理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

造園師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今造園師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい造園師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

造園師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの造園師適性診断結果

あなたの適性度は42%で、造園師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。造園師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

造園師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力がある
2.筋力がある
3.デザインセンスがある
4.向上心がある
5.勉強ができる
6.植物が好き
7.コミュニケーション能力がある
8.黙々と作業を続けられる
9.伝統を重視できる
10.柔軟性がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
造園師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

造園師は基本的に、仕事中は常に身体を動かし続けます。椅子に座ってデスクワークをしたり、動かずに会話をしたりすることはあまりありません。そのため、一日中身体を動かし続けられる、体力のある人に向いています。また、造園師の仕事現場は、基本的には屋外です。暑い夏や寒い冬も、屋外で作業をしなければなりません。そのような厳しい環境でも、身体を壊さず働き続けるためにも、体力が必要です。

『 筋力がある 』

兼ね備えていない

造園師は、比較的規模の大きな造園工事を行います。そして、背が高い樹木や、大きな石を持ち運ぶ作業も多いです。そのため、筋力が必要なので、筋力に自信がある、トレーニングによって筋力を増やせるという人に向いています。また、植物を効率的に剪定するために、大きなチェーンソーを使うことも珍しくありません。そのチェーンソーを持ち上げて、安全に使用するためにも筋力が欠かせません。

『 デザインセンスがある 』

兼ね備えていない

造園師は、造園の設計担当者が作成した図面を元に、庭園や公園などを作り上げていきます。ただ、図面通りに庭園や公園を作る難易度は非常に高く、作業を行う造園師にも、デザインを理解するセンスが求められます。また、現場担当者として、設計の一部に造園師が携わることもあります。そして、造園師自らがデザインを作ることも珍しくありません。したがって、造園師の仕事は、デザインセンスがある人向けの仕事と言えます。庭園や公園のデザインがさっぱりわからないという人では、造園師は務まらないでしょう。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

造園師が、設計図通りの庭園や公園を作るためには、技術力が必要です。その技術は、先輩から教えてもらうことも可能です。しかし、基本的には、自分から積極的に身に付けようとすることが大切です。受け身の状態では、技術は中々身に付かないでしょう。そのため、より良い庭園や公園を作るために、切磋琢磨できる、向上心のある人が造園師に向いています。

『 勉強ができる 』

そこそこ兼ね備えている

造園師として働くためには、造園の技法や法律など、様々な知識が必要です。その知識は、働いている内に自然と身に付くものばかりではなく、自ら勉強して習得しなければならないものもあります。また、造園師としてキャリアアップするには、勉強をして資格を取得しなければなりません。そのため、勉強ができる、あるいは勉強に対して苦手意識がない人が、造園師向きと言えます。全く勉強をしたくないという人は、造園師として働く際に、苦労するかもしれません。

スポンサーリンク

『 植物が好き 』

兼ね備えていない

造園師は、常に植物が近くにある環境で働きます。そのため、植物が好き、植物に囲まれた環境で働きたいという人にとっては、天職と言えるでしょう。好きな植物に触れながら働けるので、モチベーションも維持しやすいはずです。そのモチベーションは、造園師としてのスキルアップにも繋がります。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

造園師は、規模の大きな庭園や公園などを作るのが仕事です。そのため、複数人でチームを組んで、作業を続けることが多いです。他の造園師と助け合いながら、効率的に作業を進めなければなりません。そして、造園師は職人なので、職人気質の気難しい人が大勢います。そういった人とやり取りができる、コミュニケーション能力がある人が、造園師に向いています。チームではなく個人で働きたい、他人と一切コミュニケーションを取りたくないという人は、造園師として働くのは困難です。

『 黙々と作業を続けられる 』

十分に兼ね備えている

造園師の仕事は、基本的には作業がメインです。口を動かすよりも手を動かすことを優先して、時間内に作業を終わらせなければなりません。そのため、黙々と作業をすることが得意という人に向いています。誰かと話をしていなければ沈黙に耐えられない、長時間集中して作業をするのは苦手という人は、造園師向きではありません。

