理想の就活/転職のための
自己分析サイト

弁護士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今弁護士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい弁護士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの弁護士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、弁護士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。弁護士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

弁護士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.聞く力がある
2.質問力がある
3.臨機応変な対応ができる
4.冷静に説明できる
5.分析力がある
6.話をするのが得意
7.マルチタスクが得意
8.メンタルが強い
9.勉強熱心
10.感情に流されない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 聞く力がある 』

あまり兼ね備えていない

弁護士に向いているのは、聞く力がある人です。弁護士というのは、依頼者の悩みを聞いてから、どのようにすれば問題が解決するかを考える仕事です。聞く力がなければ、依頼者が何で悩んでいるのかもわかりませんし、解決方法も調べられません。また、単に話を聞くだけではなく、声のトーンや話し方から依頼者を理解する事も大切なのです。普段から人の話を聞くのが好きという人は、弁護士に向いています。

『 質問力がある 』

あまり兼ね備えていない

依頼者によっては、話がまとまらず要点を伝える事が苦手という人もいます。弁護士は、依頼者が相談内容を話しやすいように色々と質問する事も大切です。ですが、気になった点をなんでもかんでも質問する事が正しいわけではありません。相手が答えやすいように問いかける事が必要なのです。

『 臨機応変な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

弁護士の仕事は、予定通りにいかない事も多々あります。依頼者が真相を隠していたり、思わぬ証拠が出てきたりした場合は、パニックに陥る事もあるでしょう。この時に、臨機応変な対応ができなければ、依頼者を守る事は不可能に近いでしょう。弁護士に向いているのは、何事が起きてもすぐに臨機応変に対応できる人です。

『 冷静に説明できる 』

だいぶ兼ね備えている

弁護士は、依頼者に対して不利な状況を説明しなくてはならない事もあります。説明の仕方によっては、依頼者に精神的なダメージを与えてしまう事があります。弁護士は、たとえどんな内容であったとしても冷静に説明する事が大切なのです。

『 分析力がある 』

十分に兼ね備えている

弁護士は、時に冤罪に苦しむ人を助ける事もあります。そのためには、なぜそもそも冤罪が起きたのかを細かく分析する必要があります。集まった資料や証拠を元に、弁護士が状況を細かく分析する事で依頼者は救われるのです。分析が得意だという人は、小さな疑問点に気がつきやすかったり、多方面から可能性を探るためのアイデアが豊富です。普段から、分析する事が好きという人は弁護士の仕事に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 話をするのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

依頼者のなかには、言いにくい事があるなどしてなかなか相談できないという人もいます。そんな時には、弁護士が雑談でリラックスさせる事も重要です。また、様々な人物から必要な情報を聞き出さなくてはならない事もあります。ですが、口が堅い人はなかなか真相を話してくれないなどという事もあるのです。弁護士は、時には雑談をしながら相手の話を聞き出すという必要もあります。日頃から、初対面の人と話すのが得意という人は弁護士に向いていると言えます。

『 マルチタスクが得意 』

そこそこ兼ね備えている

弁護士の仕事では、様々な案件を同時にこなさなくてはならない事もあります。膨大な資料を整理したり、依頼者から話を聞いて意見をまとめたりもします。マルチタスクができない人だと、仕事がなかなか進みません。マルチタスク能力が高い人は、どの案件から片付けたらいいのかをすぐに理解し、効率的に仕事を進める事ができます。

『 メンタルが強い 』

だいぶ兼ね備えている

弁護士は、時として依頼者から理不尽な扱いを受ける事もあります。満足のいく結果が得られないと、八つ当たりされる場合もあります。精神的に追い詰められる事もあるため、メンタルが元々弱い人の場合は向いているとは言えません。弁護士に向いている人は、様々な人の意見を受け入れる事ができる人です。それは、他者と自分は違うのだと理解しているからです。そして、相手が間違っている場合はハッキリとその事を伝えられる人もメンタルが強い人と言えます。他者の意見に簡単に左右されない人ほど、弁護士に向いていると言えます。

『 勉強熱心 』

そこそこ兼ね備えている

弁護士は、司法試験に受かればそれでいいというわけではありません。法律というのは、年々変化していきます。弁護士は、法律が改正される度にその詳細を勉強する必要があります。また、様々な判例を学んでいく事は弁護士としてのスキルを上げてくれます。SNSで起きるトラブルだったり、これまでにない新しい詐欺商法などへの対処も必要となってきます。弁護士は、常に新しい情報をリサーチしておく事が必要なのです。日頃から、わからない事を調べたり学ぶ事が好きな人は、弁護士の素質を十分に持っています。

『 感情に流されない 』

あまり兼ね備えていない

扱う案件によっては、被害者または加害者に同情を禁じ得ないものもあります。ですが、感情に流されていては正しい判断ができなくなってしまうでしょう。大切なのは、感情に流されずに事実を見つめ、冷静に依頼人の利益になるように動く事です。また、依頼者のなかには弁護士の同情を引くために過剰なアピールをしてくる者もいます。弁護士は、いついかなる時でも動じない冷静さを必要とします。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの弁護士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る