理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

幼稚園教諭に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今幼稚園教諭の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい幼稚園教諭に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

幼稚園教諭に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの幼稚園教諭適性診断結果

あなたの適性度は49%で、幼稚園教諭の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。幼稚園教諭を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

幼稚園教諭に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.子供の性質や特性を理解している
2.広い視野を持っている
3.体力がある
4.向上心がある
5.忍耐力がある
6.コミュニケーション能力がある
7.気持ちの切り替えが得意
8.初めてのことに挑戦できる
9.子どもの目線に立てる
10.自己分析が得意
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
幼稚園教諭適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 子供の性質や特性を理解している 』

そこそこ兼ね備えている

幼稚園教諭を目指す場合には「子どもが好き」ということも大切な要素ですが、好きなだけではなく子どもの特性や発達についてよく理解している必要があります。幼児期は活動範囲や人間関係が広がり、様々なことに対して興味関心が旺盛になる時期です。相手の気持ちを理解することや、ルールを守って行動することなども、この時期に学んでいきます。子どもの基本的な発達について理解した上で、それぞれの子どもの発達段階に合った関わりをしながら、子どもの成長をサポートしていくことが重要です。

『 広い視野を持っている 』

十分に兼ね備えている

幼稚園教諭の就職先は幼稚園以外にも、児童館や一時預かり所、ベビーシッターなど幅広いです。幼稚園に就職した場合は、クラスを受け持つことが多く、一度に複数の子どもを相手にすることになります。特定の子どもに注意を向け続けるのではなく、広い視野を持って全ての子どもたちの安全を確保する必要があります。園によっては、クラスの垣根を越えて、全ての先生で全ての園児を見守る方針を持っている場合もあります。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

走り回ったり、飛び跳ねたり、疲れ知らずの子どもたちの相手をするためには、体力が欠かせません。子どもは思いがけない行動を取ることもあり、思わぬ事故につながることもあるので、それを防ぐため体を俊敏に動かす必要もあります。また、子どもと密着を防ぐのは難しいことですから、風邪などを互いにうつしあわないよう免疫力を上げておくことも大切です。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

幼稚園教諭には免許が必要で、以前は10年ごとの更新が必要でした。現在は更新制が廃止され、期限なく有効に使える免許となりましたが、質の高い保育や教育を目指して研修制度が設けられることとなっています。更新がなくなっても、学び続ける姿勢が求められることに変わりはありません。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

子どもは日々成長していきます。その成長に関われることは幼稚園教諭の仕事のやりがいの一つですが、成長が見られるようになるまでには、何度も同じことを注意しなければならない場合もあります。子ども一人一人の性格や発達段階を的確に把握しながら、時間をかけて見守る忍耐強さが求められます。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

幼稚園教諭は、子ども相手の仕事であるとともに保護者を相手にする仕事でもあり、幼稚園教諭同士での連携が必要な仕事でもあります。子どもは言いたいことを言葉にできるとは限りませんので、相手の意図をくみ取る力が必要です。保護者とは信頼関係を築き子どもを相互に見守ることができるよう、必要に応じて園での子どもの様子を伝えたり、家庭での様子を聞くことが必要となります。子どもたちの安心安全な園生活のためには、幼稚園教諭同士で連絡を密にし、情報を共有しておくことも大切です。

『 気持ちの切り替えが得意 』

そこそこ兼ね備えている

幼稚園教諭は子どもや保護者、同僚など人を相手にする仕事ですから、ときにはこちらの意図が伝わらなかったり、意見が食い違ったりしてストレスを感じることもあるでしょう。ストレスを感じたまま子どもたちと接すると注意が散漫になってしまい、子どもたちを見守る意識がおろそかになってしまう恐れがあります。ストレスを感じた自分を責めることはありませんので、まずはストレスを感じていることを受け止め、その上で「深呼吸をする」などの気持ちを切り替える方法を持つようにするとよいでしょう。

『 初めてのことに挑戦できる 』

そこそこ兼ね備えている

幼稚園教諭の仕事では、歌の伴奏などのためにピアノを弾く技術が必要になります。また、イベントごとに園内の飾りつけを行ったり、イベントに使う小物を手作りしたりすることもあり、工作や絵を描くことが必要な場面も出てきます。いずれも普段の生活で必要とは限らず、あまり親しみのない人もいるかもしれません。歌や工作は子どもたちの好きなことの一つです。子どもたちと楽しく過ごせるよう、普段行わないことにも積極的に挑戦する姿勢が求められます。