『 伝統を重視できる 』

そこそこ兼ね備えている

造園師の世界では、伝統的な技法が重要視されています。新しい技術を取り入れることはありますが、それでも伝統を疎かにしてはいけないという考え方が浸透しています。特に、日本庭園を手掛ける場合、新しい技術ではなく、伝統的な技術を使わなければならないことが多いです。そのため、伝統を大事にできる人が、造園師に向いています。伝統なんてくだらない、効率的な最新技術の方が何よりも大事だという考えの人は、造園師には向いていません。

『 柔軟性がある 』

だいぶ兼ね備えている

造園師は基本的に、同じ仕事をすることはありません。依頼の内容によって、仕事内容が大きく変わります。和風の庭園を手掛けたら、次は洋風の公園を作るということもあり得ます。そのため、どういった仕事であっても、問題なく対応することができる、柔軟性のある人が造園師に向いています。頭が固めで、状況の変化に中々対応できなかったり、ずっと同じ作業だけをしていたかったりする人は、造園師には向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの造園師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
造園師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 造園師に向いているか向いていないか
  • 造園師の職業適性度
  • 造園師に必要な10の資質
  • 解説で造園師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

造園師とは?

造園師は庭園や緑地などのデザインや設計、現場での工事やメンテナンスなどを幅広く担当する職種です。

造園師は住宅の庭を日本庭園などのようにして彩ったり、公共施設の公園の設計や日常整備をしたりするのが主な仕事です。

ゴルフ場の設計やオフィスの屋上緑化などもおこなう場合があります。

造園に必要な樹木や芝などの調達や、工事後の剪定や防除なども担当します。

樹木や芝などによって緑化をするだけでなく、安定的に美しさを保てるようにするのが造園師の役割です。

顧客の要求や悩みなどに応じて庭回りの問題に柔軟なサービスを提供しています。

造園師になるには?

造園師になるには資格は必要ありませんが、植物や造園デザイン、環境などに関する知識と剪定などの技術が求められます。

一般的には大学の農学部の植物系や環境系の学科、工学部の土木学科や環境工学科などを卒業するか、環境・土木・デザインなどの専門学校で知識と技術を学んでから造園師になっています。

剪定技術のように造園師にとって専門性が高い技術は、アルバイトを通して学んでいる人もいます。

また、造園施工管理技士や造園技能士などの資格を取得しながら能力を身に付けて就職・転職をするのも一般的に選ばれているルートです。

造園師の給料・年収

造園師の年収は求人系の企業やメディアによる情報を基にすると、およそ300万円~600万円です。

造園師としての働き方は多岐にわたっていて、どのように仕事に携わっていくかによって年収が変わります。

造園師はエクステリアのリフォーム会社や各種施設の建設会社などで働くこともできますが、個人で経営されている造園業者で雇ってもらうことも、自営業をすることも可能です。

担当する業務も造園の全体管理やデザイン、現場での選定作業などのさまざなまものがあります。

年収は業務内容や責任などによって変わるため、働き方によって違いが大きいのが造園師の特徴です。

造園師の就職・転職先(求人)

造園師の就職先・転職先にはエクステリアのリフォーム会社やデザイン会社、建設会社や住宅会社、造園の専門業者などがあります。

このような勤め先ではデザインや造園の施工を一通り担うことが多く、幅広い専門能力が求められるのが一般的です。

また、日本庭園やゴルフ場などの経営をしている会社でも造園師を雇用している場合があります。

庭園の樹木やゴルフ場の芝のメンテナンスが主な業務になるため、現場で作業する技術が高い人が重宝されています。

造園師にはさまざまな職場があるので、造園や緑化との付き合い方や自分の能力を考えて選びましょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0