もあります。独りよがりの仕事の進め方をするのではなく、クライアントの要望に寄り添えることも、照明デザイナーにとって必要なスキルだと言えるでしょう。

『 トレンドに敏感 』

だいぶ兼ね備えている

照明デザイナーの世界にも、トレンドというものがあります。また、インテリアや建築など、照明に関わるものにおいても、トレンドが存在します。クライアントから評価されるためには、トレンドを意識した提案をすることも大切です。日ごろからトレンドに敏感になっておきましょう。

『 自由な発想で考えられる 』

十分に兼ね備えている

照明デザイナーとして仕事をしていると、時には行き詰まったりすることもあるでしょう。そのような時には、いかに自由な発想を持てるかが重要になってきます。柔軟な思考を持ち、創造力が豊かであれば、たくさんのアイデアを生み出せるでしょう。クリエイティブな仕事にとって、アイデアは欠かせない要素です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの照明デザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る