『 子どもの目線に立てる 』

あまり兼ね備えていない

子どもは大人とは違った視点から物事を見ていることがあります。大人にとって当たり前のことでも、子どもにとっては大発見であることもあります。そのようなときに「見て見て」「聞いて聞いて」と話すのを大人から真剣に聞いてもらう経験は、子どもにとって喜びであり自信にもつながっていきます。ときにはしゃがんで文字通り子どもと目線を合わせて、子どもと同じ世界を共有しましょう。

『 自己分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

幼稚園教諭の職場となる幼稚園は、各園によって特色があります。子どもの主体性を大切にする園もあれば、英語や音楽などの教育に力を入れている園もあります。同じ幼稚園であっても、14時までの保育を基本としている園もあれば、預かり保育が充実しており夕方まで子どもが在園している園もあります。またベビーシッターなどのように、一対一で世話をするような仕事もあります。幼稚園教諭としてどのように子どもと関わりたいのかを明確にし、自身の適性についても明らかにしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの幼稚園教諭適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
幼稚園教諭適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 幼稚園教諭に向いているか向いていないか
  • 幼稚園教諭の職業適性度
  • 幼稚園教諭に必要な10の資質
  • 解説で幼稚園教諭に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

幼稚園教諭とは?

幼稚園教諭とは幼稚園で園児に生活の指導などの保育を担当している職種です。

幼稚園教諭はカリキュラムに沿って一日のスケジュールを立てて幼稚園児がすくすくと育つように育てる役割を果たしています。

担当のクラスを持つのが一般的で、担当している子どもたちの健康の確認をしたり、遊具や玩具を使って遊ばせたり、文字の書き方や英語などを勉強させたりします。

また、食事や掃除などの生活にかかわるさまざまな指導をして基本ルールを覚えさせるのも仕事です。

幼稚園児をバスで送迎したり、保護者に様子を報告したりするのも幼稚園教諭の役割です。

幼稚園教諭になるには?

幼稚園教諭になるには幼稚園教諭の免許状が必要です。

専門学校、大学、短大、大学院の中で幼稚園教諭養成課程が設けられている学校に通い、必要な単位を取得すれば免許状を取得できます。

その後、教育職員採用試験を受験して合格すれば幼稚園教諭になることができます。

大学や短大では保育学科や教育学科を卒業して幼稚園教諭になっている人がほとんどです。

専門学校では幼稚園教諭コースなどの特化したコースに申し込んで、卒業後にすぐに就職するという流れが一般的になっています。

幼稚園教諭は保育の専門なので、保育士の資格も取得している人もいます。

幼稚園教諭の給料・年収

幼稚園教諭の平均年収は厚生労働省による賃金構造基本統計調査や、求人サイトによる統計資料を参考にすると、およそ300万円~450万円になっています。

全国的には350万円くらいが平均年収のボリュームゾーンです。

幼稚園教諭には国立、公立、私立の3種類があります。

国立や公立は公務員として給料を受け取る仕組みです。

私立ではそれぞれが給与規程を設けているため年収は勤め先によって異なります。

基本的には年次昇給があるので幼稚園教諭として長く働いていれば年収が上がっていきます。

また、園長先生になると年収が大きく上がるので、キャリアアップを考えるのも良いでしょう。

幼稚園教諭の就職・転職先(求人)

幼稚園教諭の就職先・転職先は幼稚園が主です。

ただ、幼稚園教諭の免許状を持っているとさまざまな種類の保育サービスで活躍できます。

保育園や認定こども園、ベビーシッターなどとして活躍している幼稚園教諭の資格保有者もいます。

また、幼稚園で働く場合にも転職しているケースも多く、働きやすい環境を探して仕事を続けていくことが可能です。

子供を幼稚園や保育園に預ける家庭が増えているため、幼稚園教諭のニーズは今後も高いでしょう。

全体的に見ると人材が不足している状況が続いているため、幼稚園教諭は就職・転職をしやすい職種です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0