理想の就活/転職のための
自己分析サイト

弁護士秘書に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今弁護士秘書の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい弁護士秘書に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

弁護士秘書に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの弁護士秘書適性診断結果

あなたの適性度は43%で、弁護士秘書の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。弁護士秘書を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

弁護士秘書に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.法律に関する知識がある
2.スケジュール管理能力がある
3.事務処理能力が高い
4.サポート業務が好き
5.美しい礼儀作法を身につけている
6.細やかな気配りができる
7.社会的常識がある
8.正確性が高い
9.与えられた役割を全うできる
10.向上心がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 法律に関する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

法律の専門家である弁護士の隣で仕事をする弁護士秘書は、法律に関する知識を身につけておくことが大事です。必ずしも、法律関係の資格を持っている必要はありませんが、弁護士や法曹界の人と話す上でも、書類を作成する上でも、法律の知識は欠かせません。法律用語の正しい意味を理解しておくことはもちろん、法改正に関する情報をこまめにチェックしておくことも大切です。法改正に伴う変更点は何かを正確に理解し、仕事に役立てることが求められます。

『 スケジュール管理能力がある 』

十分に兼ね備えている

依頼者と会って話をしたり、裁判に出向いたりと弁護士の日常は多忙を極めたものです。弁護士秘書には、弁護士のスケジュールを管理する優れた能力が必要です。スケジュール調整をするために連絡を取ることも、弁護士秘書の大事な仕事の一部です。体力的にも精神的にもプレッシャーの大きい弁護士に負担が掛かり過ぎないよう、無理のないスケジュールを組む力も求められます。

『 事務処理能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

弁護士秘書の仕事は、メールや書類の作成、資料のファイリングなど多岐に渡っています。膨大な資料を扱う弁護士事務所では、丁寧でかつ迅速に事務処理をすることが不可欠です。弁護士秘書には、それぞれの資料に適したファイリング方法や保存期間などを理解し、適切に処理する能力が求められます。決まったルールに則って処理できる力だけでなく、イレギュラーな仕事に対しても機転を利かせて適切に対応できる力を身につけておくとよいでしょう。

『 サポート業務が好き 』

兼ね備えていない

サポート的な立場で働くことが仕事のモチベーションにつながるタイプの人は、弁護士秘書としての適性がある人です。スポットライトを浴びる機会は少ない仕事ですが、弁護士をサポートし、その能力を引き出すことに喜びを感じられるようであれば、弁護士秘書として活躍できるでしょう。

『 美しい礼儀作法を身につけている 』

あまり兼ね備えていない

弁護士と行動を共にする弁護士秘書は、多様な場に赴く機会がある業務です。どのような場においても、どのような立場の人と接する時でも、落ち着いて対応できることが求められます。きちんとした礼儀作法を身につけておくとよいでしょう。言葉遣いに関しても注意が必要です。適切に言葉を選んで正しい敬語で話せる力を備えておくことが大切です。書類作成の仕事も多いため、話し言葉と共に書き言葉に関するルールを習得する必要もあります。

スポンサーリンク

『 細やかな気配りができる 』

あまり兼ね備えていない

幅広い人に関わる弁護士秘書は、周囲に対してこまやかな気配りをできる人に適した職業です。忙しい弁護士を気遣うことはもちろん、依頼者をはじめ、事務所を訪れる人に対して穏やかに接することが肝心です。気配りを忘れず、緊迫した状況にも柔軟に対応できる力を養うことが求められます。

『 社会的常識がある 』

あまり兼ね備えていない

守秘義務をきちんと守れることも、弁護士秘書の必須条件です。顧客の個人情報に触れる機会が多い職業であることをしっかり認識した上で働くことが求められます。また、期日を守って業務をこなすことも大切です。複数の案件を抱える弁護士を円滑にサポートするため、それぞれの案件において提出が必要な書類の期限を正確に把握し、締め切りを厳守して書類を整えることが重要です。弁護士秘書は、社会的常識を備えた人に適した職業だと言えます。

『 正確性が高い 』

十分に兼ね備えている

法的な手続きをサポートする立場にある弁護士秘書は、仕事の正確性が求められる仕事でもあります。小さなミスも致命傷になりかねないため、細心の注意を払って業務に取り組む姿勢が求められます。書類の完成度を高めるため、周りの事務所のスタッフとも連携してミスがないかチェックをする体制を整えるといった工夫も必要です。集中力や注意力と共に、客観的に物事を見つめる力が欠かせない仕事だと言えるでしょう。

『 与えられた役割を全うできる 』

兼ね備えていない

弁護士秘書は、弁護関係の仕事の流れを正しく理解し、そのなかで自身に与えられた役割をきちんと認識することが大事です。自身の仕事において結びつきの強いスタッフと密に連絡を取り合い、フォローしながら業務を進めることが求められます。業務の進捗状況を把握し、遅れが生じないように気を付けながら業務に取り組む姿勢を身につける必要があるでしょう。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

弁護士秘書は、ただ与えられた仕事を淡々とこなせばよい職業というわけではありません。常に変化し続ける法律の世界に関する情報を積極的に収集し、仕事に役立てようという前向きな意欲を持つことが大事です。語学力やパソコンのスキルを磨くといった努力をする姿勢も欠かせません。弁護士がより快適に仕事をできるように、しっかりサポートできる力を養っていくことが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの弁護士秘書適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 弁護士秘書に向いているか向いていないか
  • 弁護士秘書の職業適性度
  • 弁護士秘書に必要な10の資質
  • 解説で弁護士秘書に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る