理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

土地家屋調査士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今土地家屋調査士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい土地家屋調査士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

土地家屋調査士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの土地家屋調査士適性診断結果

あなたの適性度は35%で、土地家屋調査士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。土地家屋調査士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

土地家屋調査士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.資格取得の勉強を頑張れる
3.体力に自信がある
4.データの分析や処理が得意
5.新しい技術の習得に積極的
6.責任感が強い
7.フィールドワークが好き
8.細かい作業を正確にできる
9.常に勉強を続けられる
10.細部にまで気を配れる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
土地家屋調査士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

土地家屋調査士は、クライアントから依頼を受けて様々な業務を行う仕事です。登記を依頼された場合は、クライアントとなる企業とコミュニケーションを取りながら、調査や手続きを進めなければなりません。また、確定測量を行う際には、依頼者や関係者の立会が必要です。そういった時に、コミュニケーション能力が必要になります。土地家屋調査士が行う業務の中には、数ヶ月かけて行うものも多いため、コミュニケーションがしっかり取れていないと途中で頓挫してしまうこともあります。人とコミュニケーションを取るのが好きな人であれば、スムーズに業務を進めやすくなるでしょう。

『 資格取得の勉強を頑張れる 』

兼ね備えていない

土地家屋調査士になるためには、土地家屋調査士試験に合格して資格を取得しなければなりません。筆記試験は毎年10月、口述試験は翌年の1月に行われるのですが、合格率は毎年8%~10%と難易度の高い試験となっています。資格を取得するためには、時間をかけて勉強をする必要があります。資格取得のために時間を割いて、勉強を頑張れる人でなければ土地家屋調査士になるのは難しいでしょう。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

土地家屋調査士の仕事は意外と体力がいります。夜遅くまで書類を作成したり、集めたデータをまとめたりすることも珍しくありません。また、調査や打ち合わせのために、色々な場所に出向くことになるので、体力に自信がない人は苦労するかもしれません。

『 データの分析や処理が得意 』

十分に兼ね備えている

土地家屋調査士は、ただ土地や建物の調査をするだけではありません。集めたデータを分析したり、処理したりするのも大切な業務です。数字に強く、色々なデータを分析するのが得意という人は、土地家屋調査士に向いています。逆に理数系に弱く、データの取り扱いに慣れていない人は苦労するでしょう。

『 新しい技術の習得に積極的 』

そこそこ兼ね備えている

細かい測量データを取り扱ったり、専門的な書類を作成したり、幅広い業務を行うのが土地家屋調査士です。測量システムもどんどん新しいものが登場しており、最新の技術や手法に対応できる力が求められます。自分が得意としている業務だけではなく、新しい技術を取り入れながら、幅広い業務に対応できる柔軟性がある人が土地家屋調査士に向いています。

スポンサーリンク

『 責任感が強い 』

あまり兼ね備えていない

不動産に関する法律の知識を持っているのが土地家屋調査士です。クライアントの代わりに法的な手続きをしなければならない業務もあるため、責任感がなければ務まりません。また、不動産というのは多額のお金が動きます。クライアントの大切な資産を守ることにもなるので、無責任な行動は許されません。どのような仕事にも責任を持って取り組める、誠実な人が土地家屋調査士に向いています。

『 フィールドワークが好き 』

兼ね備えていない

土地家屋調査士は書類の作成などのデスクワークも多いですが、現地の調査や測量をする時にはフィールドワークも行わなければなりません。法律関係の仕事というと、オフィスワークがメインになるというイメージがあるかもしれませんが、土地家屋調査士はオフィス外での業務も多いです。オフィスに閉じこもって黙々と作業するよりは、外に出て思いっきり働きたいという人が土地家屋調査士に向いていると言えます。

『 細かい作業を正確にできる 』

そこそこ兼ね備えている

測量を行ったものを正確に図面に落とし込むのも、土地家屋調査士の重要な仕事です。特に、不動産の登記を行う際には、図面の制作が必要不可欠です。不動産登記法という法律で、どのような図面にしなければならないのか厳格なルールが決められています。図面の出来次第では、登記が通らないこともあるため、正確に図面を書く能力が必要不可欠です。

