理想の就活/転職のための
自己分析サイト

生活支援員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今生活支援員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい生活支援員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの生活支援員適性診断結果

あなたの適性度は47%で、生活支援員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。生活支援員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

生活支援員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.誰かの助けになることが好き
2.人の強みを見つけるのが得意
3.介護の分野で長く働いている
4.介護関連の資格を持っている
5.良好な人間関係を作るのが上手い
6.体力に自信があって変則勤務もOK
7.福祉に関することに関心が強い
8.地域の行事にも進んで携わる
9.イベントの進行に慣れている
10.多様な人との会話が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 誰かの助けになることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

生活支援員は、身体障害や精神障害、知的障害など多様な障害を抱える人が地域の中で自立して生活ができるようサポートをしたり、様々な生活上の困難さを取り除いたりする役割を果たすことが期待されています。現場では食事や排せつ、入浴、レクリエーションなど直接障害者と接する場面が多くあり、誰かの助けになることにやりがいを感じる人に向いている職業と言えます。

『 人の強みを見つけるのが得意 』

兼ね備えていない

生活支援員は、エンパワメントの視点を持ち、障害を抱えている人の強みを発見して、自信をもって生活を過ごせるようにフォローをするのが大きな仕事の一つです。そのため、仕事中以外でも友達や家族の良いところに気付ける人や、個性を褒めることができる人は、多くの現場内で必要とされています。

『 介護の分野で長く働いている 』

十分に兼ね備えている

生活支援員は、担当をするサービスの利用者によって生活相談や指導だけでなく身体介護を行うこともあります。特に、重度の身体障害や知的障害がある利用者に対しては、車椅子や補助具を使って食事の介助をしたり、大型の機械を操作して入浴の準備をしたりする時間が長くなる傾向があります。そのため、各地の現場では、過去に障害者施設だけでなく病院や高齢者向けの介護施設で長く働いていた人や、介護が必要な人の特性を十分に理解している人の需要が高まっています。

『 介護関連の資格を持っている 』

あまり兼ね備えていない

生活支援員は、施設によりますが相談業務から介護まで幅広く対応するため、社会福祉士や介護福祉士といった国家資格を持っている人は、利用者本人や家族、周りのスタッフから信頼されやすくなっています。施設によっては、有資格者のみ採用をしたり、資格の種類によって特別の手当を支給したりしているところもあります。そうした中、より良い条件で生活支援員として働きたい場合は、早い段階から自分にとって必要な資格について調べたり、資格を生かせる職場を見つけたりすることが肝心です。

『 良好な人間関係を作るのが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

生活支援員の役割や仕事内容は職場によって様々ですが、地域作業所など軽度や中度の障害がある人が多く利用している場所では、民間事業者から簡単な製品の製作や箱詰めなどの軽作業を依頼されることもあります。そのため、将来的に就職やアルバイトとしての採用を目指している障害者を支援する上で、常日頃から近隣の民間事業者と良い関係を保って、就労意欲を高められるようにすることが大事です。なお、納品先からのクレームを少しでも減らすため、必要に応じて納品時に生活相談員が品質のチェックをしたり、ミスを補ったりすることも重要となります。

スポンサーリンク

『 体力に自信があって変則勤務もOK 』

あまり兼ね備えていない

障害者の入所施設などに勤務する生活支援員は、勤務時間や曜日が変則的となり、一日の労働時間が十時間を超えたり、土日祝日どちらも出勤を命じられたりすることもあります。そこで、生活支援員として入所施設で長く働くには、体力をつけて日々の体調管理をしっかりと行うことはもちろんのこと、勤務中に休憩や仮眠の時間を取って変則勤務に慣れることが大切です。

『 福祉に関することに関心が強い 』

あまり兼ね備えていない

生活支援員が日々の仕事の中で適切に障害者のサポートを行うには、相談援助や介護の知識や技術を習得するだけでなく、様々な種類の福祉サービスについてよく学んでおくことも重要となります。施設によっては、高齢の障害者に対して生活支援や介護など複数のサービスを提供することもあり、自分の立場や役割を理解するためにも、しっかりと必要な勉強をすることが大事です。

『 地域の行事にも進んで携わる 』

だいぶ兼ね備えている

生活支援員は、本来の業務だけでなく、一年を通じて地域の人々や利用者の家族とコミュニケーションをとるために、餅つきや盆踊り、運動会といったイベントに参加をすることもあります。こうしたイベントは、関係者同士の結びつきを強くするだけでなく、地域の特徴を把握する上でも良いチャンスとなるため、進んで参加をして色々な人と関わると良いでしょう。

『 イベントの進行に慣れている 』

そこそこ兼ね備えている

生活支援員は、事業所内で定期的に行われるレクリエーションの進行役を任されることもあります。円滑にレクリエーションを進めるには、それぞれのゲームやスポーツ、カラオケなどのルールの他、参加者の性格や好みを把握しておくことも必要です。

『 多様な人との会話が得意 』

だいぶ兼ね備えている

生活支援員が働く施設の中には、保育士や介護職員など福祉のスタッフだけでなく、医師や看護師など医療スタッフが配置されているところもあります。利用者に対して理想的な形で支援を行うには、医療スタッフから健康面でのアドバイスをもらったり、利用者の健康状態に応じて適切な処置を依頼したりできるよう、日頃から意見や情報の交換をすることが大事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの生活支援員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る