理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ランドスケープアーキテクトに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ランドスケープアーキテクトの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいランドスケープアーキテクトに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ランドスケープアーキテクトに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのランドスケープアーキテクト適性診断結果

あなたの適性度は54%で、ランドスケープアーキテクトの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ランドスケープアーキテクトを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ランドスケープアーキテクトに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.自然が好き
3.空間認識能力が高い
4.勉強をするのが好き
5.集中力が高い
6.人やスケジュールの調整が得意
7.歴史を学ぶのが好き
8.造園に関する知識がある
9.都市計画に興味がある
10.美術が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

コミュニケーション能力が高い人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。自然を大切にした空間作りは、1人ではできません。たくさんの協力者のもとに完成する仕事です。いろいろな人と関わりを持つ中で、コミュニケーション能力は重要です。この職業を続けるには、みんなと意見をすり合わせながら、仕事を前に進める必要があります。積極的にコミュニケーションを図れる人ほど、適性があります。

『 自然が好き 』

そこそこ兼ね備えている

自然を守り、生かす気持ちがなければ、ランドスケープアーキテクトは務まりません。もともと自然が好きな人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。人工物と自然の調和をうまく図りながら、空間をデザインする仕事なので、どちらもないがしろにしてはいけません。特に自然を守り、育む気持ちが大切です。草木を大切にする気持ちがあると、良いランドスケープアーキテクトになれます。

『 空間認識能力が高い 』

兼ね備えていない

ランドスケープアーキテクトは、空間を創造する仕事なので、空間認識能力の高さが求められます。もともとこの能力が高い人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。実際にデザインをする場所を平面的に捉えているだけでは、良い空間作りはできません。立体的に物事を捉える目が必要です。隅々まで細かく空間を把握できる人は、良いランドスケープアーキテクトになれます。

『 勉強をするのが好き 』

十分に兼ね備えている

ランドスケープアーキテクトの技術や知識は、日進月歩です。常に新しい手法が生み出されているため、勉強が欠かせません。積極的に新しいことを学ぶ姿勢を持っている人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。新しく生み出された手法が自分の仕事に生かせるかどうかは、やってみなければ分かりません。学んだ知識をすぐに実践に生かそうとする積極性も必要です。

『 集中力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

ランドスケープアーキテクトの仕事には、期限が設けられることがほとんどです。与えられた日程の中で仕事を完成させなければいけません。短期間で集中的に仕事を前に進めなければいけないケースも多く、集中力が求められます。高い集中力を持って物事に臨める人や、取り組むべきことに没頭できる人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。

スポンサーリンク

『 人やスケジュールの調整が得意 』

兼ね備えていない

色々な意味で、バランス感覚を求められるのが、ランドスケープアーキテクトです。自然と人工物を融合していくバランスも大事ですし、仕事に関わる利害関係者の落としどころをうまく探っていく能力も求められます。周りをよく見て、バランスをとるのが得意な人はランドスケープアーキテクトに向いています。美しい空間を作るためには、自然を多く取り入れれば良いというものではありません。バランスがとれていないと、良い空間にはならないからです。

『 歴史を学ぶのが好き 』

あまり兼ね備えていない

ランドスケープアーキテクトは、その土地に伝わる歴史も重視しなければいけません。歴史を勉強するのが好きな人は、ランドスケープアーキテクトの資質があります。もともとその地に根付いている歴史や文化を知り、残すべきところは残すことで、新しい空間が生まれます。積極的に学ぶ姿勢を持ち続けられるのが、良いランドスケープアーキテクトの条件です。

『 造園に関する知識がある 』

十分に兼ね備えている

ランドスケープアーキテクトにとって、造園の知識は必須です。完成したその瞬間だけではなく、その後末永く心地よい空間として存在し続けなければなりません。もともと造園に関する知識を持っている人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。造園を基本としてデザインが始まることも多いので、もともと造園や植栽の知識があるに越したことはありません。

『 都市計画に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

都市計画や都市デザインの知識も、ランドスケープアーキテクトには必要です。この仕事では、公共空間の広場をデザインすることも多いです。ただ都市の中に緑があれば良いというものではなく、交通や防災などについても考えなければいけません。都市計画に興味があれば、ランドスケープアーキテクトに生かせます。都市の中の広場をデザインするには、情報発信の観点も必要です。都市計画を知っていれば、その情報も生かした奥深いデザインができます。

『 美術が好き 』

そこそこ兼ね備えている

ランドスケープアーキテクトは、風景を作る仕事と言えます。見た目の美しさや自然との調和を、バランスよく作り上げなければいけません。美術的なセンスが必要です。もともと美術が好きだったり、美術館に足を運ぶのが趣味という人は、ランドスケープアーキテクトに向いています。美術や芸術は、うまく言葉にできない魅力をも表現します。空間作りで必要とされるセンスは、美術に通じるものが多いです。美術的なセンスは仕事をしていく中で磨かれていく感覚ですが、もともと美術が好きな人は、ランドスケープアーキテクトの資質があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのランドスケープアーキテクト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • ランドスケープアーキテクトに向いているか向いていないか
  • ランドスケープアーキテクトの職業適性度
  • ランドスケープアーキテクトに必要な10の資質
  • 解説でランドスケープアーキテクトに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る