『 常に勉強を続けられる 』

あまり兼ね備えていない

資格を取得すれば土地家屋調査士になることはできますが、取得後も常に勉強を続ける必要があります。測量技術は日々進歩しているため、GPSを用いたもの、ドローンを用いたものなど、どんどん新しい測量方式が生まれています。そういった新しい技術に対応するためには、資格取得後も勉強し続けなければならないということです。土地家屋調査士になった後も、貪欲に新しい知識や技術を追い求め続け、自分自身をレベルアップさせようという強い気持ちを持った人が、土地家屋調査士に向いています。

『 細部にまで気を配れる 』

兼ね備えていない

土地家屋調査士が行う測量は非常に緻密です。数ミリ単位で行わなければならず、少しでも間違いがあると登記申請が通らなくなってしまいます。細部にまでしっかり気を配り、正確なデータを収集できなければ土地家屋調査士の仕事は務まりません。また、図面も細部まで正確に制作しなければならないため、大雑把な人、細心の注意を払って作業できない人は、土地家屋調査士に向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの土地家屋調査士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
土地家屋調査士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 土地家屋調査士に向いているか向いていないか
  • 土地家屋調査士の職業適性度
  • 土地家屋調査士に必要な10の資質
  • 解説で土地家屋調査士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士の仕事は、土地や建物(不動産)の面積を測量し、不動産の表示に関する登記の申請手続きを行うことです。

不動産登記では表題登記を担当し、土地や建物の所在・地番・床面積・家屋番号などを測定して記載します。

不動産登記は、司法書士のみが行うようなイメージにありますが、司法書士は権利登記を行います。

土地の境界線がはっきりとしていない場所では、近隣住民などから聴取して調査を進めます。

土地家屋調査士が測定して登記が確定すると、新しい不動産の形として記録されます。

その調査記録には、作成した自分の名前が残るため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

土地家屋調査士になるには?

土地家屋調査士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。

土地家屋調査士は重要な独占業務なので、国家資格を取得する必要があります。

土地家屋調査士の試験は難易度が高く、出題される問題も専門性が高めです。

土地家屋調査士の試験を受ける場合、とくに必須な条件や資格はいりません。

そのため、誰でも試験にチャレンジできます。

土地家屋調査士の試験は、筆記試験に合格した人が次の口述試験に進む形式になっています。

土地家屋調査士の試験内容は、法律の専門性が高い問題と、即答に近い対話の応答になるので、しっかりとした学習と準備が必要不可欠です。

土地家屋調査士の給料・年収

複数で調査したところ、求人サービス各社の統計データによる平均年収は、およそ350万円~400万円であることがわかりました。

10年ほどキャリアを積みかさねた場合の平均年収は、400万円~600万円ぐらいです。

地域によって差が生じる場合もありますが、20代で約500万円・30代で約600万円・50代になると約850万円というように、キャリアを積むごとに年収がアップしています。

大手企業や個人事務所では、高収入が期待できます。

また、独立して成功した場合は、年収が1000万円を超える人もいるようです。

成功をつかむためには、日々の努力が大切になってきます。

土地家屋調査士の就職・転職先(求人)

土地家屋調査士の就職先としては、測量会社・不動産会社・建築会社・土木会社などです。

また、土地家屋調査士の個人事務所や司法書士事務所などもあります。

これらからの求人は、土地家屋調査士と仕事上で関わる機会が比較的多いため、少なからずあるようです。

不動産に関する専門的な知識をもっているので、就職活動では有利になるでしょう。

土地家屋調査士の個人事務所に就職した際は、経験豊富な上司からさらなる知識や技術、業務の進め方などが吸収できます。

実務経験が少なかったり、いずれ独立を考えていたりする人は、個人事務所に就職するのがよいでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0